音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
雨のパレード、新アルバム『BORDERLESS』を語る! 蔦谷好位置との仕事で感じたことは

雨のパレード、新アルバム『BORDERLESS』を語る! 蔦谷好位置との仕事で感じたことは

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)。1月20日(月)のオンエアには、雨のパレードが登場。福永浩平(Vo)、山﨑康介(Gt)、大澤実音穂(Dr)が、ニューアルバムについて語った。


■3人体制で初のアルバムをリリース

雨のパレードは、3人になってから初のアルバム『BORDERLESS』を1月22日(水)にリリース。

サッシャ:今回はけっこうデジタルを駆使してる感じ?
福永:そうですね。曲作りが今まで4人のときはスタジオのセッションで構築して、その状態でレコーディングしてライブしてってやっていました。そういう作り方をしていると手の本数しか音が出せなくて、それが良さでもあったんですけど、自分たちのやりたい音楽とはちぐはぐな作り方をしていたんです。今はストレスなく音を重ねたり、パソコン上で作り混むことによってできるアプローチもいっぱいあったり、自分たちのやりたい音楽により近づけている感覚があります。


■新アルバムは蔦谷好位置が参加

また、収録曲の11曲うち5曲は共同プロデューサーとして蔦谷好位置が参加している。

サッシャ:蔦谷さんとやってみて1番の発見は何でしたか?
福永:発見ばかりでしたね。毎回が勉強で、僕らの意見を引き出してくれようとするし、僕らが嫌がることは絶対にしないといつも仰ってました。
サッシャ:蔦谷さんが入って変わったことは何ですか?
福永:僕らにとっては新鮮なやり方とか。実は聴こえなかったけどこういう音も入っているんだとか。本当にいろいろありました。
サッシャ:「ヘッドホンで聴くとかすかに聴こえる」とか?
福永:意識していない音の大事さというのもやっぱりあると思いますね。

続いてタイトルトラックの聴きどころを語った。

福永:人って誰かに何かを許してほしいのかなと思っていて。「どんな寄り道をしたってそれは僕らが正しかったんだよ」って言ってあげられるようにと書きました。
サッシャ:音楽的にはどうですか?
大澤:大きなところで聴いてほしいというか、壮大な曲になっています。
山﨑:みんなで「オー」って言うフレーズがあるんですけど、僕らのこれからの意思も表れていますし、ライブでもみんなで歌えるところなんで、一緒に楽しめると思います。


■チキンカレーのコツは玉ねぎにあり

プライベートの話も訊いた。福永はカレーが大好きで、自宅でも作る。チキンカレーを作るコツは?

福永:ずばり玉ねぎを超強火でガンガン炒めることです。日本の料理ってあんまり焦げるまで炒めないんですが、チキンカレーの玉ねぎって結構焦げるくらいまで強火で炒めて香ばしさを出す感じなんです。あんまり玉ねぎに甘みを求めないんです。飴色のちょっと先ですね。
サッシャ:そうすると味が変わるんですか?
福永:そうですね。香ばしさみたいなのが出てきたりとか。
増井:何色までいけばいいですか?
福永:恐れず超強火で。あとはスパイスを自分の好きなように調合してもらって。僕が最近おすすめしたいのはカルガモ。ちょっと酸味もあるし、奥行きが出ます。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分頃から。次回もお聴き逃しなく!

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。