音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
藤井フミヤが興奮した出来事は?「パワースポット以外のなにものでもありません」

藤井フミヤが興奮した出来事は?「パワースポット以外のなにものでもありません」

J-WAVEで放送中の番組『SEIKO SOUND STORAGE』。この番組は、ミュージシャンやスポーツ選手など、各界で活躍するゲストがマンスリーで自らの音楽遍歴を語ります。7月はミュージシャンの藤井フミヤさんが登場。藤井さんは、7月10日(水)にニューアルバム『フジイロック』をリリースしました。

19日(金)のオンエアでは、最近ワクワクしたことやアート活動について話しました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】 (2019年7月26日28時59分まで)


■「十音楽団」とのツアー

藤井さんは現在、全国ツアー「35周年記念公演 藤井フミヤ "十音楽団"」を開催中です。「十音楽団」は、その名のとおり10人のバンドメンバーで、10人で奏でる音の演劇という演出のコンサートです。

藤井:ツアーでコンサートが終わると、必ずバンド全員でご飯を食べます。「今日のあそこヤバかったね」「もっとここをこうしよう」とミーティングも兼ねて話します。最近は地方に行っても、インターネットでおいしいレストランが探せるので便利になりましたけど、18時にライブがスタートするとご飯は21時~22時くらいになるので、レストランは限られてしまいます。野菜も魚も肉も食べたいとなると居酒屋さんが多いです。地方の味が食べられるし、いろいろなものを堪能できるので、居酒屋さんが最高にいいです。

「最近は行かなくなりましたが」と前置きしつつ、藤井さんが地方に行くとすることについて明かしました。

藤井:ちょっと空いた時間があるとトレッキングに行ってました。1日空くと「山に行こう」って。日本列島は横に細長いので、真ん中には全部山があって、日本は林業が盛んだったからか、山道がほとんどの山にある。だからトレッキングがいろんなところでできる。日本はトレッキングに向いています。1000メートル級の山が多いので、ちょうど日帰りで登れます。登山は心が浄化されて、ひとつも悪いことがないです。

さらに、最近登ってワクワクしたものを紹介しました。

藤井:最近登ったのは、山ではないですが、前方後円墳に登りました。京都府京丹後市網野町にある網野銚子山古墳。長さが200メートルくらいあるんです。古墳に登るのは、パワースポット以外のなにものでもありませんね。非常に興奮しました。


■アートの原点は子ども時代

藤井さんは、音楽以外にもアート活動を行っています。最初の個展ではCGに挑戦したと藤井さん。最近は筆やペンなど、アナログ化していると言います。藤井さんがアートを始めた原点とは?

藤井:小学校、中学校、高校と、図工・美術の点数だけがずば抜けてよく、子どもの頃にいただいた賞状は、ほとんどが絵でもらいました。そのようなことで将来は生計を立てて、ちゃんと美大を目指すくらい勉強してりゃよかったのでしょうけど、途中でロックンロールに心を奪われてバンドをやりまして、はしょりますが、現在がある感じです。

子どもの頃から興味があったアートに再び目覚め、表現方法として手にしたのは、世に出たての頃のコンピューターでした。

藤井:まだインターネットやパーソナルコンピュータが普及していない時代でした。持ってるヤツがまわりに2人くらいしかいない時代に、「家にあったらカッコいいから」と言われて買いました。当時はハードディスク、モニター、スキャナー含め、車1台分くらいの値段でした。それで、CGでやったアート展が3回くらい続きましたかね。ずいぶんやってなかったんですけど、十数年ぶりに個展をやります。

「藤井フミヤがデジタルとアナログで創造する『THE DIVERSITY・多様な想像新世界』」と題され、8月21日(水)~9月1日(日)まで、代官山ヒルサイドフォーラムにて開催されます。

藤井:昔の作品もあるんですけど、どちらかというと半分以上がアナログで、水彩画、油彩、アクリル画、ボールペンで描いた絵もあります。美大で専攻したことがないので、いろいろな画材を使っているので楽しめる個展だと思います。シールで描いた絵もあります。ぜひチェックしてみてください。

後半では、ニューアルバム『フジイロック』のジャケットに登場するキャラクター「ロック」(手塚治虫作品登場キャラ)について話しました。ほかにも、青山の骨董通りで車に乗った手塚さんを見かけた話や、アニメ『ASTROBOY鉄腕アトム』のエンディングテーマを担当したときの話など、"手塚愛"を熱く語りました。

次回、7月26日(金)の『SEIKO SOUND STORAGE』では、藤井さんが「思い出のライブ」をテーマに語ります。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年7月26日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SEIKO SOUND STORAGE』
放送日時:毎週金曜 24時-24時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/soundstorage/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン