音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
秦 基博「人生観が変わるエッセイが読みたい」 紹介された本は…

秦 基博「人生観が変わるエッセイが読みたい」 紹介された本は…

J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』。11月19日(火)のオンエアでは、かもめブックスのオーナー・柳下恭平さんがゲストに登場。秦にオススメのエッセイを紹介した。

同番組は普段、クリス智子がお届けしているが、この日はお休みのため、秦 基博がナビゲーターを務めた。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月26日28時59分まで)


■エッセイに興味がある秦

かもめブックスは、文章の校正・校閲を専門に行う鴎来堂(おうらいどう)代表・柳下恭平さんが運営する書店。神楽坂に店舗を構え、専門書・レシピ・小説・エッセイなど、豊富な品揃えが特徴の「街の本屋」だ。今回の放送では、秦にオススメのエッセイを、柳下さんが紹介したが、その前に“エッセイ”とはどんな書籍を指すのかを、柳下さんが解説した。

:最近、エッセイというものに興味があり、読みたいなと思っていて。小説を少し読んでいるのですが、小説の場合、作家がある視点で見たものを切り取り、それを僕らが読んでいると思うんです。エッセイの場合は、どういう風に切り取っているのかがわかるじゃないですか。
柳下:その方の言葉ですもんね。
:そうですね、作者の考えが直接知れるのが面白いなと思います。そもそも、エッセイって、どこまでがエッセイと呼べるものなんですか?
柳下:どこまでがエッセイなのか問題っていうのはありますね。たとえばですけど、1人のラジオで話したことを文章にしたら、それはエッセイと言っていいんじゃないかなと思います。エッセイは、考えているものをまとめたものなので、口語以外の形式でもエッセイと呼べるものはあると思います。あとは、エッセイは短編のイメージがありますね。
:そうですね。あとは日頃起こっていること、日常を覗くっていうイメージはあります。


■ロバート・ハリス『人生の100のリスト』

秦がリクエストしたテーマに沿ったエッセイを、柳下さんが紹介した。

:ちょっとこう、人生観が変わるエッセイをですね……。
柳下:ちょっと“雑”なオーダーですね(笑)。
:ですよね(笑)。「こんなのどうかな?」っていうのを訊きたくて。
柳下:雑、というよりは広いテーマですね。まず浮かんだのは、ロバート・ハリス『人生の100のリスト』(講談社)ですね。タイトルどおり、人生でやりたいことを100個作ってリスト化したものです。この書籍を、エッセイとあえて言う理由がありまして。やりたいことを1つ消化すれば99個になるんですが、そこにまた新しく目標を入れられるんですね。
:常に(やりたいことが)100個ある状態にする。
柳下:常に100個やりたいことがあれば、人生のアップデートがどんどんされていくんです。あとは、リストのなかで停滞している目標もわかります。
:何ができていて何ができないのかがわかると。
柳下:そうです。年毎に作成した100のリストを、数年後に読み返すと面白いですよ。エッセイ、と言い切っちゃいます(笑)。
:この本、いいですね。(やりたいことを)100個あげるのは大変そう。

放送では他に、吾妻ひでお『失踪日記』を紹介。また、向田邦子のエッセイの魅力も語った。ぜひradikoをチェックしてほしい。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年11月26日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時-16時30分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン