音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
入浴は、なぜ「疲労回復」するの? 最適な温度と時間は?

入浴は、なぜ「疲労回復」するの? 最適な温度と時間は?

日々の疲れをとるためには、湯船につかることが大切だ。いったいなぜ入浴で疲労がとれるのか。疲労回復のためには「何度で何分」つかればいいのか? 『ハーバード×MBA×医師 働く人のための 最強の休息法』などの著書をもつ、順天堂大学医学部眼科学教室助教の猪俣武範が解説した。

【8月26日(月)『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)の「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190902063038


■入浴が疲労回復につながる3つの理由

入浴が疲労回復にいい理由は3つある。

1.温熱作用
暖かいお湯で温められ、血管が拡張することで疲労が回復する。

2.浮力作用
浮力で筋肉が弛緩し、体の負担が減る。また筋肉に圧迫されていた血管や臓器への圧力が減り、疲れが取れやすくなる。

3.静水圧作用
溜まっていた下半身の血液が、水圧によって押されて循環する。同時に体内の不純物が流れて濾過され、疲労回復に繋がる。


■疲れをとるには、「何度で何分」お風呂に入ればいい?

猪俣によると、疲労回復が期待できる正しいお風呂の入り方は、「38度から39度のお湯で15分程度」。

猪俣:額に汗が出てくるのは体が体温を下げようとしている反応なので、それ以上は入らないほうがいいです。朝、仕事前に入る場合は少し熱めの42度がおすすめ。熱めのお湯は交換神経を刺激し、血圧、脈拍をあげるのでスッキリ目がさめます。

お風呂は全身浴でも半身浴でもOK。ぜひ今日から試してみては。

「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」のコーナーでは、日々の生活をポジティブにする「健康」と「美」のトピックスを様々な視点で紹介。放送は6時30分頃から。お楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン