音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
V6・井ノ原快彦は「最高で、いい人」 渡辺俊美が『461個のおべんとう』映画化の喜び明かす

V6・井ノ原快彦は「最高で、いい人」 渡辺俊美が『461個のおべんとう』映画化の喜び明かす

J-WAVEで放送中の番組『SEASONS』(ナビゲーター:マリエ)のワンコーナー「MAKE TOMORROW BEAUTIFUL」。11月7日(土)のオンエアでは、今年で30周年を迎えるバンド、TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美がリモート出演。お弁当を通した息子との交流について語った。

東日本大震災があり、息子にちゃんと食わせなきゃと必死だった

渡辺の著書が原作の映画『461個のおべんとう』が現在公開中だ。

【あらすじ】

長年連れ添っていた妻と別れることを決意した鈴本一樹(井ノ原快彦)。離婚の際に自分を選んでくれた息子・虹輝(道枝駿佑)が15歳と多感な年頃を迎えていただけに、罪悪感を抱いていた。そんな時、重なるように虹輝が高校受験に失敗してしまう。

好きな音楽で生計を立てている一樹は、息子に対しても“学校だけがすべてではない。好きなように育ってくれたらそれでいい"と考えていた。しかし虹輝の出した答えは「高校へ行きたい」だった。

翌年の春、見事合格した虹輝に、一樹は高校でのお昼ごはんをどうしたいか訊く。「父さんのお弁当がいい」という返答に、笑みがこぼれる。この瞬間「3年間、毎日お弁当を作る!」「3年間、休まず学校へ行く」という“大切な約束"が生まれたのだった。
映画『461個のおべんとう』公式サイトより)

マリエ:2014年に出版された渡辺さんの著書『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス)が原作になっているんですよね。この出来事が起こったのは何年前でしょうか。
渡辺:2011、12、13年ですね。ちょうど震災があったころです。
マリエ:日本全体がガラッと変わった時期の3年間ですね。不安なニュースがたくさん流れたことが、親子の絆に大きく響いたんじゃないでしょうか。
渡辺:まさにそうですね。「お弁当」というワードが前にいくんですが、実際には東日本大震災、自分のふるさとである福島県が大変な状況になりました。ちょうど3月12日から息子とふたり暮らしになったんですね。
マリエ:学校が始まる前で、これから4月の入学式を迎えるというときですよね。
渡辺:そうなんです。なので、「息子を守りたい」という必死な想いだけでしたね。「この子をちゃんと育てたい」と言ったら変ですが「ちゃんと食わせなきゃ」みたいな思いで作ったのが、お弁当でした。

渡辺を演じた井ノ原快彦を絶賛「初めて会ったような気がしなかった」

渡辺は映画『461個のおべんとう』を息子と一緒に観たそうだ。

渡辺:息子はもう26歳になっています。息子役は道枝駿佑くんだからかわいいし、「身長も20センチ違う」みたいなことを言ってました(笑)。でも学校の友情的な部分、友だちがいて助かったとか、「励ましや仲間の部分をちゃんと捉えていた」と言っていましたね。
マリエ:劇中で渡辺さん自身も少しだけ出演されているところも、ファンの方にとってはうれしいんじゃないでしょうか。
渡辺:ビックリするというか、笑っちゃうんじゃないかなと思います(笑)。でもシリアスなシーンじゃないから笑っていただいても全然大丈夫です。
マリエ:井ノ原快彦さんが渡辺さんを演じていて、どこか似てるなって思う部分があるんですよね。
渡辺:本当にすごいんですよ。初対面のときもそうだったんですが、なんか初めて会ったような気がしなかったんですよね。共通する知人の話をしたりして、会うたびにどんどん俺に似てくるんですよね。
マリエ:おもしろい。
渡辺:終わったころには、今度は俺がイノッチ(井ノ原)に寄せてるんですよ(笑)。
マリエ:寄せちゃったんですね(笑)
渡辺:だから今の俺は俺じゃないんですよね。劇中の俺に寄せているというか。
マリエ:一心同体ですね。本当に面影があるので、そこもすごく感情移入をして観てしまうポイントでした。
渡辺:本当にイノッチでよかったと思います。最高で、いい人です。
マリエ:メンバーがみんな楽しそうで豪華ですよね。
渡辺:やついいちろうくんとKREVAとイノッチが集まってると、本当に小学校の同級生みたい。
マリエ:ミュージシャンの笑いの絶えない生活も垣間見えておもしろかったです。
渡辺:すばらしかった。ナイスキャスティングですよ。

渡辺にとってお弁当は「交換日記」

渡辺に「お弁当は、ふたりにとってどんなものでしたか?」とマリエが問いかけた。

渡辺:交換日記みたいなものでした。僕は長文を書いて出すんだけど、息子は「ごちそうさま」「元気だよ」と、全部食べてスッカラカンにして戻すみたいな日記でしたね。
マリエ:おもしろいなあ。その食べたもので息子さんは成長していってるんですよね。
渡辺:食べてくれなかったら僕も続かなかっただろうと思います。僕が最初に約束を守るという想いがあったんだけど、最終的に僕は息子に守られましたね。
マリエ:すごいなあ。無言で返ってくる交換日記のなかに愛が詰まっていたわけですね。
渡辺:お互いの本当の「ありがとう」があって、最終的に絆になるんだなと実感しました。
マリエ:「調理の時間は40分以内」「1食にかける値段は300円以内」「おかずは材料から作る」といった、お弁当作りの3カ条がありました。その決意がすばらしいなと思うんですよね。
渡辺:性格なんでしょうね。「決めたらやる」みたいなことは、ずっとそういうふうにやってきたような気がするんですよね。
マリエ:劇中で出てきたお弁当の完成度はかなり高いと思うのですが、ご自身のお弁当と比べていかがでしたか?
渡辺:自分で言うのもなんですが、僕のもおいしいんです。でも、(料理監修を行っている、フードスタイルの)飯島奈美さんが作る料理はめちゃくちゃうまいんですよ。NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』の料理も飯島さんなんです。僕の大好きな料理家の人が作ってくれたことも含めて、映画化は嬉しかったですね。

【関連記事】飯島奈美、『きょうの猫村さん』の「ネコムライス」こだわりを語る

『SEASONS』のワンコーナー「MAKE TOMORROW BEAUTIFUL」では、「明日を美しくする」そのヒントやきっかけを探る。オンエアは毎週土曜13時30分頃から。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年11月14日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
SEASONS
毎週土曜
12:00-15:00

関連記事

  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン