音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
BBHF・尾崎雄貴、子どものころ「ブロッコリーの先だけ」食べた理由

BBHF・尾崎雄貴、子どものころ「ブロッコリーの先だけ」食べた理由

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。6月3日(水)のオンエアでは、5月27日にニューシングル『かけあがって』を配信リリースした、北海道出身の4人組ロックバンド、BBHFのボーカル・ギター、尾崎雄貴がゲスト出演をしてトークを繰り広げた。


■ステイホームは「チャレンジの期間」

この日の尾崎は北海道からリモートで出演。北海道も暖かくなってきたそうで、20度を超える日もあるという。サッシャは尾崎にステイホーム生活が続くなか、どのような日々をすごしているのかを尋ねた。

サッシャ:まだ長袖?
尾崎:もう半袖になってます。
増井:北海道の方は半袖になるの早いそうですよね。
尾崎:そうですね、脱ぐのが早いです(笑)。
サッシャ・増井:(笑)。
サッシャ:ずっとステイホームも続いていたと思うので、どんな日々をすごしていたんですか?
尾崎:僕ら自身けっこうインドア派なバンドなので、あまり日々やることは変わらず、楽曲制作だったり、最近は配信も始めたので配信の準備をしたりしていました。あとはミュージックビデオを自分たちで撮ったり。
サッシャ:リモートで?
尾崎:そうですね。わりとチャレンジの期間だったなと思います。
サッシャ:増えた趣味とかありますか?
尾崎:いや、特にはないです(笑)。これまで通りな感じですね。
サッシャ:じゃあコロナがあっても、活動は停滞せずですね。


■バンド名はスティーブン・キングの名作から

BBHFはもともとガリレオ・ガリレイとして2016年まで活動していたが、オリジナルメンバーと、当時はサポートだったDAIKIが加入して2018年に結成された。初期のころはBird Bear Hare and Fishという名前だったが、現在は頭文字をとったBBHFで活動をしている。サッシャは「Bear Hare and Fish」という言葉の由来を問いかけた。

サッシャ:いろいろな動物が入っている名前だったんですね。北海道は以前が豊かだからですか?
尾崎:(笑)。そうですね、後付けの理由としてそれは気づいたんですけれど、もともと僕はスティーブン・キングの作品が好きで、彼の作品に出てくる呪文というか言葉からとりました。
サッシャ:スティーブン・キングは何が一番好きですか?
尾崎:彼の集大成と言われている、最近映画化した『ダークタワー』です。僕は原作が大好きで、そこから(バンド名を)とりました。


■「お菓子や食べ物を題材にした映画」が好きな尾崎、おすすめの作品は?

番組では『おウチ映画館! おすすめ映画!!』をテーマに、尾崎におすすめの映画を尋ねた。

サッシャ:映画をたくさんご覧になったんですって? 日ごろから?
尾崎:この状況になって、子どもと映画をよく観るようになりました。子どもも映画がわかるお年ごろになってきたので。
サッシャ:おいくつですか?
尾崎:4歳で、もうすぐ5歳になります。なので自分が小さいころに映画とかを一緒に観直しています。
サッシャ:素敵。そんななかで1作品おすすめを教えていただきたいと思いますが、それはズバリ何でしょうか。
尾崎:最近、観たのは『チャーリーとチョコレート工場』です。



<あらすじ>
ウィリー・ウォンカのチョコレート工場では、どんな驚きがあなたを待っているのでしょう? チョコレートの部屋ではミント風味の砂糖で出来た草のフィールドを探検し、チョコレートの川を砂糖菓子のボートでセーリング。発明室では食べても減らないキャンディーを体験し、ナッツの部屋では賢いリスたちを観察、そしてガラスのエレベーターでテレビの部屋へ。それはすごく楽しくて、ちょっぴり不思議、そしてウォンカ特製のチョコレート・バーみたいに、とっても美味しい大冒険。

公式サイトより)

サッシャ:名作ですね。ご覧になった方も多いと思いますが、お気に入りの点は?
尾崎:なによりチョコレートがおいしそうなところです。子どもと一緒に観ていたんですけど、子どもが「金のチケット」を自分で作って、明治のチョコに入れていました。
サッシャ:かわいい。
尾崎:そういうところにも夢があるなと思って。ああいう映画でお菓子や食べ物を好きになったりするのって、僕はすごく好きなんです。『チャーリーとチョコレート工場』は話も面白いんですけれど、なによりチョコレートという趣旨がしっかりしているのがいいなと思って。
サッシャ:これで食べられないものも克服できるようになるといいですね。ピーマンとかタマネギを題材にした映画があったらいいかもしれない。

尾崎も、映画をきっかけに野菜が好きになったそうだ。

尾崎:(笑)。動物の映画とか映像で、おいしそうにキリンとかが草を食べているじゃないですか。僕はあれを観て野菜好きになったんです。
サッシャ:へえ! 子どものころに?
尾崎:やっぱり映像が与える影響ってすごいなと。
増井:キリンの気持ちになって。
尾崎:おいしそうだなと。ブロッコリーが木に似ているじゃないですか。
サッシャ:形がね。
尾崎:なのでブロッコリーの先っぽだけ食べるという。
サッシャ:(笑)。
増井:そういう発想になるんですね。
サッシャ:子どもってすごいな。それをまた次世代に自分から託しているということですね。
尾崎:そうですね、託したいです。

BBHFの最新情報は、公式サイトまたは、Twitterまで。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時5分ごろから。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年6月10日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-12時30分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン