音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
ホリプロ60周年の記念映画『NO CALL NO LIFE』W主演の優希美青&井上祐貴が「なくてはならないもの」明かす

ホリプロ60周年の記念映画『NO CALL NO LIFE』W主演の優希美青&井上祐貴が「なくてはならないもの」明かす

ホリプロ60周年を記念して制作された映画『NO CALL NO LIFE』(3月5日全国公開)の完成披露上映会が1日、東京の池袋 HUMAX シネマズで行われ、W主演の優希美青、井上祐貴、共演の山田愛奈、駒木根葵汰、そして井樫彩監督が参加した。

映画『NO CALL NO LIFE』90秒 ロング予告

作家・壁井ユカコによる同名小説を実写映画化。高校3年生の夏、携帯電話に残された過去からの留守電メッセージに導かれ、佐倉有海(優希)は学校一の問題児・春川(井上)と出会い、そして恋に落ちる。

ncnl2103011.jpg

優希美青

映画のタイトルに引っ掛けて、自分にとって「なくてはならないもの」をそれぞれ発表。『NO LIP』という優希は、リップクリームが手放せないと話す。「リップを家に忘れたときは、下着を身に着け忘れたくらい不安になる。ないとソワソワして落ち着かなくなる。常にお気に入りを常備しています」と発表。井上は「NO 明太子」といい「現場に明太子おにぎりがあったらすぐに取る。冷蔵庫にも冷凍庫にもストックがあるので、すでにプリン体を気にしています」と明太子愛を告白した。

ncnl2103014.jpg

井上祐貴

年代の近い俳優陣との共演に優希は「みんな同年代なのでいい意味で変に気を遣わず、ノリも楽しかった。スケジュールはタイトでしたが、辛いと思わないくらい毎日が楽しい撮影でした」と充実した表情。井上の印象については「とにかく礼儀正しくて、真面目な好青年というイメージ通りの常にいい人でした」と明かした。

その井上は「疑問点もディスカッションしやすい環境だったし、現役高校生との撮影も楽しかった。自分の学生時代を思い出しながら……若いなという気持ちで嬉しかった」と撮影を回想。優希については「物静かなイメージだったけれど、実際は明るいムードメーカーという印象。ハードなスケジュールだったけれど、優希さんが常に明るく中心にいてくれました」と感謝していた。

そんなW“ユウキ”に井樫監督は「二人とはこの映画を一緒に作り上げてきた感覚があって、伝えたいことは伝え合う、クリエイティブな現場でした。役を演じることは本人たちの人生にも関わってくるので『自分だったらどう思う?』と聞きながら、大切に作り上げていった感覚」と手応えを得ていた。

ncnl2103013.jpg

駒木根葵汰

実年齢では井上の方が年上だが、劇中では駒木根の後輩という設定。井上は駒木根について「一緒に演じてみると……(駒木根は)先輩でした。なので胸をお借りするような感じで!」とジョーク。それに駒木根が「撮影時は心の中で『井上!』と言いそうになりました」と冗談めかすと、井上は「え?呼んでほしい!」と無礼講OKスタイルで、駒木根を「いやいや! 撮影が終わったら普段通り後輩に戻りますよ!」とビックリさせていた。

(文・撮影=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン