音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
広瀬すずを「涼やか」と褒めた吉永小百合、松坂桃李へのコメントは…

広瀬すずを「涼やか」と褒めた吉永小百合、松坂桃李へのコメントは…

吉永小百合主演の映画『いのちの停車場』(5月21日公開)の完成披露試写会が14日都内で行われ、主演の吉永小百合、共演の松坂桃李、広瀬すず、南野陽子、小池栄子、みなみらんぼう、泉谷しげる、中山忍、石田ゆり子、田中泯、西田敏行、成島出監督が出席した。

inochi2104141.jpg

NHKでテレビドラマ化もされた『ディア・ペイシェント』などで知られる、作家で現役医師の南杏子による同名小説を実写映画化。「在宅医療」に携わる医師、患者、その家族を通して“いのち”に正面から向き合い、生きる力を照らし出す感動のヒューマン医療ドラマだ。



初共演となる広瀬について吉永は「すずちゃんは涼やかで可愛くて」と目を細めて、同じく松坂には「桃李さんは素敵でキリンのようにすくすくと成長をされていてカッコいい」と独特な表現で賞嘆。一方、西田も「すずちゃんは伸び伸びと生き生きと、はっきりと物事を言うし、立派に仕事を続けている。松坂さんも素晴らしい仕事を続けている。出演作も話題になっており、まさに日本映画界を牽引している一人」と若き二人に太鼓判を押していた。

inochi2104145.jpg

医大卒で診療所の運転手・聖二役の松坂は、撮影を振り返り「監督からは、吉永小百合さんが月ならば、すずちゃんと君たちは太陽のような存在でいてほしいと言われました。そうなれるよう、しっかり務めようと現場に向き合っていました」と報告。広瀬も「私もそれを意識しながら。とくに私が演じた麻世には過去を話すシーンがあって、そこのシーンでは監督からご指示をいただきながらお芝居をした思い出があります」と見どころに挙げていた。

inochi2104144.jpg

また石田は「吉永さんと一緒に自撮りするシーンがあって、それが嬉しかった。若い頃から吉永さんに憧れてきて、まさかこういう日が私の人生に来るんだと……。何をしているんだ私は!?と幸せな時間でした」と喜んでいた。

inochi2104142.jpg

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン