音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
K、3年ぶりのフルアルバムはどんな感覚?

K、3年ぶりのフルアルバムはどんな感覚?

J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。1月18日(木)のオンエアでは、シンガーソングライターのKさんをお迎えしました。

1月24日(水)に3年ぶりのフルアルバム「Storyteller」をリリースするKさん。この作品では、Kさんはほとんど歌詞を書かずに、プロデューサーの寺岡呼人さんが書いた歌詞や文章にメロディをつけたそう。ストーリー性の強いアルバムで「役者さんが台本をもらってキャラを作るのに近いような感覚。こういう楽曲を作りたい、こういう人を演じてみたいというような演じる側に行った感じがします」(Kさん、以下同)と語りました。

寺岡さんとの制作作業については「『Piano』という曲をもらったときに、僕のことを理解してくださっている感じがしました。高校生のときから弾いてたピアノのこととかも、当時に戻ったような感じがしてて」とのこと。

また、「制作に入ったのは1年2ヶ月前。レコード会社が変わるタイミングで、どのタイミングで出すかは考えず、ゴールを作らずに制作を始めたのは初めてでした。本当に自由に作って…曲ができてからも時間があるので、ワンチャレンジ、ツーチャレンジできた。僕のパソコンには歌詞は一緒で、メロディが違う楽曲がいくつもあって、音楽家としては充実した期間だったと思います」と今作での挑戦について振り返りました。

オンエアではスタジオライブで、最新アルバムの収録曲の中から「プリテンダー」のピアノ弾き語りを披露していただきました。

トーク後半では、リスナーの質問にKさんが答えてくれました。「お嬢さんに読み聞かせすることはありますか? ママやおじいちゃんのも読み聞かせ上手そうですね」という子育てに関する質問には「僕はわりとハングルの本を読んだりするんですけど、おじいちゃんはオリジナル化していくんですよね(笑)。どんどん替え歌みたいになっていくという。でも子供は好きみたいで」とKさん。さらに「うちはとにかく情報量がすごいので、大丈夫なのかなって。本当に無口な娘になるか、めちゃめちゃしゃべる娘になるかどっちかでしょうね(笑)。みんな、家でしゃべってるんですよ」と明かしていました。

ニューアルバムのリリース後、2月からはツアー「live K tour 2018~Storyteller~」をスタートします。東京公演は2月4日(日)日本青年館ホール。「アルバムの楽曲を中心にやりたいと思います! アルバムの音色も使いながら、ライブだからあえて変えてみるのも考えています。まずはアルバムをしっかり聴いて、イメージしてくださると!」とリスナーに呼びかけました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時-16時30分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン