音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
さなり、SKY-HIに「僕を励ましてほしい」とオファー。コラボ曲制作を振り返る

さなり、SKY-HIに「僕を励ましてほしい」とオファー。コラボ曲制作を振り返る

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」(ナビゲーター:DJ TARO<代演>・増井なぎさ)。1月18日(月)のオンエアでは、ラップアーティスト・さなりがリモート出演。新曲『2FACE feat. SKY-HI』の制作エピソードを語ったほか、SKY-HIがさなりに向けてサプライズコメントを送った。

デビュー曲をきっかけにSKY-HIと親交を深める

現在18歳のさなりは、2020年を「音楽制作や家でできることに没頭していた年だった」と振り返る。さなりは1月6日にセカンドシングル『2FACE feat. SKY-HI』をリリース。デビュー曲『悪戯』以来の、SKY-HIとの共演となった。

【Music Video】2FACE feat.SKY-HI

増井:デビュー曲のことを覚えていて、(SKY-HIと)「また一緒に音楽がやりたい」と思われたんですか?
さなり:共演してから、ご飯とかに連れて行ってもらうことが多くなりました。
DJ TARO:いいですね! 音楽を通じて仲良しになった。
さなり:それで、会話のやりとりのなかで「次は一緒に曲づくりをやりたいね」ってことになりました。

さなりがSKY-HIを好きになったきっかけは、YouTubeで公開されているSKY-HIのミュージックビデオだったという。SKY-HIを通じてラップを知ったさなりは、そこからさまざまなラップミュージックを聴くようになったそうだ。

増井:ラップを聴いていて、どんなところに良さを感じますか?
さなり:当時は早口ラップが僕のなかで刺さりました。SKY-HIさんは、とにかく早口ラップが得意なんですよ。聴いているだけでも気持ちいいし、自分もカラオケで歌ったりしていましたね。

自分自身を励ますために『2FACE feat. SKY-HI』を制作

さなりは『2FACE feat. SKY-HI』の制作エピソードを語り、SKY-HIへ伝えた要望の内容を明かした。

さなり:さなり自身、音楽とかいろんな悩みがすごくあったので、その悩みを曲にしようと思ったんですね。なので、曲のテーマを「自分への応援歌」にしました。自分で自分を励ます歌詞を書いていたとき、「SKY-HIさんには何を書いてもらおうかな」と考えたのですが、どうせならさなりのことを応援してもらおうと思いました。
DJ TARO:「僕のことを応援してください」って言うの、少し恥ずかしい部分が出ちゃいそうですね。
さなり:恥ずかしかったんですけど、「SKY-HIさんなら快く引き受けてくれるだろう」って思いました(笑)。なので、「僕を励ましてください」とLINEで伝えました。
DJ TARO:どんな返事がきましたか?
さなり:「いいよ! オッケー!」みたいな内容でした(笑)。
DJ TARO:もしかしたら、気軽に面と向かって会える環境だったら言えなかったかもしれませんね。
さなり:たしかに。面と向かってだと恥ずかしい。

SKY-HIがさなりにサプライズメッセージ!

「MUSIC+1」では、サプライズとしてSKY-HIからさなりに向けたメッセージを紹介した。

SKY-HI:「僕を励ましてほしいです」って形のオファーは、人生ではじめてでした(笑)。なので、おいそれと書けるものではないなと思ったので、しっかりと考えた上で制作を進めました。誰にでも伝わる前提の歌詞ではなく、あくまでもさなりのために書きました。

SKY-HIはさなりの1番好きなところとして「自分であることに純粋」な点を挙げ、『2FACE feat. SKY-HI』では、よりラップに特化したバージョンも用意していたことを明かした。

SKY-HI:才能も含めて素敵な人間だと思うし、さなりを見ているといつも「元気で幸せにいてほしい」って思っちゃうんだよね。幸せな形で20代に向かって行ってもらえたら嬉しいなって思います。次の楽曲では、激しいやつでもやりましょう。SKY-HIでした。ありがとう。

増井:SKY-HIさんのサプライズコメントでした。
さなり:嬉しいですね。
DJ TARO:どんな言葉が心に刺さりました?
さなり:いつも「元気?」って聞いてくるのは、理由があったんですね(笑)。
DJ TARO:別のバージョンの曲があったんですね。
さなり:驚きましたね。聴きたかったなあ。
DJ TARO:『2FACE feat. SKY-HI』を作ったことで、さなりさんは前に進むパワーを無事キャッチできましたか?
さなり:キャッチできました。
DJ TARO:2021年はどんな1年にしたいですか?
さなり:ライブもできたらしたいし、楽曲制作も続けていきたいです。あとは、楽器も弾けるようになりたいですね。一番自分がうまくなれる可能性があるのは、ピアノです。
DJ TARO:ラップをしながらピアノってあんまりないですよね。いいんじゃないですか。
さなり:ライブで弾き語りにも挑戦してみたいですね。

さなりの最新情報は、公式サイトまたは、Twitterまで。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「MUSIC+1」では、ゲストとして毎回話題のミュージシャンが登場する。放送は月曜~木曜の12時30分頃から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2021年1月26日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
STEP ONE
月・火・水・木曜
9:00-13:00
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン