音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
パスピエ「思いもよらないことが起こるかも」 イノフェスで学生クリエイティブチームとコラボ! 意気込みを訊いた

パスピエ「思いもよらないことが起こるかも」 イノフェスで学生クリエイティブチームとコラボ! 意気込みを訊いた

今年で結成10周年を迎えたパスピエ。この10年で音楽業界も大きく変わった。例えば、サブスクリプションの登場で聴き方も変化。パスピエへのインタビュー後編では、バンドとして、テクノロジーの発達をどう捉えているのかを訊いた。

【前編】結成10周年のパスピエ、今後の展望は? 芯をブラさず、でも柔軟に「どっしりと構えて発信していけたら」

また、パスピエは9月29日(日)、日本最大級のデジタル・クリエイティブフェス「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2019 supported by CHINTAI」(以下、イノフェス)に出演する。筑波大学学生クリエイティブチームの「Nu Ink.」とコラボレーションで、スマートフォンや映像を駆使したインタラクティブな演出が、彼らの楽曲/ライブを"拡張"する。ライブ出演への意気込みも語ってもらった。


■「思いついた瞬間に発表できる」おもしろさ

――この10年間、音楽業界も大きく変化しましたね。サブスクリプションが広まったり、ステージ演出にテクノロジーが用いられるようになったり。作り手としてどう感じていますか。

成田ハネダ:サブスクリプションが出てきたとき「どうなるんだろう?」とは思いましたけど、結局は自分たちの作品にどれだけ自信を持ってやっていくかだな、と。今はSNSの発達もあって、音楽の鮮度が求められるのは刺激的だなと思います。もともと「CDを出すから曲を作ろう」ではなく、常日頃から作りためたりするなかで、思いついた瞬間に出せるおもしろさはありますね。

パスピエ

――テクノロジーの活用でライブも大きく変わりますが、取り入れてみたいですか?

大胡田なつき:私はすごく興味があります。今、4人プラスドラマーという形で活動しているんですけど、さらに「プラス」をしてみたいと思っているんです。他の楽器の方とか、映像の方とか、アートワークでもコラボレーションしてみたい。バンドだから何人でやらないといけない......みたいな枠は考えずに、いろんなものと交わって生まれるものもあるなって。


■学生クリエイティブチームとコラボ「イノベーションなライブをしたい」

パスピエが出演するイノフェスは、各界でイノベーションを起こす著名人によるトークセッションや、テクノロジーを取り入れたライブパフォーマンスなどが楽しめるイベントだ。28日(土)と29日(日)の2日間、六本木ヒルズにて。

パスピエは、筑波大学学生クリエイティブチームの「Nu Ink.」とコラボレーションしてライブを行う。取材をした日は、学生との打ち合わせを終えたあとだった。どんな手応えを得たのだろうか?

パスピエ

――パスピエは「Nu Ink.」がコラボレーションしたいアーティスト1位に選ばれ、イノフェスでのコラボレーションが実現しました。

大胡田:びっくりしましたし、本当に嬉しくてニヤニヤしました(笑)。コラボレーションに興味のある時期なので、どういうことができるんだろうなってワクワクしています。打ち合わせでも、テクノロジーは私の専門分野ではないので、「そういうことができるんだ」という発見がありました。

パスピエ

露崎義邦:僕たちとは世代の違う方のアイデンティティやアンテナを共有できることも嬉しいですね。

成田:僕らは僕らでパスピエのステージを最大限にやって、そこにNu Ink.のクリエイティブも加わって......お客さんがどんなふうに感じるか楽しみです。「イノベーション」っていい言葉ですよね。イノベーションなライブがしたい。コラボをする学生さんもお客さんも一期一会で、ここでしか味わえない経験だと思うので、存分に楽しみたいと思います。

大胡田:私たちも思いもよらないことが起こるかも。ドキドキしています。

三澤勝洸:いつものパスピエとはまた違った一面を見ていただけると思いますし、僕ら自身も見られるかもしれないと期待しています。一緒に楽しみましょう!

露崎:後にも先にもないようなパスピエのライブになると思います。僕たちも楽しみなので、ぜひご覧ください。

イノフェスは現在、チケットが発売中。詳しくは公式ページをチェック!

パスピエ

(取材・文=西田友紀、写真=加藤アキヤ)

■開催概要
タイトル: J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2019 supported by CHINTAI
日時: 2019年9月28日(土)、29日(日)
場所: 六本木ヒルズ
チケット: レギュラー1日券 \2,800(税込) / 2日券 \5,000(税込)
プレミアム1日券 \10,000(税込) / 2日券 \19,000(税込)

【レギュラーチケット】
・イベント開催中、プレミアム専用エリアを除く全てのエリアにアクセスできるチケットです。
・入場規制の際にはご入場いただけない場合がございます。

【プレミアムチケット】
・イベント開催中、プレミアム専用エリアを含む全てのエリアにアクセスできるチケットです。
・各エリアにおいて優先的にご入場いただけます。※入れ替え制のプログラムに限る
・入場規制の際にはご入場いただけない場合がございます。
・プレミアム専用ドリンクバーを無料でご利用いただけます。
主催: J-WAVE / 筑波大学
特別協賛: CHINTAI
企画制作: J-WAVE / 筑波大学 / HOT STUFF PROMOTION / Nu Ink.
イベントHP: https://www.j-wave.co.jp/iwf2019/

■9月28日(土) 登壇イノベーター ※五十音順

◆AmPm(アーティスト)
◆池澤あやか(タレント/エンジニア)
◆石川善樹(予防医学研究者)
◆井上博夏(JAXA研究開発員)
◆大坂武史(Activ8株式会社 代表取締役)
◆亀田誠治(音楽プロデューサー)
◆河口まなぶ(モータージャーナリスト)
◆川田十夢(AR三兄弟 長男)
◆キズナアイ(バーチャルタレント)
◆草野絵美(アーティスト)
◆KREVA(アーティスト)
◆古坂大魔王(芸人/ピコ太郎プロデューサー)
◆桜木健二(佐渡島庸平)(VTuber)
◆齋藤精一(ライゾマティクス代表)
◆ジェイ・コウガミ(デジタル音楽ジャーナリスト)
◆鈴木貴歩(エンターテック・アクセラレーター)
◆田端信太郎(株式会社ZOZO執行役員 コミュニケーションデザイン室長)
◆田原総一朗(ジャーナリスト)
◆中田敦彦(オリエンタルラジオ)
◆VERBAL(m-flo/PKCZ(R))
◆原田尚美(JAMSTEC上席研究員)
◆堀潤(ジャーナリスト)
◆本間希樹(天文学者/ブラックホール撮影者)
◆吉田朱里(NMB48)
and more!

■9月28日(土) ライブ出演アーティスト ※五十音順

◆AI Tommy(AIアーティスト)
◆EXILE SHOKICHI
◆パスピエ feat. Nu Ink.
◆VELTZ
◆松武秀樹(Logic System)
◆Renick Bell
and more!

■9月29日(日) 登壇イノベーター ※五十音順

◆天野春果(TOKYO2020組織委員会イノベーション室エンゲージメント企画部長)
◆市原えつこ(メディアアーティスト)
◆宇野常寛(評論家/PLANETS代表)
◆江渡浩一郎(メディアアーティスト/産総研主任研究員)
◆落合陽一(ピクシーダストテクノロジーズ代表/メディアアーティスト/筑波大学准教授)
◆川田十夢(AR三兄弟 長男)
◆小泉文明(メルカリ取締役社長兼COO)
◆佐渡島庸平(編集者)
◆☆Taku Takahashi(m-flo,block.fm)
◆谷尻誠(建築家)
◆土屋敏男(テレビプロデューサー)
◆西村真里子(HEART CATCH代表)
◆羽生善治(将棋棋士)
◆ハヤカワ五味(ファッションデザイナー)
◆平井理央(フリーアナウンサー)
◆箕輪厚介(編集者)
◆三宅陽一郎(ゲーム開発者)
◆暦本純一(東京大学院教授)
and more!

■9月29日(日) ライブ出演アーティスト ※五十音順

◆赤坂陽月(即興音楽家/僧侶)
◆indigo la End
◆AKB48 feat. ☆Taku Takahashi(m-flo,block.fm)/ m plus plus / BENZENE by VMTT / SYMDIRECT / AI Tommy
◆せきぐちあいみ(VRアーティスト)
◆テクノコント(川田十夢、ラブレターズ、男性ブランコ、マツモトクラブ、ワクサカソウヘイ、おぐらりゅうじ、藤原麻里菜)
◆モーリー・ロバートソン(DJ/ジャーナリスト)
and more!

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。