音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
AATA「いつかは夜明けが絶対に来る」 無観客ライブで“希望”を歌う【音源あり】

AATA「いつかは夜明けが絶対に来る」 無観客ライブで“希望”を歌う【音源あり】

J-WAVEで放送中の『YEBISU BEER BEGINNINGS~LIVE FROM TAKANAWA GATEWAY』(火曜ナビゲーター:レイチェル・チャン)。4月7日(火)の放送では、シンガーソングライターのAATAがゲストに登場。「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」から、無観客ライブ生中継をおこなった。


■AATA「いつかは夜明けが絶対に来る」

新型コロナウイルスの影響で多くのライブイベントが中止となっている。4月1日からJ-WAVEでは「大好きな音楽を、アーティストを、ライブハウスを応援したい」というコンセプトで「#音楽を止めるな」プロジェクトをスタートした。

4月7日のオンエアでは、シンガーソングライターのAATAが登場。さまざまなジャンルの影響を受けたサウンドと、唯一無二の歌声で幅広い層から支持されており、J-WAVEがおすすめする楽曲『SONAR TRAX』にも選出された。この日AATAは、『Silhouette』『BLOWING』『Blue Moment』の3曲を披露した。

【AATAの無観客ライブ音源をradikoで聴く】(2020年4月13日28時59分まで)

AATAのパフォーマンスに、レイチェルは「すごく素敵な、思わず体を揺らしながらうっとり聴いていました」と感想を述べる。AATAも、普段のライブとは異なる環境でのパフォーマンスを「楽しかった」と振り返る。

レイチェル:この大きな広い空間のなかで、お客さんはいらっしゃらないんですが、どんな思いで歌いましたか?
AATA:こういう状況でも歌う場所をいただけたということが、それだけで、歌っているだけで本当に楽しかったです。普段だったらなかなかライブハウスまで来てもらえないという方にも、ラジオを通してJ-WAVEを通して、聴いていただけたのかなと思ったら、すごくうれしくて楽しくて、最高でした。ありがとうございます。
レイチェル:こちらこそありがとうございます。今日は3曲披露をしていただいて、1曲目が『Silhouette』、2曲目は『BLOWING』。最後の『Blue Moment』は特にミュージックビデオも素敵だなと思いました。『Blue Moment』は時間帯としては夜明け前?
AATA:私が歌っているのは夜明け前の『Blue Moment』ですね。
レイチェル:もうすぐ明るい希望の光が見えるよ、という。
AATA:いつかは夜明けが絶対に来るからというのを歌っている曲なので、絶対この日の最後に歌おうと思ってきました。


■かつて小児科医を目指していた

AATAが音楽活動を開始したのは、大学卒業後。活動歴はおよそ6年になる。そんなAATAに小さいころの夢を訊くと、意外な回答が返ってきた。

AATA:お医者さんでした。小児科の先生になることがずっと目標で、大学受験までは医学部を受けたんですけど、本番に弱くて全部落ちて(笑)。
レイチェル:そして今、ステージに立って歌を歌っている。
AATA:そうですね。形は違いますけれども、いろいろな人に希望を与える職業ができていることがすごく今はうれしい、誇りに思っています。
レイチェル:本当ですね。それこそお子さんだけじゃなくて、幅広い方々に届いていると思います。

J-WAVEで放送中の『YEBISU BEER BEGINNINGS~LIVE FROM TAKANAWA GATEWAY』


■ライブハウスから有料配信をした理由

AATAは4月5日にシンガーソングライターの天野 花とのライブを開催予定だったが、新型コロナウイルスの影響によりキャンセル。代わりに会場だったライブハウスから無観客ライブをツイキャスで配信した。AATAは、あえてライブハウスを使用した理由を語った。

AATA:自分1人でも、自分の部屋からでも発信することができるんですけど、そうしたときにライブハウスに還元する方法がないと思ったんです。私たちは、歌う場所がないと活動も狭まってしまうので、ライブハウスというのは絶対に残したい。いつもいつもお世話になっているので、そう思った末にそこの場所をお借りして、無観客ライブを有料で行うことにしました。
レイチェル:お互いに助け合いながらということなんですね。
AATA:そうですね。
レイチェル:そして、3月に行われる予定だったワンマンライブ。こちらは夏、7月20日(月)に延期になったんですよね。
AATA:それまでには……と、思うんですけど。
レイチェル:そうですね。早く収束をして、みなさんが安心して音楽やライブを楽しめる日が……。
AATA:来るといいですね。

『YEBISU BEER BEGINNINGS~LIVE FROM TAKANAWA GATEWAY』では、JR山手線の新駅「高輪ゲートウェイ駅」のイベント会場「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」から、アーティストによる無観客ライブ生中継を実施する。オンエアは月曜から金曜日の12時30分から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年4月14日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「YEBISU BEER BEGINNINGS~LIVE FROM TAKANAWA GATEWAY」
放送日時:月・火・水・木・金曜 12時30分-13時00分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/beginnings/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン