音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
結成25周年GLAYの歴史! HISASHIが「理解するのに長い時間がかかった」と語るデビューの仕方

結成25周年GLAYの歴史! HISASHIが「理解するのに長い時間がかかった」と語るデビューの仕方

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。注目の新譜・いま注目すべき名盤・話題の来日アーティストなど、様々な旬のトピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていくコーナー「FEATURE TOPICS」。この週はGLAYを特集。

GLAY は、TERU(Vo)、TAKURO(Gt)、JIRO(Ba)HISASHI(Gt)の4人からなるバンド。1994年にメジャーデビューを果たし、今年で25周年を迎えた。10月2日(水)には最新アルバム『NO DEMOCRACY』をリリースするなど、今もなお精力的に活動している。

特集1日目となる9月30日(月)のオンエアでは、HISASHIのコメントとともに、彼らの軌跡を紹介した。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月7日28時59分まで)

■インディーズ1stフルアルバムとメジャー1stシングルが同時発売!?

GLAYは1988年、高校生だったTERUとTAKUROを中心に函館で結成された。その後、HISASHIが加入したことで本格的な活動がスタート。高校卒業とともに函館から東京へと拠点を移す。しかし、函館で人気を博していたものの、東京ではゼロからのスタートとなり、働きながらバンド活動を続けていた。1991年には、同じ函館出身のJIROが加入して、現在のスタイルとなった。

メジャーデビューまでの道のりをHISASHIが振り返った。

HISASHI:GLAYは、エクスタシー・レコードというところからデビューが決まっていて、そこで『灰とダイヤモンド』というアルバムを、1993年の末くらいから作っていたんですよ。本当に高校の頃から憧れていたレーベルだったので、すごく喜びながらアルバムを作ってたんですけど、そのレコーディング中に『RAIN』という曲がメジャー1stシングルに決まったんです。それが1994年5月25日という、インディーズ1stフルアルバムとメジャー1stシングルが同時発売というね。理解するのに長い時間がかかったんですけど(笑)、YOSHIKIさんの立ち上げた新しいレーベル(プラチナム・レコード)から、GLAYはデビューすることができました。

アルバイトで生計を立てていた4人の若者が、いきなりプロミュージシャンのステージに立ち、HISASHIは「かなり戸惑いましたね」と当時の心境を振り返る。その後、2ndシングル『真夏の扉』のプロデューサーであり、ギタリストでもある土屋昌巳や音楽プロデューサー・佐久間正英など、さまざまな人に助けられながら、バンドとして大きく成長していく。

YOSHIKIのバックアップのもとデビューしたGLAYは、その後、CMタイアップなどでお茶の間に浸透。1996年には8thシングル『グロリアス』を約50万枚売り上げるスマッシュヒットを記録。メジャーシーンでトップグループへと飛躍していく。

『SONAR MUSIC』のワンコーナー「FEATURE TOPICS」では、様々な旬の音楽トピックを週替わりで4日間かけて掘り下げていく。放送は月曜~木曜23時頃から。

【続き】GLAY・HISASHIが語る、転機になった3曲 「メンバーの予想超えた」のは?

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン