音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
本場の讃岐うどんを東京で!ダシの“いりこ”がおいしい、大評判うどん

本場の讃岐うどんを東京で!ダシの“いりこ”がおいしい、大評判うどん

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。この週は4回にわたり「ひんやりのどごし!都内の冷やしうどん特集」と題してお届け。8月21日(火)のオンエアでは、四谷三丁目にある「松井製麺所」を紹介しました。


■香川からやってきた絶品うどん!

食欲がなくてもしっかり食べたい時にぴったりな冷やしうどん。紹介してくれたのは、9000軒以上の店を食べ歩くフードジャーナリスト、はんつ遠藤さんです。

はんつ:このお店は王道の讃岐うどんです。本場香川から満を持して東京に進出してきました。うどん好きには大評判です。いろんな讃岐うどんがありますが、ここは本場の味を追求しています。

四谷三丁目駅から新宿通りを新宿方面へ歩いて3分ほど。通りに面した建物で、地下1階にあります。実はこのお店、映画『UDON』の監督・本広克行さんの弟さんが経営しています。東京に進出したきっかけについて、店主・本広さんの奥さんに聞きました。

奥さん:こちらに来るまで13年、来て1年なので、14年(お店を)やっています。東京に来たのは、お話をいただいたのもありますが、オリンピックを見たいなと(笑)。おいしさだけでなく雰囲気も楽しんでいただけたらと思います。雰囲気、味は香川と変わらないつもりでいます。


■ダシと麺のこだわりポイント

pc_b1ab8e21fa9cea44f5b49e012e22d05d.jpg

冷やしうどんはもちろん讃岐流で、麺も出汁も冷たいうどんです。

奥さん:こだわりは、うどんの原料に国産小麦を使うこと、出汁に“いりこ”をきかせること。いりこは、もちろん香川産です。関東だと出汁はかつお節だと思うので、食べていただくと違いがわかると思います。讃岐うどんはとても奥深くて、出汁と麺があいまって初めて完成するんですよ。

いりことは、関東でいうと煮干。これが讃岐流の秘密のようです。麺もかなり太めですが、これはお店で作られています。しっかりとコシのあるうどんです。

冷やしかけうどんは小で400円、大で500円。他にも黒カレー、肉うどん、きつねうどんなどいろんなうどんがあるので、気になった方はぜひ試してみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時?13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン