音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ソニン&吉岡里帆が語る! 20代後半は悩む時期だけど「そこを抜けられるときが絶対に来る」

ソニン&吉岡里帆が語る! 20代後半は悩む時期だけど「そこを抜けられるときが絶対に来る」

J-WAVEで放送中の番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(ナビゲーター:吉岡里帆)8月18日(日)のオンエアでは、女優・ソニンが登場。現在の活動について話を訊いた。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年8月25日28時59分まで)


■ストイックな「喉の管理」

歌手として人気を博したのち、現在は舞台やミュージカルのフィールドで活躍するソニン。2012年にはNYでの演劇留学も経験。第41回 菊田一夫演劇賞演劇賞(2015年度)や、第26回読売演劇大賞(2018年度)優秀女優賞を受賞。ミュージカル界を支える女優のひとりだ。

多い年は年間5本の舞台をこなしたという。しかし、本番期間と別舞台の稽古期間が重なり大変だったため、「そこまで詰め込むのはやめた」のだそう。2018年の出演本数2本ではあったものの、ひとつの作品が半年ほどのロングランだった。

そんなソニンに、吉岡は体調管理について訊ねた。ミュージカルは体の管理に加え、高い声や美しい声をキープしなければならないため、喉のケアが重要になる。

ソニン:喉って消耗品なんですよ。野球選手が肩を壊したりするのも投げ方が悪いのではないように、(喉を痛めるのも)歌い方が悪いんじゃなくて、オーバーワークで疲れるんです。声帯はタコができたり炎症ができたり、ブヨブヨになるわけですよ。休まないと復活しないんです。でも毎日本番だから、うがいしたりスプレーしたり、飴を舐めたり保湿したり、いろいろあります。徹底してるのは、ハードな役のときは本番以外しゃべらない。

筆談ボードやスマホなどを使い、できるだけ話さないようにしているというソニンの努力を聞き、吉岡は「ストイックだなあ」「説得力がすごい」と感心した。


■オーディションで城田 優といきなりデュエット!

ミュージカルの世界に入るきっかけとなったのは舞台『スウィーニー・トッド』のオーディションで役を勝ち取ったことだ。「大竹しのぶさんと共演したい」という思いで挑んだという、そのオーディションに吉岡は興味津々だ。

オーディションは、演出・宮本亜門らの前で課題曲を歌ったのち、長机をスタンバイされ、「これがバルコニーだと思って自由に動いて歌ってみて」と、その場で注文されるという内容だったとソニンは振り返る。後日、改めて呼ばれたときには相手役の城田 優とともに「そこでデュエットを歌ってみて」といきなり言われたと明かした。

そして、ソニンが「ミュージカルを続けていきたい」と感じた作品は『ミス・サイゴン』。舞台が楽しくなったタイミングで出演したということや、ヒロイン役を演じたソニンを中心にストーリーが展開することなど、舞台上で「私がいるべき場所はここだ!」と感じたことが、きっかけだったそう。

さまざまなフィールドで活躍するソニンに、吉岡は「新しい世界でどういうふうに順応していくんですか?」と質問を投げかけた。

ソニン:"実力のなさ"みたいなものを、目の当たりにしました。とにかく「この人たちに恥じないような芝居と歌をやろう」って思って必死で、そればっかりいつも考えていました。「とにかくできるのは努力だけ」って思いながら、最初の頃はずっとそんな感じでしたね。


■悩む時期を経て「抜けられるときが絶対来る」

ソニンの努力家ぶりに心を打たれた吉岡。ふたりは、"30歳を控えた年齢特有の悩み"について熱く語った。

吉岡:ぜんぜん違う場所で強く行きていくのって、本当に大変なんだろうなと思うんですが、インタビューを拝見していると、NYで修行をしていろんなことを経て演劇賞を受賞されて、「道がしっかり開けたと感じた」とおっしゃっていましたよね。そう感じることが、すごく羨ましいですし、いいなあと思いました。
ソニン:その人によって、段階があると思うんです。(成長の)スピードも違う。NYに行って思ったのは、人と比べたらおしまいだということ。私たちは人と比べられる世界ですけど......それでも自分を信じて、自分のベストな道を行く。その思いをブレさせると、この世界で負けちゃう。今は気にしないというか、自分なりの個性があると信じています。吉岡さんは、まだお若いですよね?
吉岡:27歳になる年です。「強い思い」「強い意思」とかを考えている時期です。
ソニン:私もいちばん悩んだ時期でした。悩みますよね、解決法もぜんぜんみつからなくて。当時、ガラケーの時代でしたけど、バキ!って折ってしまったことがあります(笑)。それまで、そんなこと一度もしたことがなかったのに。
吉岡:感情が高ぶりすぎたんですね。
ソニン:その時期って、すごい熱がこもるというか......わかります?
吉岡:わかります! なんだか毎日、熱っぽいというか。 ソニン:それ、若さゆえですよ(笑)! エネルギーもあるし、やりたいこととか、自分のことについて考えはじめて、ぐるぐる体をめぐってくるんですよ。
吉岡:妙な知識もついてきちゃったり、いらない情報も入ってきたり......。
ソニン:大丈夫。そこを抜けられるときが絶対来るし、無駄じゃないです。

ソニンの力強いエールに、吉岡は励まされた様子だった。

オンエアでは、ソニンが思い出に残っている街の話も聞いた。学生時代に暮らしていたという神戸だ。詳しくはradikoで聞いてみてほしい。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年8月25日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『UR LIFESTYLE COLLEGE』
放送日時:毎週日曜18時-18時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン