音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ユアネス、セカンドEP『ES』に込められた仕掛けとは? 「穴が開いている絵本みたい」

ユアネス、セカンドEP『ES』に込められた仕掛けとは? 「穴が開いている絵本みたい」

J-WAVEで放送中の番組『THE KINGS PLACE』(木曜担当ナビゲーター:ユアネス)のワンコーナー「朝まで生ラジオ」。11月21日(木)のオンエアでは、黒川侑司(Vo/Gt)、古閑翔平(Gt)、 田中雄大(Ba)、小野貴寛(Dr)の4人が登場。セカンドEP『ES』の楽曲を解説した。


■なぜ1曲目がポエトリーリーディングなのか

11月20日(水)に発売された、ユアネスのセカンドEP『ES』。1曲目に収録されている『あなたは嘘をつく』は、ポエトリーリーディング(詩の読み上げ)の作品だ。ファーストミニアルバム『Ctrl+Z』の1曲目である『雨の通り道』も、同じくポエトリーリーディングであり、こちらはカラオケでも配信されている。なぜ1曲目にポエトリーリーディングを採用したのかを、黒川が解説した。

黒川:僕らユアネスの作品は、今のところポエトリーリーディングが1曲目に収録されています。作品の入り口としてポエトリーがあると、聴いている側が“映画を観ている感覚”になってくれるんですよ。人に一番伝わるのは、誰かの言葉だと思っているので。その言葉を1曲目に入れることによって、これからこの作品が始まるっていうのを伝えられたらいいなと思って収録しました。『あなたは嘘をつく』って、1人の女性の言葉が聴こえると思うんです。だけど、『ES』に収録された全ての楽曲を聴いてから『あなたは嘘をつく』に戻ると、“会話”が聴こえてくるようになるんです。女性の言葉に対して、自分のなかでの返答が浮かび上がってくるという、面白い仕掛けがあります。ぜひ、そういった点も聴いてもらえたらなと思います!
田中:穴が開いている絵本みたいやね。次のページにいったら意味合いが変わる、みたいな本。
黒川:あー! そういうところですかね。ユアネスの作品って、CDだったり音源だったりしても、面白い仕掛けがあったほうが聴く人が楽しいかなと思って作品を作っています。


■『ZQ5QEBS』と『T0YUE9』の読み方は?

番組では、セカンドEP『ES』に収録されている『ZQ5QEBS』をオンエア。『ZQ5QEBS』は「つたえたいこと」と読むそうだが、これはパソコンのキーボードで「つたえたいこと」をかな入力する際にタッチするキーの羅列が曲名になっている。メンバーたちは、一風変わった読み方をする曲名をつける意図について語った。

黒川:ファーストEP『Shift』にも、こうした読みの曲があるんですけど、「どういう意図があるんですか?」っていうのはよく訊かれますね。楽曲や歌詞カードの詳細が出たときに、読めない言葉があると面白いやん?
小野:気になって気になって仕方がない!
黒川:『Shift』のときにも出したよね?

『Shift』に収録された楽曲『T0YUE9』も、キーボードのかな入力を使うと「かわんないよ」と、読み方がわかる。『ZQ5QEBS』と同じ仕組みだ。

黒川:MacBookで作曲をしているのですが、キーボードのかな入力をすることで、この楽曲の正しい読みがわかるんです。仕組みを知っていないと読めない言葉ですね。

メンバーが用意した仕掛けを楽しみながら、セカンドEP『ES』を楽しんでみてほしい。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月28日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『THE KINGS PLACE』
放送日時:月・火・水・木曜 25時-26時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン