音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
池田エライザが怯えるほど? 大泉洋、撮影現場での“自責”

池田エライザが怯えるほど? 大泉洋、撮影現場での“自責”

崖っぷち出版社で巻き起こる、クセモノだらけの仁義なき騙し合いバトルを描く『騙し絵の牙』(3月26日公開)がついに完成! 3月3日には都内で“騙し合いバトル開幕式”が行われ、主演の大泉洋、共演の松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、木村佳乃、斎藤工、國村隼、佐藤浩市、そして吉田大八監督が参加した。



【あらすじ】

大手出版社「薫風社」に激震走る!かねてからの出版不況に加えて創業一族の社長が急逝、次期社長を巡って権力争いが勃発。専務・東松(佐藤浩市)が進める大改革で、お荷物雑誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉洋)は、無理難題を押し付けられ廃刊のピンチに立たされる…。 速水は、新人編集者・高野(松岡茉優)と共に、イケメン作家、大御所作家、人気モデルを軽妙なトークで口説きながら、ライバル誌、同僚、会社上層部など次々と現れるクセモノたちとスリリングな攻防を繰り広げていく。嘘、裏切り、リーク、告発――クセモノたちの陰謀が渦巻く中、速水の生き残りをかけた“大逆転”の奇策とは!?

映画『騙し絵の牙』公式サイトより)


会場に吊るされたのは、微笑を浮かべる大泉の顔が大写しにされた縦11メートル×横10メートルの巨大看板。口元に書かれた「大逆転始めましょうか。」という文字が剥がされた場所から、大泉をはじめとするキャスト陣&吉田監督が登場となった。

自身の巨大な口からの登場に大泉は「相当に派手な趣向でやっていただき嬉しい」と大喜びかと思いきや「これだけ大きな自分の顔の口からの登場って……う~ん、あんまり気持ちのいいものじゃない」と天邪鬼で「こんな大がかりなイベントをやっていただき、まるでワールドカップで優勝したみたい」と派手やかな開幕に微笑を浮かべていた。

damashi2103035.jpg

新カルチャー雑誌『トリニティ』編集長・速水輝役の大泉は「ものすごく豪華なスゴイ映画での主演……と考えると怖くなるので、自分では主演だとか座長だとかは考えていませんでした。座長だなんて……どうぞご勝手に!もはや妖怪大戦争状態」と豪華キャスト陣に囲まれての大役にプレッシャー。

しかも「吉田監督から全然OKが出ない。10回くらいやる。そこに佐藤浩市さんみたいな妖怪レベルの怖い人がいるからパニックになる。常に崖っぷちでした。OKと言われた瞬間、フーッ!となる。これだけの俳優さんを集めてどんな神経をしてるのか……」と吉田監督の粘りの演出の洗礼を受けたよう。

そんな中、大泉の長セリフ場面に立ち会った池田は「テイクが重なると、大泉さんは『俺のバカたれ!なんで俺はできないんだ!』とバンッ!と机を叩いて自分を責める。あれがメチャクチャ怖かった」といらだつ大泉の姿に怯えていたという。それに松岡から「吉田監督から凄い圧力をかけられていたんですね~。その結果、大泉さんが池田さんの崖っぷちも作ってしまったと」とチクリとやられると、大泉は「とんだご迷惑を……エライザちゃんごめんね」とシュン。

damashi2103036.jpg

しかし松岡から「編集会議のシーンではどのように雰囲気を出せばいいのか悩んだけれど、大泉さんが『劇団トリニティだ!』と編集部仲間でのセリフ合わせをしてくれた。そのおかげでいい雰囲気が出せました」と感謝されると、大泉は「それはね、私のセリフが怪しかったので、その確認をしたかっただけ」と照れて「松岡さんはその話を必ずするけれど、もはや嫌味だと私は思っていますよ」と毒舌でごまかしていた。

damashi2103032.jpg

damashi2103034.jpg

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。