音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
【30周年】ゴスペラーズが大トリを飾る! グッドミュージックで六本木ヒルズを包んだイベント 「TSE」10月8日レポート

【30周年】ゴスペラーズが大トリを飾る! グッドミュージックで六本木ヒルズを包んだイベント 「TSE」10月8日レポート

J-WAVEが2018年10月1日で、開局30年を迎えた。それを記念して、10月1日~8日に六本木ヒルズにてフリーイベント「J-WAVE 30th ANNIVERSARY FESTIVAL TOKYO SOUND EXPERIENCE(以下、TSE)」を開催した。

TSEのメイン会場となる六本木ヒルズアリーナでは、特設スタジアム「J-WAVE 30th ANNIVERSARY ARENA」が出現し、入場無料のライブステージを開催。日替わりで登場するアーティストのライブパフォーマンスを通して、来場者らは“これまでの”、そして「OVER THE WAVE」した“これからの”、J-WAVEサウンドを体験した。

六本木ヒルズの大屋根プラザは、J-WAVEと同じく今年30周年を迎える「BLUE NOTE TOKYO」とのコラボステージを展開。JAZZと中心に国内から世界で活躍する豪華ミュージシャンが連日ラインナップする入場無料のJAZZ CLUBが登場した。BLUE NOTE TOKYO がプロデュースするフードやドリンクも販売され、音楽/ライブの魅力を発信した。ここでは8日の様子を写真とともにお届けする。

藤原さくら

この日、「アリーナ」のステージに立った最初のアーティストは、スモーキーな美声が魅力の藤原さくらだ。今年リリースしたミニアルバム『green』『red』から、『Sunny day』『また明日』など、ゆったりとした曲をメインに歌唱。『The Moon』では、お昼のアリーナが深夜のようなしっとりとした空気に包まれ、観客もじっと聴き入っていた。

藤原さくら

ねごと

「よければ立って一緒に楽しみませんか?」エレクトロニック ロック バンド・ねごとのステージは、アリーナ総立ちでスタート。『カロン』から始まり、心地よい繋ぎで次々と力いっぱい曲を奏でていく。オーディエンスもそれに応え、手拍子が鳴り響く場内でダンサブルな楽曲を中心に、ラストの『アシンメトリ』まで計6曲を披露。パワフルかつキュートなステージを繰り広げた。

ねごと

さかいゆう

さかいゆうは、「9年前の昨日(2009年10月7日)が発売日だったんです」と、デビュー曲『ストーリー』からスタート。交通事故で亡くなった親友に捧げた『君と僕の挽歌』や、カーペンターズ『Close to You』のカバーなどを、透明感のある伸びやかな声で歌い上げた。

クリス・ペプラー

J-WAVEリスナーにはお馴染み、クリス・ペプラーがボーカルを務めるNONE THE WISERも最終日のアリーナに登場。「人前で演奏するのは、今日で三回目なんです。J-WAVEっぽくないサウンドですが、盛り上げてください」と笑いを取りつつ、重厚感のあるロック・サウンドを響かせる。終盤には、先に登場したさかいゆうがサプライズゲストとして再びステージ上に。クリスと一緒にSLY & THE FAMILY STONEの『THANK YOU』のカバーを披露。ジャムセッションによる音楽の魅力で、超満員のアリーナを熱狂させた。

NONE THE WISER

さかいゆう+NONE THE WISER

ゴスペラーズ

アリーナの大トリにはゴスペラーズが登場。『ひとり』から始まり、新アルバムの収録曲『Sweetest Angel』も初披露。来年25周年を迎える彼らの、これまでとこれからを濃縮したようなセットリストに。美しいハーモーニーで、夜の六本木を彩った。学生時代にJ-WAVEで流れるCMソングを歌唱した思い出話にも花が咲き、「J-WAVEでかけてもらえるような、いい曲を作っていきたい」と、笑顔でライブを締めくくった。

ゴスペラーズ

BOKANTE

8日間にわたるイベントもこの日が最終日。「大屋根プラザ」にまず登場したのは、BOKANTÉ(ボカンテ)。3度のグラミー賞に輝くスナーキー・パピーのマイケル・リーグがスタートさせたユニットだ。初来日となる彼らは、この日だけの特別編成で、立ち見客で溢れる大屋根プラザをハイブリッド・ワールドミュージックで魅了した。なお、一部と二部で異なるセットリストを用意。大歓声と拍手が鳴りやまぬ中、グルーヴ感満載の楽曲でアンコールまで駆け抜けた。

寺井尚子

「大屋根プラザ」の大トリをつとめたのは、デビュー30周年を迎えるジャズ・ヴァイオリニストの寺井尚子。あざやかなドラム、極上のグルーヴを奏でるベース、存在感を放つピアノ、そして寺井の情熱あふれるヴァイオリン。音が絡みあう迫力のステージに、観客もスタンディングオベーションで熱狂した。

寺井尚子

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン