音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
SEKAI NO OWARI・Fukaseが明かす、“楽曲の主人公を飼う”感覚。『silent』の制作秘話

SEKAI NO OWARI・Fukaseが明かす、“楽曲の主人公を飼う”感覚。『silent』の制作秘話

J-WAVEで放送中の番組『~JK RADIO~ TOKYO UNITED』(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「HIDDEN STORY」。12月18日(金)のオンエアでは、SEKAI NO OWARIの新曲『silent』の制作エピソードをメンバーたちが語った。

「バンドというよりベンチャー企業みたい」と言われたことも

今回の放送では、SEKAI NO OWARIのメンバーたちが12月16日(水)に発売された新曲『silent』のHidden Storyを語る。

SEKAI NO OWARI「silent」

テレビドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)の主題歌である『silent』の制作がスタートしたのは、2020年の夏。ドラマのスタッフと打ち合わせたあとは、メロディを決めるところからはじめたという。

Nakajin:僕とFukase君とSaoriちゃんが作曲者なので、まずメロディはどんなものがいいかを出し合いました。
Fukase:コンペ形式はよくやります。バンドでこういうことをやる人はあまりいないですよね。
Saori:喧嘩になるんじゃないかな。
Fukase:(笑)。なので、幼馴染だからこそやっているって感じですね。自分たちはいわゆるアーティストというよりも、ある種クリエイター集団のビジネスパートナーとしてやっているというか。たまに周りから「バンドというよりもベンチャー企業みたいだよね」って言われますね。チームとしてやるっていうところに終始しているというか、そこを大切にして活動しています。
Nakajin:そこが強みだよね。
Fukase:一人ひとりの役割が違っているので、自分の番じゃないなってときはノンタッチにしています。たとえばボーカルの歌どりはSaoriちゃんが担当しているところなんですけれど、今回カップリングでNakajinの歌どりをしたとき、僕は役職じゃなかったので、現場にいませんでした。おいしいカニを食べに行っていましたね。
Nakajin:カニを食ってたんかい(笑)!

コンペの結果、今回はNakajinの曲をベースに、Fukaseの書いたパートも組み合わせるメロディとなったそうだ。

物語のどこを切り取るかで喜劇にも悲劇にもなる…作詞の裏話

作詞には、こんな苦労があったそうだ。

Fukase:あまりクリスマスを謳歌してきたタイプの人間たちではないので、「どうする? お前が書けよ」みたいな、なすりつけあいがありました(笑)。Nakajinが書いた方がいいって真顔で力説したんですけど、Nakajinからは「アレンジをやらなきゃいけないから、歌詞を書いたら間に合わない」と言われてしまって。なぜ僕が歌詞を書きたくなかったかというと、別件で最近、映画(映画『#キャラクター』)の撮影があったんですよ。自分がやった役が殺人鬼だったので、「殺人鬼の役をやりながらラブソングを書ける気がしないな」と思っちゃったんです。


DJ LOVE:しかもクリスマスっていうね(笑)。
Fukase:歌詞を書いている頃は真夏だったし、そのガチャガチャ感があったのでなんとかNakajinになすりつけようとしたんだけど、ダメでした(笑)。

最終的に歌詞は、Fukaseが主人公のキャラクターを設定し、その主人公の物語を見つめる形で作詞を進行したそうだ。

Fukase:ストーリーものの歌詞を書くことはあるんですが、基本的にまずは全体的な世界観というか、場所、状況、主人公を用意して、僕が主人公を飼うイメージです。しばらく主人公を飼っていると、ストーリーができてくるんですね。そこからストーリーの顛末まで考えて、「どこを切り取ると綺麗かな」と考える作り方をしています。

最初に作り上げた歌詞は「あまりにも卑屈すぎて暗すぎる」というダメ出しを食らってしまったという。

Fukase:その歌詞はストーリーの前半を切り抜いたところだったから、もう少し話を前に進めてみようと考えました。そうしたらきっと「やっぱりこの雪はあなたと見たかったな」という瞬間が訪れると思っていたので、時間軸をうしろにずらして、一番ポジティブに見える瞬間を切り取りました。自分たちの人生にも言えることですが、どこを切り取るかで喜劇にも悲劇にもなると思うんですよ。なので、切り取り方を変えたということですね。この曲は、2週間くらい遅らせていたら、もっと悲しい曲になったかもしれない。2週間くらい前なら、もっと甘酸っぱい曲だったかもしれない。1年くらい遅らせていたら、もっとドロドロした曲だったかもしれない(笑)。 

使う予定ではなかったエレキギターが功を奏した

今回の『silent』では高いキーが続くパートがあり、Fukaseにとって難易度が高い曲となっている。そこでメンバーたちは、いつもとは違う制作方法にチャレンジしたという。

Nakajin:ここ数年は「歌をきれいに録ろう」という意識が強かったんですよね。でも、この曲に関しては「エネルギッシュさと真っ直ぐに気持ちを伝える必要があるな」と思ったんです。いろんな方法を試しましたね。「マイクに声を入れよう」という気持ちが乗っちゃうので、マイクの距離を変えるだけでも、けっこう違うテンションになりましたね。

歌がエネルギッシュになったことで、当初の予定では使わなかった楽器を導入したという。

Nakajin:歌の情熱感とトラックの感じをつなぐものが欲しくなって、エレキギターを入れてみたんですよ。そうしたら、すごくハマりました。
Fukase:もともとは、もう少しおっとりとした曲だったよね?
Saori:テンポもゆっくりだったしね。
Nakajin:制作をしていくうちに、テンポとキーが上がって、歌もエネルギッシュになりました。それにほだされるように、歪んだエレキをジャーンと入れるという。
DJ LOVE:エンジニアさんにも「エレキもっと上げてください」って言ったよね。
Fukase:キーをあげたことで曲の雰囲気がガラッと変わり、曲全体が強くなっていったという感じでしたね。
Nakajin:今回は、大きなエネルギーが必要な曲だったんだと思いますね。

SEKAI NO OWARIの最新情報は、公式サイトまたは、Twitterまで。

『~JK RADIO~ TOKYO UNITED』のワンコーナー「HIDDEN STORY」では、トップセラーからモノづくりにかける夢を聞く。放送は毎週金曜の10時40分から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年12月25日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
~JK RADIO~ TOKYO UNITED
毎週金曜
6:00-11:30
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン