音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
BE:FIRSTのシュントとリュウヘイが“最初に憧れたアーティスト”は?

BE:FIRSTのシュントとリュウヘイが“最初に憧れたアーティスト”は?

ボーイズグループ・BE:FIRSTのシュントとリュウヘイが、「THE FIRST」に応募したきっかけや最初に憧れを持ったアーティストを語った。

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。10月10日(日)のオンエアでは、BE:FIRSTがゲストに登場した。

BE:FIRSTは、同日六本木ヒルズと配信のハイブリッドで開催された「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2021 supported by CHINTAI」(通称:イノフェス)に出演した。 イノフェスはアーカイブ配信でも楽しめる。視聴券は1980円(税込み)、視聴期間は10月17日(日)23:59まで。チケットは以下のページから。

・イノフェスチケット販売ページ
https://eplus.jp/sf/detail/1811010003?P6=001&P1=0402&P59=1&jw_ref=iwf21_jnw

【イノフェス写真レポ】BE:FIRST、デビュー前とは思えない堂々としたステージ

オーディション前から交流のある2人がゲストに登場

BE:FIRSTはSKY-HIが1億円以上を投じたボーイズグループ発掘オーディション「THE FIRST」を勝ち抜いたメンバー7人組の男性ユニット。ゲストに登場したリュウヘイとシュントは、オーディション前から親交があるという。

クリス:BE:FIRSTは14歳から23歳のメンバーで構成されているグループです。シュント君が18歳、リュウヘイ君はメンバー最年少の14歳ということで。お二人は愛知県出身で、実はグループ結成前から顔馴染みだそうですね。
シュント:そうなんですよ。僕たちは同じスクールに通っていまして。結成前から同じステージに立ったり、歌やダンスを一緒にしたりしていました。
クリス:何年前ぐらいから知り合いなの?
シュント:リュウヘイが小学生ぐらいのときから知ってて。当時は本当に小さかったんですけど、今は180センチあります。
クリス:身長、抜かれちゃったわけだね。
シュント:抜かれちゃいました(笑)。
クリス:全国オーディションでたくさんの人が応募したなか2人が選ばれるなんて。すごい縁だよね。

リュウヘイはシュントがオーディションに応募していることを知らなかったという。

リュウヘイ:控室に行ったら、「いるなあ」って感じでした(笑)。
クリス:見つけたとき、嬉しかった?
リュウヘイ:びっくりして、その場で唖然としちゃいました。久々の再会でもありましたし。
クリス:倍率で考えても、本当にすごいことだよね。

2人が最初に憧れたアーティストは?

最終選考で選ばれた7名は、8月16日にBE:FIRSTとしてデビューを果たした。クリスは現在の心境と、オーディションを受けたきっかけを2人に訊いた。

クリス:紆余曲折いろいろあったわけですけど、デビューした実感はありますか?
シュント:音楽関係で仕事をするのが夢だったので、今の忙しい状況はすごく嬉しいです。あと、ファンのみなさんの前でステージを披露することも何回かあったので、最近ようやく実感が湧いてきましたね。
クリス:ようやく実感が。オーディションから今日に至るまで、目まぐるしい日々が続いているもんね。そもそも、オーディションを受けようと思ったきっかけは何だったの?
リュウヘイ:元々歌とダンスはかなり小さい頃からやっていて。ダンスは今年で10年目とかになるんですね。僕は今中学3年生で高校受験を控えているんですが、自分の憧れている人がオーディションを開催されていたので、迷いに迷いました。「これで落ちたら僕はどうすればいいだろう」と、曖昧な気持ちでオーディションに受けた部分があったので、イチかバチかの賭けでしたね。
クリス:それでその賭けに勝ったわけだからね。
シュント:すごいことだよ。
クリス:小さい頃からステージに立つことを夢にしていたんだね。最初に憧れたアーティストは誰なんだろう?
シュント:僕はAAAさんです。
クリス:なるほど。SKY-HIが所属してるしね。
シュント:そうなんですよ。AAAさんを見て、「音楽でパフォーマンスをする世界を目指そう」と心のなかで決めました。
クリス:そうかあ。リュウヘイ君はどうですか?
リュウヘイ:僕が最初に好きになったアーティストは三浦大知さんです。理由は肺活量ですね。一人であんなに全力で踊っているのに、歌っているとき声がブレないことに大きな衝撃を受けました。初めて三浦大知さんを見てから、「ソロでやってみたい」と思っていた時期がしばらくありましたね。
クリス:小さい頃からかなり志が高かったんだね。

BE:FIRSTはプレデビュー曲である『Shining One』を8月16日に配信リリースした。シュントは楽曲に込めた思いを語る。

シュント:『Shining One』はm-floの☆Taku Takahashiさんが手掛けています。プレデビュー曲ということもあって、とても大切な楽曲です。メンバーたちの個性が凝縮されているので、それを心から感じ取ってもらえたらなと思います。
クリス:ワングループだけど、7人の個性がちゃんと表現されているということですね。

2人のプライベートに迫る

番組では一問一答のコーナーを実施。2人がプライベートにまつわる質問に答えた。

「どんなときに癒されますか?」

シュント:僕は休みの日に温泉で一日中過ごすと癒されますね。
クリス:温泉は誰と一緒に行くんですか?
シュント:学校の友だちとかと行くんですけど、朝から夜までずっと温泉にこもっていますね。
クリス:しわしわになっちゃうよ。
リュウヘイ:(笑)。

「子どもの頃に好きだった駄菓子は?」

リュウヘイ:じゃんけんグミです。レストランに行くと、お子様ランチとかのおまけで付いてくるんですよ。それを謎に好んで食べていた気がします。
クリス:それってグミがじゃんけんの手の形をしているの?
リュウヘイ:そうです。僕には兄弟がいるので、同時に開けてじゃんけんしていました(笑)。
クリス:おいしいんですか?
リュウヘイ:おいしいと思いますよ。最近は食べていないですけど(笑)。

2人は今後の目標を語った。

シュント:夢は大きく、僕たちの音楽で世界に進出していきたいです。
リュウヘイ:最近は「毎日が第一歩でありたい」と思っていて。デビューが第一歩でもあるし、世界進出も第一歩なんですよね。常に一歩を踏み続けて、それを積み重ねて走っていくのを意識していきたいです。
クリス:なるほど。恐るべし14歳だね。非常に将来が有望だと思います。

BE:FIRSTは11月3日(水)にデビューシングル『Gifted.』をリリースする。収録曲である『Kick Start』は先行配信されている。

BE:FIRSTの最新情報は、公式サイトまたは、Twitterまで。

『SAISON CARD TOKIO HOT 100では、J-WAVE全番組のオンエアチャート、インターネット投票、東京都内主要のCDショップのセールスチャート、ストリーミングを集計。J-WAVEのオフィシャルチャートとして、毎週100曲のオリジナルランキングをオンエアする。放送は毎週日曜日の13時から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年10月17日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
SAISON CARD TOKIO HOT 100
毎週日曜
13:00-16:54
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。