音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
「最高の体調をキープする方法」マッサージより効果大な◯◯とは?

「最高の体調をキープする方法」マッサージより効果大な◯◯とは?

ストレスの多い現代社会。どんなに体調に気を遣っていても、調子の悪い日や身体が思うように働かない日もあるという人も多いだろう。そこで今回は、サイエンスライターの鈴木祐さんに、「最高の体調をキープするための方法」を訊いた。

【11月4日(月・祝)『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)の「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」】


■自然に触れるのが一番

ヘルスケアをテーマとした書籍や雑誌の執筆を手がける鈴木さんが、体調管理のテクニックを語った。体調管理の中でも、疲れにより有効な手段としては「自然に触れる」のがいいそうだ。

鈴木:イギリスの大学が行なった研究によると、自然との触れ合いにより人体の副交感神経が活性化することがわかりました。副交感神経は気持ちが穏やかなときに働く自律神経で、日中に溜まった疲れやダメージを回復させる力を持っています。パフォーマンスを最大限に引き出し、最高の体調をキープするためには、年に3〜4回のキャンプ、山登り、魚釣りなどの時間を持つことがオススメです。できれば2週間に1回は大自然に身を置くことを心がけ、可能な限りその時間を増やしていくといいでしょう。

また癒し効果の数値では、0.5を越えると効果が高いとされている中、自然の癒し効果は0.71とかなり高い数値となっていた。マッサージの数値が0.5のため、自然のほうがより癒し効果が期待できるという結果だ。


■「そんな時間はない!」という人は、デジタルデータでも!

そうは言ってもなかなか自然と触れる機会が作れないという人に向けて、鈴木さんは解決策を示した。

鈴木:川のせせらぎなどの自然の音が聴けるデジタルデータや、森林や海などを写した自然の画像などでもOKです。パソコンやスマホの待ち受けの写真を森や海の画像に変え、移動時間には風や波の音を聴くといいでしょう。また、観葉植物にも幸福度や集中力を上げる効果が期待できます。デスクの上に観葉植物を置いたオフィスワーカーほどストレスが低かったり、病気で休む回数が少なかったり、仕事の生産性が高くなったりしています。また観葉植物の近くで働いている人は、肌荒れが減ったという調査結果まであるんですね。

今後は自然との触れ合いを意識して、体調を整えてみてほしい。ぜひ、身近な観葉植物から始めてみてはいかがだろうか。

『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」では、日々の生活をポジティブにする"健康"と"美"のトピックスを様々な視点で紹介している。放送は月曜日~木曜日の6時30分頃から。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン