音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
フリースタイルピアニスト・けいちゃんは、“不正解のない音楽”で日本の音楽シーンを引っ張っていく

フリースタイルピアニスト・けいちゃんは、“不正解のない音楽”で日本の音楽シーンを引っ張っていく

街に置かれたピアノで披露する、超絶技巧の演奏──ストリートピアノ動画で一躍注目を集めた、けいちゃん。YouTubeチャンネルは登録者数100 万人を突破。自身を「フリースタイルピアニスト」と形容する彼は、今年6月に初のオリジナルアルバム『殻落箱』をリリースし、アーティストとしての今後がますます期待される。

今回はそんなけいちゃんに、音楽ルーツやアルバム制作の裏側、ファンへの想いをインタビュー。10月10日(日)に出演する「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2021 supported by CHINTAI(通称イノフェス)」への意気込みも聞いた。

洗練されたピアノサウンド。音楽ルーツはクラシックだけじゃなく…

――まずは、けいちゃんの最近の活動ついて伺います。6月30日に初のオリジナルアルバム『殻落箱』をリリースされましたね。このアルバムには多種多様な楽曲が収録され、けいちゃんの音楽的な奥行きの広さに驚きました。楽曲の制作はどのように行われているんですか?

けいちゃん:基本的には、歌ものもインストの曲も僕が最初、ピアノで作曲をします。それからある程度のベースやドラムを打ち込んで、アレンジャーさんにお渡しして、一緒にブラッシュアップする形で今回は制作を進めました。

――けいちゃんの楽曲はギターやベース、ドラムなどピアノ以外の楽器もしっかりと鳴っている印象でした。クラシックだけでなくポップスやジャズなどいろいろな音楽のエッセンスを感じます。これまでどんな音楽を聴かれてきたんですか?

けいちゃん:幼少期、特に小学生の頃はほとんどクラシック。9割クラシック、残りの1割でSMAPやKAT-TUNといった、いわゆるポップスを聴いていました。中学生になってからボカロやバンドサウンドに出会うんです。RADWIMPSやUVERworldをよく聴いてましたね。そして高校でジャズを聴くようになる流れですかね。

――納得しました。洗練されたピアノサウンドが中心にありながらも、しっかりとポピュラリティーを意識しているなと思ったんですよね。

けいちゃん:そうですね。今回のアルバムはクラシックやポップス、ジャズなどの音楽エッセンスが混ざり合ったサウンドになっているのかもしれません。

作詞にも挑戦!「不自然な日本語をあえて使ってみたら…」

――今回のアルバムでは、作詞にも挑戦されましたね。

けいちゃん:そうなんです。作詞は初めてで、最初はどうやって書いたらいいのか全然わからなくて……。いろんな歌の歌詞を見たりしながら、パッと思いついた言葉を連想ゲームのように出していきました。不自然な日本語をあえて使ってみたら少しオシャレになるかなと、言葉を出していくと意外と楽しくて(笑)。楽しいと感じてからは、意外とすんなりと言葉が出てくるようになりましたね。

――詞を書くときは、メロディーをもとに言葉を想像していく?

けいちゃん:基本的にはそうですね。言葉先行ではなくて、あるメロディーに突然、言葉がふと出てくることがあって、それをキッカケにバーって言葉を広げていく感じです。

――リリースして少し時間が経ちましたが、けいちゃんが特に気に入ってる曲を教えてください。

けいちゃん:気に入っているのは、「パスピエ」と「√Future」ですかね。「√Future」は、”THEフリースタイルピアノ“って感じがしていて。ピアニストなんだけど歌も歌うという自分の活動の根源にあるものが表現できたというか、今の僕のすべてが詰まっているような感じがしています。「パスピエ」は単純にメロディーが好きなのと、制作にいちばん時間が掛かったので愛着が湧いていますね。

「パスピエ」けいちゃん MV

「√Future」けいちゃん MV

フリースタイルピアノには正解がない

――活動当初から表現の場でYouTubeを選択するなど、常に先を見据えて行動されているという印象があるんですが、なぜYouTubeだったのでしょう。

けいちゃん:ピアニストになるのが小さい頃からの夢で、今の時代はネットを使うのがいちばん有名になる近道だろうなと常々思っていたんです。そんなときにYouTubeを観ていたら、ストリートでピアノを弾いている動画見つけて、「これだ!」って。僕もやってみようと思って、演奏した動画をアップしたのが、スタートなんです。

――クラシックというフィールドからストリートという自由なフィールドに惹かれた理由はありますか?

けいちゃん:“フリースタイルピアノ”って自称し始めたのは、YouTubeを始めて3ヶ月くらいだったと思うんですけど、クラシックって再現の芸術なんですよね。例えば、楽譜に忠実に演奏しなければならないとか。でも“フリースタイルピアノ”には正解がない。気楽に自分の気持ちを解放できるのが楽しいなって思ったんです。もちろんクラシックも大好きだし、洗練された音楽も好きなんですけど、そういう不正解がない音楽が自分にいちばん合ってるかなって。

【ストリートピアノ】駅で「紅蓮華」を弾いたらこども達が合唱して奇跡的な演奏になった!?

――なるほど。最近はけいちゃんをはじめ、いろんなピアニストの方がYouTubeやバラエティ番組などに出演し、世に出てきています。個人的にはピアノという楽器がより身近な存在になったと思っているんですが、この状況についてはどう考えていますか?

けいちゃん:ピアノという楽器をこんなにも好きでいてくれる人がいるんだという事実はすごくうれしいですね。ここ最近、急激に人気が出ていて「ピアノをはじめましたと」いう声も多くいただいていて、本当にうれしいなって思います。

――ピアノがより身近になった今、未来について見据えているものはありますか?

けいちゃん:ネットと寄り添っていくことがこれからの時代の在り方だと思うので、ネットを通じて皆さんと一緒に成長していくスタイルというのが良いのかなと思っていますね。この規模感をどんどん大きくしていくために、“YouTuberとしてのけいちゃん”と“アーティストとしてのけいちゃん”をうまく両立しながら日本の音楽シーンを引っ張っていける存在になりたいなとは思っています。

自分の音楽で人を救うことができる―ファンとの繋がりで得た気づき

――「ネットを通じて皆さんと一緒に成長していく」とおっしゃいましたが、これまでの活動を経て、ファンの方へどんな想いを抱かれていますか?

けいちゃん:ファンの人の力は本当にすごくて。本当は一人ひとりに感謝の気持ちを届けたいんですけど、なかなか難しいし、うまく伝わらないこととかもあると思うんです。ファンの方たちがいないと今の僕はいないし、ファンの人たちの支えがあるからこそ喜ばせたいと思えるし、活動を頑張れるというのがすごくあって。これからもずっと恩返ししていきたいので、一緒に歩んでくれたらうれしいなって思っていますね。

――ちなみに、YouTubeのコメントを読んだりはしますか?

けいちゃん:読みますよ!

――それは、ファンの方もうれしいですね! これまでで印象に残ったコメントはありますか?

けいちゃん:センシティブな内容になっちゃうけど、以前生きるのがつらいと言っていた方が「けいちゃんのピアノを聴いて、ちょっと心を改めました」というコメントを残してくれていて。そのコメントを見たときは、僕が音楽をやることで人の命を救えるのかって。自分に対して言われたことなんですけど、すごいなって思いました。

――それはすごいな。それだけ、けいちゃんの音楽が心に響いたってことですもんね。

けいちゃん:本当に、すごいことですよね!

テクノロジーと音楽の組み合わせで広がる可能性

――そして、今回「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2021 supported by CHINTAI(通称イノフェス)」に出演されますね。このフェスでは最新テクノロジーを駆使したライブパフォーマンスやスタートアップによるテクノロジー体験エリアなどを楽しむことができます。ちなみに、けいちゃんが最近気になっているテクノロジー、イノベーティブなことってあったりしますか?

けいちゃん:ARとかVRとかですかね。僕自身、日常で使っているわけじゃないですけど、とても興味があって。今、コロナ禍でライブが無観客になったりしている中で、仮想空間でライブができたら面白いなって思うんですよね。

――なるほど。仮想空間にライブ会場を作ってしまうと。けいちゃんと仮想空間って親和性が高い気がしますね。例えば、ボカロ曲で初音ミクが登場してもいいわけだし。

けいちゃん:仮想空間でのライブならコロナの感染とかも気にならないと思うんですよ。確かに、初音ミクが登場しても面白そう!

――あとは、当日けいちゃんが演奏するローランドのピアノはかなりテクノロジーなモデルですよね?

けいちゃん:そうですよね。正直こんなスタイリッシュなピアノは見たことがないです。カッコいい見た目なのでさぞかしカッコよく僕を写してくれるだろうって思って、楽しみで仕方ないですね(笑)。



――10月10日(日)には、けいちゃんの他にも多くのアーティストが出演します。気になっているアーティストは?

けいちゃん:本当に多種多様な方が出演されるので、ご一緒するのがすごく楽しみですし、パフォーマンスを観ることで勉強にもなるから早く観たいなって思っています。特に楽しみなのは、新しい学校のリーダーズさん、Novel CoreさんやSKY-HIさんも。SKY-HIさんの早口ラップ、すごく好きなんです。

――それでは最後に、当日はどんなライブにしたいと考えていますか?

けいちゃん:ピアノの魅力を最大限に活かせるライブにはしようと思っていて。こういうフェスだから僕のことを知らないお客さんもたくさんいると思うので、そういう方にひとりでも多く、「ピアノという楽器ひとつでこんなにたくさんの音楽が表現できるんだよ」ということを伝えられたらいいなと思っています。

「J-WAVE INNOVATION WORLD FESTA 2021 supported by CHINTAI」は、10月9日(土)、10日(日)に開催。現在オンラインチケット(2日視聴可/¥1,980税込)が好評発売中。けいちゃんは、10日(日)に出演する。10日(日)はほかにも、小室哲哉、SKY-HI 、BE:FIRST、Novel Core、新しい学校のリーダーズなどが出演。詳細は公式サイト(https://www.j-wave.co.jp/iwf2021/)まで。

(取材・文=笹谷淳介)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。