音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
MAROON 5、バンドらしさを追求するために…4thアルバム制作で挑んだスタイルとは

MAROON 5、バンドらしさを追求するために…4thアルバム制作で挑んだスタイルとは

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:藤田琢己)。2月27日(水)のオンエアでは、Licaxxxとのコンビでお届けしました。

注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、週替わりで1組のアーティストを4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。この週は、2月25日に一夜限りの東京ドーム公演を行ったばかりのMAROON 5を特集しています。

1回目:MAROON 5、若くして挫折を経験…起死回生のヒットを生み出した軌跡を振り返る【特集】
2回目:MAROON 5「謙虚な気持ちになれた」世界的ヒットを飛ばしていたグループにかけた大御所の言葉とは?【特集】

MAROON 5は、アメリカ・ロサンゼルス出身のバンド。現在のメンバーは、アダム・レヴィーン(Vo/Gt)、ジェシー・カーマイケル(Key/Gt)、ジェームス・ヴァレンタイン(Gt)、ミッキー・マデン(Ba)、マット・フリン(Dr)、PJ・モートン(Key)、サム・ファーラー(Key/Gt)の7人です。

特集2日目は、初期メンバーであるライアンの脱退、2nd、3rdアルバムのリリースまでを紹介しました。3日目はその続きから、アルバム『V』リリースまでを振り返ります。


■4thアルバム、ポップバンドとしての音楽

3rdアルバム『Hands All Over』をリリース後、2011年には、ボーカルのアダムが審査員をつとめていたオーディション番組で、クリスティーナ・アギレラと共演。そこで実現した『Moves Like Jagger ft. Christina Aguilera』が、全米チャートで『Makes Me Wonder』以来のナンバー1を獲得しました。

しかし翌年の2012年に、バンドはまたひとつの転機を迎えます。これまでアダムと共に曲作りを担ってきたジェシー・カーマイケルが、音楽的な探求と休養を取るためにバンドを離れることになります。残されたメンバーは、サポートにPJ・モートンを迎え、すでにスタートしていた4thアルバムの制作を続けます。

そしてこれを機に「自分たちだけで曲を書く」という、これまで誇りにもなっていたスタイルを変え、外部のソングライターを多数迎えました。バックストリート・ボーイズをはじめ、多くの大物アーティストをプロデュースしているマックス・マーティン、ワンリパブリックのライアン・テダー、そして後にMAROON 5のメンバーにもなるサム・ファーラー。さらに『Moves Like Jagger ft. Christina Aguilera』でプロデューサーをつとめたベニー・ブランコ。特に、ベニーと共作したアルバムからの1stシングル『Payphone ft. Wiz Khalifa』では、ラッパーのWiz Khalifaを迎え、バンドはさらに音楽性を広げていくことになりました。

そうして完成した4thアルバム『Overexposed』は、ポップという面に大きく舵を取った作品になりました。これまでのサウンドはロックやソウル、ファンクなど多彩なジャンルをルーツとしていてましたが、今回はポップバンドとしてポップミュージックを作るということに恐れを抱かないと決めたそうです。

藤田:サウンド的なジャンルの背骨にあまりしがみつかない。むしろ、そうやっていくのが自分たちっぽいんだ、と。
Licaxxx:自由を選択しているけど縛られてる、みたいな感じですね。
藤田:より「らしさ」を目指した結果がポップミュージックに振り切ることだったと、僕は解釈しています。

続く5thアルバム『V』の制作では、これまでバンドを離れていたジェシーが復帰。サポートだったPJ・モートンも正式にメンバーに迎え入れ、6人体制で行われました。前作に引き続き、外部からマックス・マーティン、ベニー・ブランコ、ライアン・テダーを起用。そして新たにSiaやThe Monsters and the Strangerzが一緒に曲作りをする仲間になりました。

アルバム『V』は、全米チャート1位を獲得。2ndアルバム以来のナンバー1ヒット作となりました。常に変化を恐れず、自分たちのやりたいことを素直に表現し続けてきたMAROON 5。この先もさらに変化していくのですが、この続きは4日目の28日(木)のオンエアをお楽しみに!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン