音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
Rude-α「変わらず僕の音楽をそばに感じてもらえたら」 一発撮り「THE FIRST TAKE」の印象を語る

Rude-α「変わらず僕の音楽をそばに感じてもらえたら」 一発撮り「THE FIRST TAKE」の印象を語る

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』。毎週木曜日にオンエアしている「THE FIRST TAKE MUSIC」(ナビゲーター:甲田まひる)のコーナーでは、アーティストの一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取る、YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」のアナザーストーリーを紹介。出演アーティストに感想を訊く。

2020年11月12日(木)のオンエアでは、Rude-αを紹介した。

一発撮りの中、普段と違ったいいグルーヴがある

Rude-αは、「THE FIRST TAKE」のチャンネルが開設してから2人目の参加アーティスト。『wonder』と『It's only love』の動画が公開されている。

Rude-α - It's only love / THE FIRST TAKE

Rude-α - wonder / THE FIRST TAKE

今では330万人もの登録者数を誇る「THE FIRST TAKE」チャンネル。Rude-αが当時の心境も振り返りながら、「THE FIRST TAKE」に参加した感想を語った。

Rude-α:当初この出演のオファーをいただいたときは本当に始まったばかりのころで、自分自身もすごく手探りの状態でした。それが、まさかこんなに大きくなるとは予想してなかったので、びっくりしています。「THE FIRST TAKE」を観るたびに、こういう企画に参加させていただけてすごくうれしいなと思います。

白い壁に囲まれて一発撮りをする。普段なかなかない環境での撮影を振り返った。

Rude-α:白い壁に囲まれてはいたんですけど、普段も大人に囲まれているので、それよりはプレッシャーなくて。あはははは。リラックスした状態でできました。一発撮りなので、自分の声の状態もありますが、すごくいいバイブスができました。なので、これからは大人に囲まれるよりも白い壁に囲まれようかなって思ってます(笑)。

動画公開後、どんな反響があったのだろうか。

Rude-α:僕が最初に出たときは、まだ観ている人も少なかったのでみんなよく分かってなかったと思うんです。だけど、チャンネルが大きくなって、最近になって、しばらく会ってなかったラッパーの友だちや音楽をやってる人に「お前『THE FIRST TAKE』出てるんだ! すごいな」って言われるようになりました。やっぱり自分のMVやライブなんかともまた違った感覚だし、自分自身の中にある音楽性みたいなものを普段とは違った感じで出せたと思います。普段ラップばかりしてるから、みんなからしたら「意外と歌うまかったんだ」みたいな感じの印象らしいです(笑)。

最後に、Rude-αがリスナーに向けてメッセージを語った。

Rude-α:一発撮りの中で普段と違ったいいグルーヴがあるので、ファンの人の中では「THE FIRST TAKE」バージョンの『It's only love』の方が好きです、とか平気で言われます。あはははは。でも、どんな形であれ、みんなの日常の中に自分の音楽が鳴っているというのはうれしいことだし、今の時期なかなか生でパフォーマンスしたりする機会がないですけど、変わらず僕の音楽はみんなのそばにいると感じてもらえたらうれしいです。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
番組情報
SONAR MUSIC
月・火・水・木曜
21:00-24:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン