音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
長谷川白紙、スタジオ生ライブを披露! 嵐『Monster』カバーも【音源あり】

長谷川白紙、スタジオ生ライブを披露! 嵐『Monster』カバーも【音源あり】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。12月9日(月)〜12日(木)の4日間は、ソナー厳選のスペシャルアーティストが毎日スタジオライブをお届けする。12月10日(火)のオンエアでは、シンガーソングライターの長谷川白紙が登場し、生ライブを披露した。


■長谷川白紙、2019年は「すごく夢みたいな1年」

2017年に発表したフリーEP『アイフォーン・シックス・プラス』や2018年リリースの初CD作品『草木萌動』で、その才能溢れる音楽性が話題となった長谷川白紙。弱冠20歳という若さながら圧倒的な才能を見せ、今各所で注目を集めている。

そんな長谷川は11月13日(水)にファーストフルアルバム『エアにに』をリリース。今回は本作から『o(__*)』『あなただけ』そしてスペシャルカバーとして嵐『Monster』を生ライブで披露した。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年12月17日28時59分まで)

圧巻のパフォーマンスにあっこゴリラも「やばいんだけど! 最高なんだけど!」と大興奮。ライブ終了後、長谷川は「変な感じでした」とラジオ生ライブならではの感想を漏らした。さらにトークパートでは、2019年の1年間を振り返ってこう語った。

長谷川:2019年は覚えてないですね。すごく夢みたいな1年だったんです。一緒にやりたかった人と一緒に曲を作らせてもらったり、自分のアルバムを出せたり……。そのためにいっぱい研究、分析、実践とかやってみたりして、ものすごくいろんなことをやってるんですけど、結果的に何一つクリアに覚えてないというか……。


■音楽のルーツはインターネット

また、“10年にひとりの逸材”とも言われる長谷川の音楽のルーツについても訊いた。

長谷川:インターネットですかね、私のルーツは。新しい音楽聴きたいって思ったときも、だいたいインターネットで探して「こういうのがいいのか」って検討つけて……。私の雑食性というか、「何でもかんでも! 全部!」って感じが(インターネットにある)。
あっこ:そうだよね、すごくいいと思う。ピアノはクラシックをやってた?
長谷川:ピアノは親が習わせてくれていて。最初に触れたのはクラシックピアノだと思うんですけど、全然真面目にやってなくて……。中学生の終わりくらいまで「こんなのやってられるか!」って感じだったので、クラシックピアノの腕前としては悲惨なんですよ。

「とにかくライブを観てほしい!」とあっこゴリラも豪語するほど素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれた長谷川。新アルバムの発売を記念して、12月20日(金)にタワーレコード新宿店にてインストアイベントも予定しているそうだ。ぜひ生で長谷川白紙の才能を感じてみてほしい。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年12月17日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。