音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
「ヤバい奴が来たのかと思った」撮影見学でもビビられた鈴木亮平、攻めの芝居に手応え

「ヤバい奴が来たのかと思った」撮影見学でもビビられた鈴木亮平、攻めの芝居に手応え

俳優の松坂桃李が20日、都内で行われた映画『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日全国公開)の完成披露プレミアイベントに鈴木亮平、西野七瀬、村上虹郎、斎藤工、早乙女太一、滝藤賢一、中村獅童、吉田鋼太郎、白石和彌監督、原作者・柚月裕子と参加した。

2018年に公開されて話題を振りまいた傑作バイオレンス映画『孤狼の血』から3年。広島の裏社会を収めていた伝説の刑事・大上(役所広司)の亡き後、若き刑事・日岡秀一(松坂)はその遺志を受け継いでいた。権力を用い、暴力組織を取り仕切っていた日岡だったが、出所してきた一人の“悪魔”によって窮地に陥ることになる。



chi2107208.jpg

前作で役所広司が使用していた、いかついライターを役所から直々に受け継いだという松坂。ポケットからそのライターを取り出して「前作の時に役所広司さんからいただいて。それ以来、個人的にお守りのように持っていました」と愛着を報告。すると前作後に映画『パディントン2』の声優として松坂と共演したという斎藤は「松坂さんはそのときにもライターを片時も離さずに持っていて。松坂さんの『孤狼の血』続編にかける意気込みをヒシヒシと感じました」と目撃談を明かしていた。

chi2107207.jpg

役作りのために減量して撮影に臨んだという松坂は「演じる上で這いつくばる狂犬のような、飢えた感じが欲しかった。そこから繋がる復讐心というか、そのエネルギーも作りたかった」と理由を説明。吉田が松坂の痩せぶりに「役柄的に大丈夫なのか?と思ったけれど、スクリーンに映った姿を見たら正解だと思った」と唸ると、獅童が「僕も17キロくらい絞ったんですけど……。誰も言ってくれない」とポツリ。すかさず松坂は「(気づかれないのは)髭の分量がスゴからですかねえ?」とフォローしていた。

chi2107202.jpg

chi2107203.jpg

日岡(松坂)の前に強敵として立ちはだかるのは鈴木。「ある種、攻めの芝居で悪役としての醍醐味を感じました。攻めてばかりの役柄は今までになかった」と新境地開拓を口にすると、斎藤は劇中の鈴木の姿に「日本映画では見たことのないヴィラン感。もはやトム・ハーディ。日本映画史に残る」と太鼓判。撮影見学に来た鈴木の姿に早乙女が「ジャージにマスク姿だったので鈴木さんだとは思わず、広島のヤバイ奴が絡みに来たのかと思った」とビビった思い出を語ると、鈴木は「パトロールです。僕の登場シーンが少ない撮影時期には、俺がいるぞ!とアピールしていました」とにらみを利かせていたようだった。

chi2107206.jpg

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。