音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
冷え性なら、入浴は「40度」で! 医師が理由を解説

画像素材:PIXTA

冷え性なら、入浴は「40度」で! 医師が理由を解説

J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」(ナビゲーター:別所哲也)。12月16日(月)のオンエアでは、温泉療法専門医・東京都市大学教授・早坂信哉さんが、医学的におすすめなお風呂の入り方を指南した。

【12月16日(月)『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)の「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」】


■疲労回復には、40度のお湯に肩まで10分

入浴には、どんな健康効果があるのか。

早坂:体が温まり血流がアップし、新陳代謝が活性化して疲れがとれる「温熱効果」があります。また、お湯の水圧による全身マッサージでむくみや血流を改善する「静水圧効果」、水中では体重が10分の1になることから、重力から解放され関節や筋肉の緊張が緩みリラックスする「浮力効果」など、さまざまな健康効果が期待できます。シャワーだけでは体温も十分に上がらず、温熱効果や静水圧効果、浮力効果も得ることができません。血液が循環せず、疲労回復効果も低くなってしまいます。

湯船につかる際は、「40度のお湯に10分間、肩までつかる」のが重要だ。肩まで浸かることで、静水圧と浮力の作用により体の隅々まで血液が送られ、温熱効果がアップする。入浴剤は、血流アップや疲労物質除去効果がある「硫酸ナトリウム」を含むものがおすすめだ。泡が出る炭酸系も、血管を拡張させて血流を改善させる効果があるのだとか。


■熱すぎないお湯がいい理由は?

40度というと「寒い季節や冷え性の人は、もっと熱いお湯のほうがいいのでは」と感じるかもしれない。しかし、熱いお湯より40度のほうが、温かさが持続するのだという。

早坂:42度以上の熱めのお湯に浸かると、体温も、手足の皮膚の温度も上がります。しかし、その温かさは持続しません。人の体は急な体温上昇があると、汗をたくさんかいて、急速に体温を下げようとするからです。冷え対策には、40度から41度程度のお湯に10分ほど浸かるのがいいでしょう。41度のお湯と、42度のお湯に浸かったあとの皮膚の温度変化を比べると、入浴直後は42 度のほうが体温も高いのですが、1時間後には41度のほうが体の温かさが保たれていたという実験結果もあります。

入浴でリフレッシュする方法がもっと知りたい人は、早坂さんの著書『最高の入浴法』もチェックしてみてほしい。

『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」では、日々の生活をポジティブにする「健康」と「美」のトピックスを様々な視点で紹介している。放送は月曜~木曜の6時30分頃から。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年12月16日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン