音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
sumika・片岡健太「海外に目が向いてるバンドの音がした」 BBHF『なにもしらない』感想を語る

sumika・片岡健太「海外に目が向いてるバンドの音がした」 BBHF『なにもしらない』感想を語る

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』のワンコーナー「SONAR TRAX」。11月11日の週は、あっこゴリラに代わり、三原勇希がナビゲーターを担当。J-WAVEがプッシュしている楽曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。11月11日(月)のオンエアでは、ゲスト・ナビゲーターにsumikaの片岡健太(Vo./Gt.)を迎え、BBHFの『なにもしらない』をピックアップした。


■最新EPの顔となる楽曲『なにもしらない』

北海道出身の4人組ロックバンド・BBHF。メンバーは、尾崎雄貴(Vo./Gt.)、DAIKI(Gt.)、佐孝仁司(Ba.)、尾崎和樹(Dr.)。元Galileo Galileiのメンバーを中心に、昨年、「Bird Bear Hare and Fish」というバンド名で活動をスタート。今年、7月にはバンド名を「BBHF」に改名。その理由について尾崎(Vo./Gt.)は、「バンド名が長いという声が多々あり、僕らも、もともと略称の「BBHF」と呼んでいたのもあって、正式なバンド名にした」とコメントしている。

そんなBBHFは、11月13日(水)に2nd EP『Family』をリリース。今作のリード曲でもあり「J-WAVE SONAR RAX」に選出された『なにもしらない』は、The 1975、アークティック・モンキーズ、Wolf Aliceなどのサウンドプロデュースを手がけるマイク・クロッシーがミックスを担当している。どんな曲に仕上がったのか、尾崎(Vo./Gt.)に話を伺った。

尾崎:この作品もバンド感というか、バンドサウンドを多く使った作品になっています。『なにもしらない』は、今回の作品『Family』の顔になるような曲になっているので、この曲を聴いて方向性、メッセージ性を感じ取ってほしいと思います。MVもYouTubeで公開しているので、見てもらえたら嬉しいです。

【BBHF『なにもしらない』を聴く】

三原:かっこいい!
片岡:この音は、絶対何か知ってる作り方でしょ。
三原:あはははは!
片岡:あのマイク・クロッシーがミックスを担当してるってことで、バンドのアンビエンス感っていうんですかね、空気感、それがなんか日本らしくないというか、日本でよく聴く音と違って、海外に目が向いてるバンドの音がしました。
三原:前に向かっていくパワーみたいなものが、曲から出てた感じがしました。

そんなBBHFは、今月から全国ツアー「BBHF ONE MAN TOUR “FAM!FAM!FAM!”」をスタート。東京は、12月16日(月)に恵比寿LIQUIDROOMで行われる。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。