音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ハナレグミ、スカパラのライブで「音が地球の裏側に向かっているのが見えた」

ハナレグミ、スカパラのライブで「音が地球の裏側に向かっているのが見えた」

J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)。11月14日(木)のオンエアでは、ハナレグミ・永積 崇がゲストで登場。2020年2月に開催されるワンマンツアー「THE MOMENT」について語った。また、東京スカパラダイスオーケストラのライブを見たときの“感覚”も明かした。


■2つの異なるライブが開催決定

ハナレグミのワンマンツアー「THE MOMENT」は、東京・NHKホールにて2020年2月7日(金)~8日(土)、大阪・オリックス劇場にて2月23日(日)に開催。これまでのライブとは異なり、2月7日(金)は“HORN NIGHT”と称し、東京スカパラダイスオーケストラをバンドに編成。一方で2月8日(土)と2月23日(日)の2日間に関しては“STRINGS NIGHT”と称し、LITTLE CREATURESの鈴木正人率いるバンドに、美央ストリングスを迎えた編成でライブが行われるとのこと。“STRINGS NIGHT”について、永積が意気込みを語った。

永積:「年に1回はホールでライブをしたいよね」って、毎年スタッフと話していまして。NHKホールで2日間やるってなったときに「俺、大丈夫かな」って思ったんだけど。だけど、期待してもらえるっていうのは嬉しいことなので、どんなことをやろうかって考えたときに、ストリングスをバックにライブをやってみたいってイメージはずっとありました。鈴木正人さんとはハナレグミのプロデュースやベースをやっていただいたこともあるし、美央ストリングスさんも、自分の曲や他の現場でも一緒になることがありまして。
クリス:気心が知れた間柄なんですね。
永積:そうですね。基本のアレンジは鈴木正人さんにお願いしようと思うんですけど、けっこうギリギリになって“王様のアイディア”みたいなのを自分が入れちゃうんですよ。だから、それをよしとしてくれる人たちじゃないといけない(笑)。ライブの楽しみっていうのは、そういうことだと常々思っていますね。



■東京スカパラダイスオーケストラは心の支え

続けて、“HORN NIGHT”に出演する東京スカパラダイスオーケストラとライブを行うことについて、永積が心境を語った。

永積:東京スカパラダイスオーケストラに関しては、すごくリスペクトしています。日本で自分が音楽をやるうえでの支えになっていて。東京スカパラダイスオーケストラは、2018年の「RISING SUN ROCK FESTIVAL」のヘッドライナーで演奏したんですね。音が地球の裏側に向かっているのが見えたというか……視線が遠いんです。その音を聴いているだけで、俺も「もっと飛んでいきたいな」って思えてきて。「言葉が全く通じない国で歌ったら、どうなるのかな」っていう方向にシフトしました。そのあと、7月ぐらいに1ヵ月ほど、アメリカを旅してきて。ゲリラでライブをやらせてもらってめちゃくちゃ面白かったですね。

そのあと永積は、海外のゲリラライブで披露した『ハンキーパンキー』をスタジオ内で生演奏。穏やかな歌声と美しいメロディーが、スタジオ内に包まれた。

【番組情報】
番組名:『GOOD NEIGHBORS』
放送日時:月・火・水・木曜 13時-16時30分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン