音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
「イノフェス」最終日レポ! 小室哲哉、けいちゃん、SKY-HI、BE:FIRST、Novel Coreら出演

写真は「BMSG Showcase 2021 in INNOFES」より

「イノフェス」最終日レポ! 小室哲哉、けいちゃん、SKY-HI、BE:FIRST、Novel Coreら出演

ラジオ局J-WAVE(81.3FM)では、日本最大級のデジタル・クリエイティブフェス「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2021 supported by CHINTAI」(以下、イノフェス)を、2021年10月9日(土)、10日(日)に六本木ヒルズで2日間、新型コロナウイルス感染症対策を行った上で、有観客とオンライン配信のハイブリッドで開催しました。10月10日(日)の開催レポートをお届けします。

今年で6回目の開催となるイノフェスは、テクノロジー、音楽、エンターテインメント、サイエンス、アートがクロスオーバーするデジタル・クリエイティブフェスティバルです。今年は六本木ヒルズを会場に、この日限りのARステージが登場。三面大型LEDと複数のARカメラおよびステージ上に搭載されたセンサーを駆使して、現実をARで拡張したスペシャルステージをトークセッションとライブパフォーマンスの2軸でお届けしました。

「イノフェス」は、オンラインでアーカイブ配信いたします。アーカイブ配信期間は10月11日(月)18:00~10月17日(日)23:59まで。

配信チケット販売サイト:https://eplus.jp/sf/detail/1811010003?P6=001&P1=0402&P59=1&jw_ref=iwf21_jnw

【初日のレポート】
音楽×テクノロジーの祭典「イノフェス」初日レポ! アジカン、のん、ジャルジャルら出演
https://news.j-wave.co.jp/2021/10/post-8575.html

【10月10日(日)開催レポート】

<ライブ>

■オープニングアクト: 新しい学校のリーダーズ feat. Nu ink.
2日目は新しい学校のリーダーズと、筑波大学生チームNu ink.によるコラボステージからスタート。学校のチャイム音で登場し、パワフルなパフォーマンスで独特な世界観へと引き込んでいった。「Pineapple Kryptonite」では、パイナップルモチーフのアートが飛び出したり、歌詞が浮き出たりするAR演出の中、DJプレイと全身を使ったダンスで魅了。観る人の熱量をぐっと上げるステージだった。

【新しい学校のリーダーズのライブ写真をもっと見る】

inofes-day22110109.jpg

■けいちゃん SPECIAL PIANO LIVE
フリースタイルピアニスト・けいちゃんは、自身の楽曲「From Impulse」やドビュッシーの名曲「月の光」、TM NETWORK「Get Wild」など全5曲を披露。超絶技巧のピアノをAR演出が盛り上げる、圧倒のパフォーマンスだった。今回は世界に2台しかないRoland社のデジタル・コンサート・グランドピアノ「GPX-F1 Facet」を使用。「中が空洞になっているスタイリッシュな見た目に、うっとりしてしまいました」と話していた。

【けいちゃんのライブ写真をもっと見る】

inofes-day22110105.jpg

■小室哲哉 NFT TALK & MUSIC ART PERFORMANCE
(小室哲哉、山口哲一、ふくりゅう)
音楽プロデューサーの小室哲哉が登場。デジタルデータに固有の価値を生み出すNFTについて山口哲一と、ふくりゅうとともにトークをした後、配信予定のNFTアートを即興で創作した。ステージ上のスクリーンに曲のイメージ映像を映し出しながら、キーボードを奏でる小室。複数のサウンドを重ねたり、いくつかのパターンを制作する姿を目の当たりにした音楽ファンは息を潜め、その時を噛み締めていた。

【小室哲哉のパフォーマンス写真をもっと見る】

inofes-day22110108.jpg

■BMSG Showcase 2021 in INNOFES
(SKY-HI、Novel Core、BE:FIRST)
BMSGのスペシャルステージでは、冒頭SKY-HI自らが「Dive To World」を披露。続けてNovel CoreがMVを連想させる檻のAR演出を使用した「DOG」や、SKY-HIとコラボした「SOBER ROCK」などをパフォーマンス。BE:FIRSTはプレデビュー曲「Shining One」を含む3曲で魅了。堂々としたパフォーマンスの締めくくりとして、SKY-HIと「To The First」を共演。会場は熱気に包まれ、配信のコメント欄やSNSも愛のあるコメントで溢れる。彼らの今の勢いを感じる見事なパフォーマンスで、大トリを務め上げた。

【SKY-HIのライブ写真をもっと見る】
【Novel Coreのライブ写真をもっと見る】
【BE:FIRSTのライブ写真をもっと見る】


inofes-day22110103.jpg

inofes-day22110102.jpg

inofes-day221101011.jpg

<<トークセッション>>

■エイブル&パートナーズステージ Keynote Session 「何に悩めば良いのか」~自問自答からの自画自賛~
(糸井重里、川田十夢、早川聖来) 糸井重里の持つ思考のやわらかさ、本当に人に伝わる届け方、話の聞き出し方について、川田十夢と乃木坂46・早川聖来が掘り下げていく。クリエイティブな発想に役立つメモ術など具体的な話から、糸井が現代社会に感じる問題点を明かす場面もあった。

inofes-day221101010.jpg

■NFTの「今」から考える新たなクリエイションの行方
(川田十夢、せきぐちあいみ、浅田真理、面和成)
デジタルデータに固有の価値を生み出すNFT。アーティストにとってどんなメリットがあるのか? また、「手に触れられる一点物」ではなくデータというコピーできるものにお金を払う買い手は、何に価値を見出しているのか? 第一線で活躍するアーティスト、クリエイター、研究者が一堂に会し、NFTとの向き合い方を語り合った。 自身のNFTアート作品が約1,300万円で落札された経歴を持つ、せきぐちあいみは、VRアートのライブペインティングも披露した。

inofes-day22110101.jpg

■生命とテクノロジーが調和した社会へ powered by 田中貴金属グループ
(福岡伸一、吉藤オリィ、渡邉康太郎、早川聖来)
インターネットで物事が完結する時代。必要なものだけをピックアップできる便利さがある一方で、出会いや発見、そして人生を好転させる偶然の発生は減ってしまった。トークセッションでは「生命とテクノロジーが調和した社会へ」をテーマに、生物学者・福岡伸一、分身ロボットの発明などテクノロジーでバリアフリーな社会を目指す吉藤オリィ、乃木坂46で活躍する早川聖来、コンテクストデザイナー・渡邉康太郎が、人の生きがいとは何か、テクノロジーや技術は何のためにあるべきかに迫った。

inofes-day22110107.jpg

■大学発 STARTUP BATTLE powered by MEXT
(三浦瑠麗、川田十夢、早川聖来/Synflux株式会社 川崎和也、株式会社Yellston 早川尚吾、株式会社amulapo 松広航)
文部科学省とのコラボステージ。東工大、慶應大、早稲田大発のスタートアップ3社が、未来を創るユニークなビジネスをプレゼンバトル! ファッションの無駄を省いて豊かにする取り組み、声を「フォント」として使えるAI技術、VR/ARで体験できる未来の宇宙飛行士選抜試験…ワクワクを掻き立てる提案を、三浦瑠麗と川田十夢によるツッコミとともに賑やかにお届けした。

inofes-day22110106.jpg

■日本からアジア、そして世界へ〜SKY-HIが描くエンターテインメントの未来〜 (SKY-HI、サッシャ)

アーティストとして、そして起業家として、エンターテインメントシーンで今最も注目を集めるSKY-HI。彼が社長を務めるBMSGの強みや、世界へ羽ばたく展望をトーク。SKY-HIが日本の音楽業界に感じている“大企業病”や、アーティストの才能を殺さないために必要なことなど、第一線で活躍し続けてきた彼ならではの視点で、シーンの課題を浮き彫りにした。

【SKY-HIのトーク写真をもっと見る】

inofes-day22110104.jpg

(写真=アンザイミキ、ライブパート文=於ありさ)

■オンライン配信
当日の様子は、オンラインで配信いたします。アーカイブ視聴可能です。
<有料チケット>
・視聴券(2日通し) 1,980円(税込)
アーカイブ配信期間: 10月11日(月)18:00~10月17日(日)23:59まで
※アーカイブ配信は一部映像が編集でカットされる場合がございますのでご了承ください。
◎配信チケット販売サイト: https://eplus.jp/sf/detail/1811010003?P6=001&P1=0402&P59=1&jw_ref=iwf21_jnw

■J-WAVE INNOVATION WORLD FESTAとは
「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA」(以下イノフェス)は、「テクノロジーと音楽で日本をイノベーション!」をテーマとした大型フェスティバルです。日本を代表する各界のイノベーター、アーティスト、クリエイター、研究者、企業が集結し、さまざまなテーマでのトークセッションや、最新テクノロジーを駆使したライブパフォーマンス、そしてスタートアップによるテクノロジー体験エリアなど、これまでにない新しいフェスとして、多くの来場者に感動と興奮をもたらしました。その後、さまざまな国家機関にも参画いただき、産学官連携のイベントとして発展してまいりました。

2016年に筑波大学での開催にはじまり、2018年からは舞台をJ-WAVEのホームである六本木ヒルズに移して2日間での開催に発展。コロナ禍の2020年はコニカミノルタプラネタリア TOKYOをハブ会場として、無観客でオンライン開催いたしました。今年は再び六本木ヒルズを舞台に、この日限りのARステージ上で豪華イノベーター陣によるトークセッションや豪華アーティストたちによるテクノロジーを駆使したライブパフォーマンスを、有観客と配信のハイブリッド開催でお届けします。総合司会は、川田十夢(開発者・AR三兄弟)と早川聖来(乃木坂46)が務めます。

【イベント概要】
■タイトル: J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2021 supported by CHINTAI
■日時:
2021年10月9日(土)13:00~20:00/10月10日(日)13:00~20:00
※アーカイブ配信期間: 10月11日(月)18:00~10月17日(日)23:59まで
■会場: 六本木ヒルズ・ヒルズアリーナ/大屋根プラザ

■出演者
10月9日(土)LIVEパフォーマンス 出演アーティスト
ASIAN KUNG-FU GENERATION、LMYK、ジャルジャル、のん

10日9(土)トークセッション出演者 
Ado(歌い手)、落合陽一(メディアアーティスト、筑波大学准教授)、亀田誠治(音楽プロデューサー)、川田十夢(開発者・AR三兄弟)、 小橋賢児(クリエイティブディレクター)、斎藤幸平(『人新世の「資本論」』著者/経済思想家)、Jimmy Jam & Terry Lewis(音楽プロデューサー)、辻愛沙子(クリエイティブディレクター)、西野亮廣(キングコング・絵本作家)、早川聖来(乃木坂46)、深井龍之介(COTEN RADIO) 他

10月10日(日)LIVEパフォーマンス 出演アーティスト 
新しい学校のリーダーズ、けいちゃん、小室哲哉、SKY-HI、Novel Core、BE:FIRST 他

10月10日(日)トークセッション出演者 
浅田真理(ビジュアルアーティスト)、糸井重里(株式会社ほぼ日代表)、面和成(筑波大学システム情報系准教授)、川田十夢(開発者・AR三兄弟)、せきぐちあいみ(VRアーティスト)、早川聖来(乃木坂46)、ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)、三浦瑠麗(株式会社山猫総合研究所代表)、Fracton Ventures 鈴木雄大、亀井聡彦、赤澤直樹、山口哲一(音楽プロデューサー)吉藤オリィ(オリィ研究所代表)他

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。