音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
木村文乃が店のBGMで聴いて、タイトルを尋ねるほど気に入った楽曲は?

木村文乃が店のBGMで聴いて、タイトルを尋ねるほど気に入った楽曲は?

J-WAVEで放送中の番組『~JK RADIO~TOKYO UNITED』(ナビゲーター:ジョン・カビラ)のワンコーナー「PLAY IT LOUD!」。4月9日(金)のオンエアには、女優・木村文乃が登場。リスナーとシェアしたい洋楽ナンバーを紹介した。

木村文乃おすすめの楽曲は?

木村がリスナーとシェアしたい楽曲は、アメリカのカントリーグループ・Lady A『Dancin' Away With My Heart』。2011年リリースのアルバム『Own the Night』に収録されているナンバーだ。

Lady A はこれまで「Lady Antebellum」という名で活動してきたが、「Antebellum」が奴隷制と関連を持つ言葉のため、Black Lives Matter運動を受けて、2020年6月にグループ名を「Lady A」に変更した。

Lady Antebellum - Dancin' Away With My Heart

木村:ごはん屋さんで食事をしていたら流れてきて、「なんだろう、この素敵なメロディー」って聞き耳を立てていたら、とっても素敵なハーモニーが聴こえてきました。もともとハモリのある曲がとても好きなので心に刺さって、その場で「この曲なんていうんですか?」って訊いたのが出会いですね。カントリー調の曲なので、聴いているだけで草原にいるような気持ちになれます。草原で座りながら、ギター片手になんとなく歌い出したメロディーで気持ちが一緒になっていく、みたいなイメージで、想像が膨らむ優しくてかわいいメロディーに惹かれますね。

挑み続ける姿が観る者の胸を熱くする

木村は、映画『BLUE/ブルー』に天野千佳役で出演している。

映画『BLUE/ブルー』予告編(120秒)

木村:誰よりもボクシングを愛しているけれど、どれだけ努力しても負け続きの瓜田信人(松山ケンイチ)と、ライバルで後輩だけどボクサーとしての強さなど瓜田がほしいものを全部手に入れている小川一樹(東出昌大)、そして瓜田の幼馴染で小川の恋人である天野千佳、3人のお話です。瓜田はボクシングの才能はないですが、ひたむきに努力し、夢に挑戦し続けています。しかし、ある出来事がきっかけで、瓜田は自身が抱えていた思いを2人の前で吐き出してしまい、そこから3人の関係性が変わり始めてしまう。ただのボクシング映画ではなく、彼らがリングに上がるまでの人間模様を濃く描いている作品です。ぜひご覧ください。

【関連記事】松山ケンイチ「観客に嘘がバレるのが一番ダメ」 ボクサー役で約2年のトレーニング

監督・脚本を務めるのは自身も30年以上ボクシングを続けてきた𠮷田恵輔。流した涙や汗、全ての報われなかった努力に花束を渡したい気持ちでこの映画を作ったと語る。

『~JK RADIO~TOKYO UNITED』のワンコーナー「PLAY IT LOUD!」では、ゲストが「今、一番好きな曲」や「いま一番リスナーと共有したい曲」を紹介。放送は毎週金曜10時20分ごろから。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
番組情報
~JK RADIO~TOKYO UNITED
毎週金曜
6:00-11:30
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン