音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ビッケブランカ、「この曲で一緒に旅に出よう」と言われたかっこいいエピソードって?

ビッケブランカ、「この曲で一緒に旅に出よう」と言われたかっこいいエピソードって?

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。11月21日(水)のオンエアでは、ビッケブランカさんが登場。2ndアルバム『wizard』や、冬のドライブで聴きたい曲について伺いました。


■1曲、1曲に魔法がある

オンエア日の21日は、ビッケブランカさんのメジャー2ndアルバム『wizard』のリリース日ということで、アルバムのタイトルについて訊きました。

ビッケブランカ:12曲入りのアルバムなんですけど、11曲くらい出揃ったときには、まだ曲にさえタイトルがない状態でした。まずアルバムにタイトルをつけないとなと思って考えたときに、僕が魔法使いだと言いたいわけではなくて、曲に1曲ずつ魔法があると。そういう意味で「wizard」っていいかなと。

番組ではアルバムの中から『まっしろ』をオンエア。この曲は、ドラマ『獣になれない私たち』の挿入歌です。ドラマの演出は、映画『舞妓Haaaan!!!』や『謝罪の王様』の監督・水田伸生さんです。

ビッケブランカ:水田さんが指名してくださったんですよね、僕を。「バラードちょっと書いてみない?」って言われて。すごいかっこいい方なんですよ。それで、序盤の何話かの台本をいただいて、キャラクターを理解して書いてみたっていう感じですね。
サッシャ:出来上がって持って行った反応は?
ビッケブランカ:メールの文言だったんですけど、「この曲で一緒に旅に出よう」って。
サッシャ:うわー!
寺岡:かっこいい(笑)!
ビッケブランカ:そんな事言えます? イカし過ぎてますよ! かっこよかった。ほんとに感謝してますね。


■家族旅行のワンシーンを思い浮かべた1曲

番組後半は、冬のドライブに欠かせない1曲をセレクトしていただきました。ビッケブランカさんが選んだのは、Martin Garrix & David Guettaの『So Far Away』。

ビッケブランカ:冬というと、昔した家族旅行で北海道にいったんですね。釧路空港に着いて、そこからどこかに向かう一本道を未だに忘れられないんです。
サッシャ:冬?
ビッケブランカ:そうです。寒くて、左右に雪があって。その長ーい道をレンタカーで4人で走ったっていう思い出がすごく強いので、その道で聴きたい曲ですね。当時だったら僕は何を聴いたかな。the brilliant greenとか聴いたと思いますね。
サッシャ:当時はね?
ビッケブランカ:今だったらこの曲だったかもしれないですね。似合うなと。寂しさと壮大さと絶妙なバランスがある。

来年1月からは『WIZARD TOUR 2019』がスタートするビッケブランカさん。東京公演は、2月10日(日)Zepp Tokyoです。ぜひチェックしてみてください!

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』
放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン