音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
継承される芸術文化…バリの無形文化遺産「グンデル・ワヤン」とは?

継承される芸術文化…バリの無形文化遺産「グンデル・ワヤン」とは?

J-WAVEで11月23日(金・祝)にオンエアされた『J-WAVE 30th ANNIVERSARY SPECIAL RINREI NATIVE MUSIC JOURNEY』(ナビゲーター:クリス智子)。この番組は、大地や自然と共存してきた歴史や「NATIVEな音楽」と出会い、生活に息づく音楽の存在やチカラを再確認し感性を深めていく、旅する音楽ドキュメンタリープログラムです。

ここでは、女優・金沢雅美さんが、日本との国交樹立60周年を迎えたインドネシアのバリ島を訪れた旅の記録をお届けしました。

インドネシアには1万3000あまりの島があり、250種類もの異なる言語が存在しています。バリ島は、首都・ジャカルタから飛行機で2時間ほど離れたところにある、人口400万人の島です。今回の旅では、日本からデンパサール空港(ングラ・ライ国際空港)に向かい、そこから車で移動。「ガムラン」やバリ舞踊など、芸術文化が集中している街・ウブドを訪れ、「芸術の継承」を取材しました。


■インドネシアの伝統音楽「ガムラン」

金沢さんがウブドに到着してまず向かったのは、ブラバトゥー村にあるガムラン工房です。

クリス:バリの音楽といえば「ガムラン」。バリに行ったことがなくても馴染みがある音色ではないかなと思うんです。
金沢:「ガムラン」という言葉の語源は諸説あります。古代ジャワ語の「ガムル」という言葉が、「たたく」「つかむ」「手で操る」という意味を持っています。青銅でできたものをはじめ、たたく楽器の総称を「ガムラン」っていうんですね。青銅製の鍵盤打楽器、銅鑼、太鼓などからなるインドネシアのオーケストラのことも「ガムラン」と言ったりします。
クリス:ひとつの楽器の形態を言うんじゃないんですね。作る職人さんも多いんでしょうか?
金沢:昔から「ガムラン」を作る職人集団がいます。貴族階級からも大事にされていたそうです。

金沢さんが訪れたガムラン工房では、さまざまな種類の「ガムラン」が作られていました。ガムランを作る職人集団をまとめる若きリーダーは「バリ島の文化に関わることができて誇りに思っています」と話してくれました。

ガムラン

ガムラン


■バリ舞踊を体験するも…

その後、シンガパドゥ村に行き、自宅の教室でバリ舞踊を教えている先生を訪ねた金沢さん。

5歳から中学生くらいの子どもたちが自由に出入りできます。実際にバリ舞踊を体験した金沢さんは、「低い重心を作るだけで本当に大変だったので、そこで挫折してしまいました(笑)」と振り返ります。

現在は250人ほどの生徒を抱えており、「昔より今のほうが生徒の数は多いけれど、すぐに辞めてしまう子も多い。遊ぶものが多いから踊りに夢中になるのが難しい」と先生は話します。

そんな先生の夢を訊くと、このように話してくれました。

先生:踊りの教室だけでなく、「ガムラン」の教室もここで開けたらと思っています。それから、世界にはたくさんの踊りがあると思いますが、そういうことも知ってもらいたいので、図書館を作りたい。そこが子どもたちにとって、いろいろな文化を体験できる場所になってほしいなと思っています。

バリ舞踊

バリ舞踊


■最も難しいガムラン「グンデル・ワヤン」

バリの総合芸術であり、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている「ワヤン・クリ」の継承現場にも向かった金沢さん。

「ワヤン・クリ」とは、影絵芝居です。ダランと呼ばれる影絵使いが物語を語ると同時に、牛の皮でできた人形を両手で操ります。そのうしろには、「ガムラン」が4台あり、それを演奏する4名が、ときには優しく、ときには激しく、物語を盛り上げていきます。

ワヤン・クリ

ワヤン・クリ

「ワヤン・クリ」が盛んなスカワティ村には、ダランを務める兄・ジュアンダさんと、ガムラン演奏を務める弟・ブダさんの兄弟がいます。バリでは有名な、ダランとガムランの演奏家で、ふたりのレッスンを受けに、遠方からも人がやってきます。

「ワヤン・クリ」のガムランは「グンデル・ワヤン」という特別な名前がついています。通常は、片手のバチで演奏し、もう片方の手で音を止めるのですが、「グンデル・ワヤン」は両手にバチを持って演奏し、音も止めます。さらに左手と右手で違うメロディを奏でるので、最も難しいガムランと言われています。

番組では、ブダさん率いる「グンデル・ワヤン」チームの演奏音源をお届け。クリスは「素晴らしい! 来週から番組で使いたい!」と大絶賛しました。

番組オフィシャルサイトでは、今回の旅の写真や「ワヤン・クリ」の動画などを掲載しています。そちらもぜひご覧ください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE 30th ANNIVERSARY SPECIAL RINREI NATIVE MUSIC JOURNEY』
放送日時:11月23日(金・祝) 18時-20時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/holiday/nativemusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン