音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
秦 基博、「息を呑む」ほどの特別な瞬間を、ラジオを通じたライブで届ける【J-WAVE LIVE 2020】

秦 基博(撮影=三吉ツカサ)

秦 基博、「息を呑む」ほどの特別な瞬間を、ラジオを通じたライブで届ける【J-WAVE LIVE 2020】

音楽
J-WAVEが2000年から毎年続けてきたライブイベント「J-WAVE LIVE」。2020年は、9時間にわたる特番『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Takanawa Gateway Fest presents J-WAVE LIVE2020 #~音楽を止めるな~』をオンエアする形で開催した。出演したのは、ASIAN KUNG-FU GENERATION、KREVA、SIRUP、SKY-HI、スガ シカオ、東京スカパラダイスオーケストラ、秦 基博、ハナレグミ(※五十音順)の8組。

8月13日(木)に映像配信される前に、現時点で最新となる秦 基博のライブの模様をお届けしよう。(J-WAVE NEWS編集部)

20200720_190706_73I4643.jpg
トップはJ-WAVE NIHONMONO LOUNGEから、秦 基博の弾き語りライブ。グリーンとイエローの照明がステージを染める中、「ひまわりの約束」でスタート。

映画『STAND BY MEドラえもん』の主題歌として、2014年に大ヒットした曲であり、その作品にリンクした歌詞であることは知られているが、今のこの世の中の状況で聴くと、その詞に、これまでなかった意味が新たに加わって届くように感じる。

歌い終え、軽くギターのチューニングを確かめてから、「こういう形での『J-WAVE LIVE』は、もちろん初めてですけど、みなさんにここから音楽が届くように、楽しんでいただけるように、僕も精一杯歌いたいと思います」と挨拶。

そして、2曲目「トラノコ」へ。当然、ライブで歌う現場はしばらくなかったはずだが、どこまでも届いていきそうなほど、声がよく伸びる。サビで声量がマックスになるところでは、オフ気味にマイクから距離をとったりしている。

20200720_192817_73I5581.jpg
軽やかであたたかな曲のトーンに合わせて、ステージがオレンジ色の照明で照らされた「シンクロ」を経て、MC。昨年久々にアルバムをリリースしたこと、そのアルバム『コペルニクス』に入っている「在る」は、映画『ステップ』の主題歌として書き下ろしたこと、春先に公開される予定だったが、ようやく先日公開になったこと(7月17日)、映画からインスピレーションをもらって、「存在する」というテーマで作った曲であることを、説明する。

そして「在る」。「今はいない」ことが「かつては確かにいた」ことを浮き彫りにする、だから「いること」と「いないこと」は等価である──そんな思いを「僕の半分は君だから いつだって ここに在ると思うよ」という切り口で描いた曲。そんな感情を、ひとことひとことの意味を確かめるように、丁寧にメロディにのせていく。

20200720_193633_73I6065.jpg
次は、一転してアッパーに転じた「鱗(うろこ)」、オリジナルは亀田誠治によるストリングスが施されたアレンジだが、歌とアコースティック・ギターだけになっても……いや、そうなるとよりいっそう、タフな響きを持っている曲であることがわかる。

「今年はこういう形での『J-WAVE LIVE』でしたけど、またもし呼んでいただけるなら、みなさんと会って、ライブを楽しめたらなと思います」という、今ならではの言葉をはさんでから、最後に歌われたのは「70億のピース」だった。最後のサビ「♪70億のピースが 描き出す〜」にさしかかり、ギターがブレイクし、歌だけになった瞬間の空気。「息を呑む」というのはこういうことだ、と言いたくなる、本当に特別なものだった。その感じは、ラジオを通して聴いていた人たちにも、きっと届いたと思う。

20200720_191311_73I4888.jpg
(取材・文=兵庫慎司、撮影=三吉ツカサ)

■セットリスト
M1. ひまわりの約束
M2. トラノコ
M3. シンクロ
M4. 在る
M5. 鱗(うろこ)
M6. 70億のピース

映像配信情報

タイトル:J-WAVE LIVE 2020 ~#音楽を止めるな~
配信日程:2020年8月13日(木)20:00~
※この日はJ-WAVEの周波数「81.3FM」にかけた「J-WAVEの日」です。
※放送後にアーカイブ配信も行います。※2020年8月20日(木)23:59まで
配信プラットホーム:LIVE LOVERS https://livelovers.jp/(Streaming Plus)
・視聴料金
・視聴券(7月25日~8月20日18時)¥3,500(税込)
・グッズ付視聴券(7月25日~7月31日)¥4,500(税込・送料別)*グッズは8月上旬にお届け予定
・グッズ付視聴券(8月1日~8月20日)¥4,500(税込・送料別)*グッズは9月上旬にお届け予定

視聴券販売サイト:http://eplus.jp/j-wavelive2020/

配信/視聴方法に関するお問い合わせは↓
イープラスサポートサイト:https://eplus.jp/streamingplus-userguide/

公式グッズ情報

・オフィシャル“BIG-Tシャツ”(ユニセックス/アーミーグリーン)¥3,300(税込)
・オフィシャル“BIG-Tシャツ”(レディース/ホワイト)¥3,300(税込)
・J-WAVEオフィシャルマフラータオル ¥1,320(税込)*グッズ付視聴券のタオルとは別色
・J-WAVEオリジナル ecoバッグ ¥770(税込)
・J-WAVEオリジナル 洗えるフェイスマスク(クール素材)¥550(税込)

公式グッズ販売サイト:https://shop.eplus.jp/jwavespeciallive2020/

『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Takanawa Gateway Fest presents J-WAVE LIVE2020 #~音楽を止めるな~』とは

J-WAVEが2000年から毎年続けて来たライブイベント『J-WAVE LIVE』を、9:00~17:55の約9時間にわたり、J-WAVEのオンエアで開催しようという初の試み。出演アーティストは8組で、ナビゲーターはクリス・ペプラー、その8組以外の時間は、過去の『J-WAVE LIVE』におけるさまざまなアーティストたちの、貴重なライブ・テイクが放送された。

会場は、JR山手線高輪ゲートウェイ駅前特設会場にオープンした「Takanawa Gateway Fest」会場内のJ-WAVEプロデュースによるエンターテイメントレストラン、J-WAVE NIHONMONO LOUNGEと、この日が杮落しとなる東京・有明の8,000人キャパの新ヴェニュー、東京ガーデンシアターの2ヵ所。

東京ガーデンシアターのKREVA、ASIAN KUNG-FU GENERATION、東京スカパラダイスオーケストラと、J-WAVE NIHONMONO LOUNGEのSKY-HIとSIRUPは、ライブをリアルタイムで生中継。J-WAVE NIHONMONO LOUNGEの秦基博・スガシカオ・ハナレグミは、事前に行ったライブの音源がオンエアされた。

放送局:J-WAVE(81.3FM)
番組名:J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Takanawa Gateway Fest presents J-WAVE LIVE 2020 ~#音楽を止めるな~
放送日時:2020年7月24日(金・祝)9:00~17:55
ナビゲーター:クリス・ペプラー(J-WAVEナビゲーター)
出演アーティスト:ASIAN KUNG-FU GENERATION、KREVA、SIRUP、SKY-HI、スガ シカオ、東京スカパラダイスオーケストラ、秦 基博、ハナレグミ(※五十音順)

radikoのタイムフリー:7月30日(木)28時59分までradikoのタイムフリーでオンエアが聴取可能。

(PART1)http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20200724090000
(PART2)http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20200724120000
(PART3)http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20200724150000

番組公式サイト:https://www.j-wave.co.jp/special/live2020/
番組公式Twitter:https://twitter.com/jwavelive2000

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
Recommended by