音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
大橋トリオ、「おとぎ話」のような世界観で…笑いとハッピーが溢れるステージ!

大橋トリオ、「おとぎ話」のような世界観で…笑いとハッピーが溢れるステージ!

J-WAVE主催のライブイベント「J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2018 supported by antenna*」の2日目が7月15日(日)、横浜アリーナにて開催。音楽シーンの最前線で活躍するJ-WAVEと縁の深い全20組のアーティストが、3日間にわたってステージを繰り広げました。ここでは15日の2組目に登場した大橋トリオのライブの模様をお届けします!

バンドメンバーが奏でるアンサンブルの中、ステージに登場した大橋トリオ。ギターを担ぐと1曲目に披露したのは、外の暑さを忘れさせてくれるような涼やかなナンバー『鳥のように』。オーディエンスは手拍子で応えます。

大橋トリオ
演奏が終わると大橋は、自身の前に出演していたレキシが大橋の出演順をバラしてしまったことに「コラ!」とツッコミ。「乗っかっちゃおうかな」と、レキシがステージで使っていた犬のぬいぐるみを取り出し、自分の横に座らせてピアノを奏で始めます。シュールな絵面に客席から笑い声が漏れつつも、観客は『はだかの王様』の歌詞が作り出す、おとぎ話のような世界観に、いつしか聴き入っていました。

犬のぬいぐるみと大橋トリオ
そして今年リリースしたアルバム『STEREO』からアップテンポなビートが気持ちいい『VENUS』に。キャッチーなサウンドと跳ねるように軽やかなリズムに、会場も手拍子で盛り上がります。

大橋トリオ
これまで3年連続、様々なアーティストをボーカルに迎えたスペシャルバンドのマスターとして、「SUMMER JAM」のステージに立ってきた大橋。これまでを少し振り返りつつ、「今年は大橋トリオとして、出てみようと」と4年目のステージへの意気込みを語ると、会場から大きな拍手が送られました。

大橋トリオ
そこからハートフルな歌詞が心を踊らせる『そんなことがすてきです。』、そしてラストはハッピーなサウンドが体を踊らせるナンバー『面白きかな人生』で会場を熱気に包みました。思わぬハプニングも会場を沸かせるタネにし、素晴らしいパフォーマンスで12000人を魅了した大橋。最後に「次のアーティストは……」と、ひと笑いを残しステージをあとにしました。

【セットリスト】
01. 鳥のように
02. はだかの王様
03. VENUS
04. そんなことがすてきです。
05. 面白きかな人生


【出演順】
Opening Act:NakamuraEmi

レキシ
大橋トリオ
ハナレグミ
スキマスイッチ
平井 堅
ユニコーン

Photo by Tsukasa Miyoshi(Showcase)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン