音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
Bishop Briggs、自分を奮い立たせるパワフルな自己応援ソング『CHAMPION』

Bishop Briggs、自分を奮い立たせるパワフルな自己応援ソング『CHAMPION』

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVEがプッシュしている楽曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。11月7日(木)のオンエアでは、Bishop Briggsの『CHAMPION』をピックアップ!


■ダークでポップなメロディーが魅力

現在27歳のロンドン生まれのシンガーソングライター、ビショップ・ブリッグス。ロンドン出身のビショップだが、両親は二人ともスコットランド人。名前の由来は、両親が住んでいたスコットランドの街「Bishopbriggs」からきているという。

そんなビショップ、実は4歳のときに両親とともに日本に移り住み、それから10歳を迎えるまでの6年間、日本で暮らしていたそう。7歳のときに曲を書き始め、家族に歌って聴かせていたそうだ。あるとき、両親とともに訪れたカラオケバーで初めて人前で歌うと、「こうやってみんなに歌声を届けるアーティストになりたい! 」と、シンガーになることを決意したという。

そのターニングポイントとなったカラオケバーで、モータウン系の音楽や、The Beatlesなどを聴いて育ったビショップ。10歳のときに香港へ移り住み、18歳で今の活動拠点となるアメリカ・ロサンゼルスへと引っ越す。アメリカに渡った後も精力的に活動を続け、2015年、23歳のときに『Wild Horses』でデビュー。いきなり車のCMに起用され、Spotifyなどのサブスクで広く聴かれるようになり、だんだんと名前が知られる存在になっていった。

そして翌年、2016年にリリースした『River』が、Spotifyのアメリカのバイラルチャートで1位、世界全体のバイラルチャートでも2位と大ヒット。そんな彼女に目をつけたのが、世界的ロックバンドのコールドプレイ。自分たちのツアーのオープニングアクトに、まだ4曲ほどの曲をリリースしただけのビショップを大抜擢するなど、注目度の高さが伺える。

日本を含め、背景にさまざまな国のカルチャーを持ち、ダークでポップなメロディーが大きな話題を集めているビショップ・ブリッグス。そんな彼女の楽曲『CHAMPION』は、「どんな困難に直面しようと、私はチャンピオンなのよ! 」と、自分を奮い立たせる、パワフルな自己応援ソングとなっている。

【Bishop Briggs『CHAMPION』を聴く】

曲を聴いたあっこゴリラは「『Be Your Love』とか『River』とか、わりとダークな感じがメインなんですけど、それとは打って変わってこの曲はめちゃめちゃパワフルですね。Queenの『We Are The Champions』にも通ずる、やっぱり「チャンピオン」ってキラーワードですよね」と感想を述べた。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン