音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ハナレグミ、新しい会場でのびやかな歌声を披露【J-WAVE LIVE 2020】

ハナレグミ(撮影=三吉ツカサ)

ハナレグミ、新しい会場でのびやかな歌声を披露【J-WAVE LIVE 2020】

音楽
J-WAVEが2000年から毎年続けてきたライブイベント『J-WAVE LIVE』。2020年は、9時間にわたる特番『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Takanawa Gateway Fest presents J-WAVE LIVE2020 #~音楽を止めるな~』をオンエアする形で開催した。出演したのは、ASIAN KUNG-FU GENERATION、KREVA、SIRUP、SKY-HI、スガ シカオ、東京スカパラダイスオーケストラ、秦 基博、ハナレグミ(※五十音順)の8組。

8月13日(木)に映像配信される前に、現時点で最新となるハナレグミのライブの模様をお届けしよう。会場は、J-WAVE NIHONMONO LOUNGE。(J-WAVE NEWS編集部)

20200722_194005_73I2542.jpg
アコースティック・ギター、譜面台、テーブル、フェイクグリーンが絡みついたモニターやライトなどに、囲まれるように座ったハナレグミ永積 崇。撫でるような手つきでギターを奏でながら、歌い始めた1曲目は、ROCKING TIMEのカバー「ありふれた言葉」だ。2005年のサード・アルバム『帰ってから、歌いたくなってもいいようにと思ったのだ。』の収録曲だが、ここ最近は、ライブで歌われることはめずらしい。次は「家族の風景」。そっと話しかけるように自然にコードに乗るメロディが、のびやかな声で会場に放たれていく。

「新しい会場って、響きが新しいんですよね。だからずっと歌い慣れてる歌も、昨日生まれた歌みたいにして歌えるから、幸せっすね」と、この場所を称賛。そして「次の曲は、真心ブラザーズのYO-KINGさんが作ってくれた『祝福』っていう曲をね。『祝福』ですから、生まれておめでとう、っていうね。高輪ゲートウェイさん、おめでとうございます。この曲で祝福にかえさせていただきます」。

確かに、歌もだが、ギターの響きのたおやかさにも耳を奪われる。永積、歌い終わってアウトロを弾くまでの一瞬のブレイクで、「いい音がするね」と、はさんだ。そして歌い終わって、もう一度「おめでとう」を足した。

20200722_194143_73I2678.jpg
「やっぱり、オーディエンスがいると燃えるね。最近、全然歌えてないんで、だだっ広い畑に行って歌ったりしてるんですけど、肉体が目の前にあるっていうのは幸せですね。この肉体感が、今日はスピーカーの向こうに届いている気がする」と、喜びを言葉にしてから歌った4曲目は「おあいこ」。野田洋次郎が書いた曲で、「祝福」と同じく、多くのアーティストが曲提供や共作で参加した2015年のアルバム『What are you looking for』の収録曲だ。

そしてOmar「There’s Nothing Like This」のカバー。曲の最後は、歌もギターもだんだん音量を小さくしていく、人力フェイドアウト状態でそっと終わらせる。

20200722_200912_73I3254.jpg
「こういう時期で、なかなか同じ場所で集えなくて、ほんと寂しい限りなんですけど。こういう音楽のまんなかに、また早く集える日を、楽しみにしています」という言葉から「Peace Tree」へ。スチャダラパーのBOSEとAFRAが参加した、2009年のアルバム『あいのわ』収録曲。音源ではBOSEが担う部分もすべて自分でラップ、言葉を畳み掛けるにつれ、声のボリュームもどんどん上がっていく。

ラストは「明日天気になれ」。昔も今も、フェスの時などによく歌う曲だ。天気の歌なので野外でやりやすいのだと思うが、できたばかりのホールの中で歌われても、同じように、場の空気をあたたかく開放的にする曲だった。

20200722_194119_73I2616.jpg
(取材・文=兵庫慎司、撮影=三吉ツカサ)



■セットリスト
M1. ありふれた言葉
M2. 家族の風景
M3. 祝福
M4. おあいこ
M5. There’s Nothing Like This
M6. Peace Tree
M7. 明日天気になれ

映像配信情報

タイトル:J-WAVE LIVE 2020 ~#音楽を止めるな~
配信日程:2020年8月13日(木)20:00~
※この日はJ-WAVEの周波数「81.3FM」にかけた「J-WAVEの日」です。
※放送後にアーカイブ配信も行います。※2020年8月20日(木)23:59まで
配信プラットホーム:LIVE LOVERS https://livelovers.jp/(Streaming Plus)
・視聴料金
・視聴券(7月25日~8月20日18時)¥3,500(税込)
・グッズ付視聴券(7月25日~7月31日)¥4,500(税込・送料別)*グッズは8月上旬にお届け予定
・グッズ付視聴券(8月1日~8月20日)¥4,500(税込・送料別)*グッズは9月上旬にお届け予定

視聴券販売サイト:http://eplus.jp/j-wavelive2020/

配信/視聴方法に関するお問い合わせは↓
イープラスサポートサイト:https://eplus.jp/streamingplus-userguide/

公式グッズ情報

・オフィシャル“BIG-Tシャツ”(ユニセックス/アーミーグリーン)¥3,300(税込)
・オフィシャル“BIG-Tシャツ”(レディース/ホワイト)¥3,300(税込)
・J-WAVEオフィシャルマフラータオル ¥1,320(税込)*グッズ付視聴券のタオルとは別色
・J-WAVEオリジナル ecoバッグ ¥770(税込)
・J-WAVEオリジナル 洗えるフェイスマスク(クール素材)¥550(税込)

公式グッズ販売サイト:https://shop.eplus.jp/jwavespeciallive2020/

『J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Takanawa Gateway Fest presents J-WAVE LIVE2020 #~音楽を止めるな~』とは

J-WAVEが2000年から毎年続けて来たライブイベント『J-WAVE LIVE』を、9:00~17:55の約9時間にわたり、J-WAVEのオンエアで開催しようという初の試み。出演アーティストは8組で、ナビゲーターはクリス・ペプラー、その8組以外の時間は、過去の『J-WAVE LIVE』におけるさまざまなアーティストたちの、貴重なライブ・テイクが放送された。

会場は、JR山手線高輪ゲートウェイ駅前特設会場にオープンした「Takanawa Gateway Fest」会場内のJ-WAVEプロデュースによるエンターテイメントレストラン、J-WAVE NIHONMONO LOUNGEと、この日が杮落しとなる東京・有明の8,000人キャパの新ヴェニュー、東京ガーデンシアターの2ヵ所。

東京ガーデンシアターのKREVA、ASIAN KUNG-FU GENERATION、東京スカパラダイスオーケストラと、J-WAVE NIHONMONO LOUNGEのSKY-HIとSIRUPは、ライブをリアルタイムで生中継。J-WAVE NIHONMONO LOUNGEの秦基博・スガシカオ・ハナレグミは、事前に行ったライブの音源がオンエアされた。

放送局:J-WAVE(81.3FM)
番組名:J-WAVE HOLIDAY SPECIAL Takanawa Gateway Fest presents J-WAVE LIVE 2020 ~#音楽を止めるな~
放送日時:2020年7月24日(金・祝)9:00~17:55
ナビゲーター:クリス・ペプラー(J-WAVEナビゲーター)
出演アーティスト:ASIAN KUNG-FU GENERATION、KREVA、SIRUP、SKY-HI、スガ シカオ、東京スカパラダイスオーケストラ、秦 基博、ハナレグミ(※五十音順)

radikoのタイムフリー:7月30日(木)28時59分までradikoのタイムフリーでオンエアが聴取可能。

(PART1)http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20200724090000
(PART2)http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20200724120000
(PART3)http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20200724150000

番組公式サイト:https://www.j-wave.co.jp/special/live2020/
番組公式Twitter:https://twitter.com/jwavelive2000

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
Recommended by