音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
イタリアでは「17日の金曜日」に要注意…

イタリアでは「17日の金曜日」に要注意…

J-WAVE金曜6時からの番組「~JK RADIO~TOKYO UNITED」(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「TOKYO CROSSING」。5月13日はいわゆる「13日の金曜日」ということで、この日のオンエアでは、イタリアと中国の“不吉だと言われている数字”を紹介しました。

まずは、イタリアの不吉な数字をローマの村本幸枝さんにお聞きしました。村本さんによると、イタリアで不吉だと言われているのは「17日の金曜日」。理由は、ノアの方舟でも知られる旧約聖書に出てくる「大洪水」が、ある月の17日に始まったと言われているから、キリストが処刑されたのが金曜日だったから…などが挙げられるそうです。イタリアの中でもとくに迷信深いナポリでは、17という数字そのものが災いや不運の象徴と信じている人も少なくありません。たとえば、17日の金曜日には絶対に飛行機に乗らないという人もいるそうです。

また、イタリアではお花を贈る人が多いですが、その際、通常は奇数にするそうです。

「偶数のお花は葬儀やお墓に供えるのが一般的です。ただし、奇数の中でも17だけは避けます。17号室がないホテルや17列のシートがない劇場などもあります」(村本さん)

ただし、食卓では事情が変わってくるそうで…

「食卓の場合は17ではなく、13を気にします。最後の晩餐がキリストと12使徒だったため、食事会の人数が13人になるときは無理矢理1名増やしたりすることもあります」(村本さん)

ジョン・カビラも「この情報を知っていれば、誰かと一緒にイタリアを旅行した時も自慢できますね」と感心しきり。

続いて、All About北京ガイドの鈴木晶子さんに、北京の不吉な数字を教えてもらいました。鈴木さんによると、避けられているのは「4」と「7」。4は中国語の読み方が「死」と発音が近いことから。7は「気(怒る)」と発音が近いことから避けられているそうです。

「さらに74は『気死(めちゃめちゃ怒る)』『妻死(妻が死ぬ)』と発音が近いことから、嫌がられます」(鈴木さん)

逆に、好まれる数字もあります。8「発(発展)」9「久(永遠)」6「流(順調)」とそれぞれ発音が近いことから好まれる数字だそうです。ナンバープレートの場合「896」は値段が釣り上がるそうです。ラッキーな数字なら良いですが、イタリアでは17、中国では4と7だけは気をつけたいものです。

【関連サイト】
「~JK RADIO~TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

海外の「保育園事情」 学ぶべきはフランス?(2016年4月8日)
https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1339.html

アメリカ・中国から見る 日本との就職活動の相違点(2015年8月1日)
https://www.j-wave.co.jp/blog/news/2015/08/post-1091.html

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。