音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
林 遣都&中川大志が感動した“犬の演技” 「覚えていて衝撃的」と語ったことは…

お礼のキスをされる林 遣都と、笑顔で見守る中川大志

林 遣都&中川大志が感動した“犬の演技” 「覚えていて衝撃的」と語ったことは…

獣医学部に実在したサークル「犬部」をモデルに描いた青春“犬ラブ”ムービー『犬部!』が7月22日に公開。同日行われた初日舞台挨拶には主演の林 遣都、共演の中川大志、大原櫻子、浅香航大、篠原哲雄監督、バンドNovelbrightの竹中雄大が参加した。

inubu2107226.jpg

2004年頃に青森県十和田市にある北里大学(十和田キャンパス)に実在した動物保護サークル“犬部”。設立した獣医学部の学生をモデルにした主人公の、仲間たちと共に動物を守ろうと奮闘した過去と、獣医師となって一人で新たな問題に立ち向かう現代という二つの時代構成で、かつての“犬部”の仲間たちを再び巻き込んで、信念を曲げずに突き進む姿を描く。



昨年夏に青森で行われた撮影を振り返り、林は「毎日が楽しかった。久々に青春を味わった。みんなのことも大好きだし、ワンちゃんたちにも囲まれて……。もう一回やりたい!」と早くも続編に期待。最後の写真撮影の時間には、林の相棒となったちえら劇中で名演技を見せた名犬たちが大集合。

inubu2107225.jpg

東京五輪が開催することにちなんで林は「表彰台です!」と用意された台にちえを乗せて「ちえちゃん、あなたは本当にこの映画の主役です! ありがとう! 金メダル!」と映画特製のオリジナル金メダルを授与。すると大喜びのちえは、林の顔面にベロベロと熱烈キスで返礼していた。

中川は倒れた際に犬たちに囲まれるシーンに触れて「真冬の設定だったので、暑い中でダウンを着て倒れました。そんな僕を犬たちが囲む。四方八方を犬に囲まれ、犬の体温を全身で感じたのは初めて。犬好きにはたまらない経験。すごく温かかった」とレア体験を報告した。

inubu2107221.jpg

大原は人が苦手な犬・ニコとのシーンを回想し「撮影前に遣都さんがニコを散歩させたり、会話していたりして、ニコは遣都さんには心を許していた。遣都さんの犬との距離の詰め方に感動」と犬に優しい林の姿に感銘。それに林は「心掛けたのは会話。人と話す感覚と同じで『あれなんだろうね?』とか『青森いいところだね?』とかコソコソと会話していました」と犬との交流法を明かした。

inubu2107224.jpg

浅香は「動物たち同様に、僕ら人間も頑張りました。撮影中はアドリブを散りばめたりして、それでサークル内の関係性を作りました。特に遣都くんがアドリブを振ってくれたりして。僕は常にいじられるポジションでしたが」と苦笑い。それに林は「航大とは昔から仲が良くて、信頼している俳優仲間。そんな彼とアドリブを通したやり取りができたことで『犬部!』全体の雰囲気も良くなった」と感謝も、車体を蹴るなどのアドリブシーンを申し訳なく思ったのか「今日カッコいいね!」と浅香に対する謎のフォローで笑わせた。

inubu2107222.jpg

また林は、犬たちの演技について「一人で階段を上り、部屋の扉を開けて柴咲(中川)と再会するシーンは現場で見ていても映像で見ても感動。ちえ、ありがとう!と感動的でした」と見どころに。中川も「ハナコが車の音に反応して吠えて、また部屋に戻ってくるシーンでは、ハナコがしっかりと芝居のルートを覚えていて衝撃的だった。僕でもできないよ!と思った」と芸達者ぶりを絶賛していた。

inubu2107223.jpg

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。