音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
THE COLLECTORS・加藤ひさし、東京の「モッズシーン」を語る

THE COLLECTORS・加藤ひさし、東京の「モッズシーン」を語る

J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「TOKYO GAS LIFE IS A GIFT」。11月24日(土)のオンエアでは、THE COLLECTORSの加藤ひさしさん(Vo.)に、80年代に生まれた、東京のモッズシーンについて伺いました。


■そもそも「モッズ」とは?

加藤ひさしさんと古市コータローさん(Gt.)を中心に、1986年に結成されたTHE COLLECTORS。1987年にメジャーデビューを果たし、2017年に30周年を迎えました。

11月23日(金)から、モッズシーンと平行して走っていた時代にスポットを当てた、ドキュメンタリー映画『THE COLLECTORS~さらば青春の新宿JAM~』が公開中です。

『THE COLLECTORS~さらば青春の新宿JAM~』
●『THE COLLECTORS~さらば青春の新宿JAM~』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=3xY1SFJgfk4

「モッズ」とは、1960年頃にイギリスの若い労働者の中から生まれたカルチャー。「モダニスト」という言葉から、「モッズ」という呼び名になった、という説があります。ジャズやR&Bなどを嗜み、細身のジャケットやスラックス、イギリスのファッションブランド「FRED PERRY(フレッドペリー)」のポロシャツ、モッズコートなどに身を包み、スクーターに乗る、そんなイメージを持つのがモッズです。

1979年、イギリスのバンド・The Whoがプロデュースした映画『さらば青春の光』の公開をきっかけに、日本にモッズが輸入されるようになりました。加藤さんは当時を以下のように振り返ります。

加藤:当時、パンクファッションが流行ってたんですよ。革ジャンに破れたジーンズ、髪をツンツンさせるみたいな。でも、「モッズのほうがカッコイイじゃん!」「反抗的じゃん!」と思いました。

■東京モッズシーンの黎明期

日本にモッズが浸透し始めた80年代の東京を取り巻く状況は、どんなものだったのでしょうか。

加藤:パンクがまだまだ人気があり、YMO的なテクノポップがあり、このふたつが時代の最先端でした。なので、モッズシーンに音楽誌とかがスポットライトを当ててないわけです。唯一、ネオモッズとして活躍していたのが、ポール・ウェラー率いるThe Jam。でも、彼らも全英だと1位になるけど、全米になるとベスト100にも入らないような、本当にイギリス的なバンドだったんです。全く音楽誌から情報が入ってこない。

そんな中、しっかり情報を伝えていたのが、『ホットドッグ・プレス』や『POPEYE』などのファッションカルチャー誌でした。

加藤:雑誌に書かれていることを読んで、そういう靴を探す。イギリスに行くっていう友だちがいると、1万円を握らせて、「襟に2本ラインの入ってる、月桂樹のマークが入ってる『フレッドペリー』のポロシャツを買って来てね」とか頼む。そういう感じだよね。本当に情報がなかった。


■モッズとは「スマートで一歩半先をいく」

23枚目のアルバム『YOUNG MAN ROCK』をリリースしたTHE COLLECTORS。今の加藤さんが考える「モッズ」とは、どんなものなのでしょうか。

加藤:新譜のジャケットが、不覚にも短パンで写ってしまったので、「俺はずっとモッズだ!」って言うのは抵抗があるんですけど(笑)。モッズってね、いろんなタイプがあるんですよ。だからそれなりに姿や形を変えていくんだけど、共通して言えることは、とてもスマート。いつの時代のモッズを見ても、やってることがスマートなんだよ。人の一歩半くらい先をいってんの。だから、ファッションも多少変わっていくんだけど、スマートで一歩半先をいくっていう、このフィーリングを持っているやつがモッズだと俺は思ってる。

さらに、「自分はそうあり続けている」と話します。

加藤:「ちょっと先行ってんじゃね?」って思うようなことを、その時代その時代でやっていくことで、いつの間にかそういう連中がたくさん増えて、もっともっと楽しいことが、いろんなシーンで増えていくんじゃないかと思ってる。だから、そのスピリッツをこれからも広めていくのが、俺のひとつの仕事かなと思っていますね。

THE COLLECTORSの今後の活躍、映画『THE COLLECTORS~さらば青春の新宿JAM~』、どちらも注目です!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『RADIO DONUTS』
放送日時:毎週土曜 8時-12時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン