音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
様々な体調不良の原因は○○にある?

様々な体調不良の原因は○○にある?

タイムフリー

J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。3月6日(月)のオンエアでは、東京有明医療大学教授で医師の川嶋朗さんに、「あるモノが不足して起こる、体の不調」に関する問題を出題してもらいました。

Q:疲れや肌荒れ、ネガティブ思考、ストレス、集中力不足、肩こりなど、その不調の原因は“あるもの”が不足しているからかもしれません。その不足しているものとは何でしょう?

1.水
2.酸素
3.カルシウム


別所は「水とか酸素じゃないんじゃない? でもカルシウム不足は骨だしなあ…酸素かなあ…やっぱり3番でしょうね」といろいろ悩んで、3の「カルシウム」を選択しました。

気になる答えは…2の「酸素」でした! 川嶋さんによると、人体のなかで最も酸素を必要とするのは脳で、体内に取り込んだ酸素の25%を脳が消費していると言われているのだそうです。しかし口呼吸や胸だけの浅い呼吸は、体が必要とする酸素を取り切れずに酸素不足に陥ってしまい、結果、その呼吸の仕方で、自律神経のバランスや脳波、脳内ホルモンの分泌、心理状態や頭の回転、生活習慣病の予防にまで影響を与えるのだそうです。

逆に呼吸に気をつければ、全身にさまざまな良い変化が起きます。自律神経に直接働きかけることができ、深い呼吸を心がければ体内にたくさんの酸素が取り込まれ、血流がよくなりリラックス状態をつくる副交感神経が活性化。その結果、ストレスがなくなって免疫力アップにつながるのだそうです。

もう一つ、深い呼吸はリラックスしているときや、集中しているときに出る脳波“アルファ波”の量を増やすとのこと。人間が最高のパフォーマンスを発揮できるのは、アルファ波が出て体がリラックスし、さらに集中力が高まった状態のとき。ということで、川嶋さんに「パフォーマンスがアップする簡単な呼吸法」をひとつ紹介してもらいました。

「5秒で吸って10秒ではく」、この15秒をひと呼吸として、これを10回繰り返します。このときお腹を使った腹式呼吸を行うのがポイントです。呼吸が及ぼすさまざまな不調の原因や集中力不足の解消はまず呼吸から。是非お試しください!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聞き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時-9時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。