音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
インフルエンザの予防には「紅茶」がおすすめ! 医師が理由を解説

インフルエンザの予防には「紅茶」がおすすめ! 医師が理由を解説

J-WAVEで放送中の番組『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』。1月15日(火)のオンエアは、おやすみ中の別所哲也に代わり、nicoがナビゲート。「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」のコーナーでは、インフルエンザが猛威をふるうこの時期に知っておきたい「紅茶」の健康効果に注目。イシハラクリニック副院長、石原新菜さんに話を伺いました。


■紅茶ポルフェノールがインフルエンザ感染を阻止!

石原さんによると、紅茶には、この時期に注目の健康効果があります。

石原:最近の研究で、紅茶がインフルエンザの感染を阻止することがわかりました。インフルエンザウイルスの表面には“スパイク”と呼ばれる突起状のタンパク質がたくさん出ていて、スパイクが私たちの気道の粘膜にくっついて、体内に入って感染するんです。
nico:なるほど。
石原:でも「紅茶ポリフェノール」がこのスパイクにくっついて、突起がなくなるようなイメージになり、感染を阻止できると言われています。


■一度使ったティーバッグでもOK

インフルエンザ対策として紅茶を飲む場合の、上手な取り入れ方を伺いました。

石原:紅茶ポリフェノールが入っていればウイルスをブロックする効果は変わらないので、どんな銘柄、種類でも大丈夫です。ノンカフェインでもOK。一度使ったティーバッグを再使用して、薄くなった紅茶でも効果が期待できます。紅茶の赤い色素“テアフラビン”といわれているポリフェノールに、そういった効果が強いようです。
nico:飲み方のポイントを教えてください。
石原:この時期はインフルエンザがとても流行していますから、できれば毎日、紅茶を飲んでほしいです。研究の結果では、紅茶を毎日飲んでいる人と、飲んでいない人とでは、インフルエンザの発病率が9.7パーセントも違うことがわかっています。できれば毎日、もっと言えば1日に2、3回、こまめに飲んだほうがいいと思います。

どうしても紅茶が苦手……という人は、うがいをするのも効果が期待できるとか。

石原:紅茶でうがいをした場合、インフルエンザウイルスは15秒で感染する力がなくなると言われています。紅茶うがいも、一度使ったティーパックを使った紅茶でも効果があります。

インフルエンザにかかると、自分がつらいだけでなく、周囲にも気を遣いますよね。ぜひ、日々に紅茶を取り入れてみてください。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン