音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
土屋太鳳が「素晴らしい」と絶賛した、EXILE NAOTOの顔のパーツは?

(左から)EXILE NAOTO、土屋太鳳

土屋太鳳が「素晴らしい」と絶賛した、EXILE NAOTOの顔のパーツは?

EXILE NAOTOと土屋太鳳が4日、第33回東京国際映画祭で特別招待作品として上映された映画『フード・ラック!食運』(11月20日公開)の舞台挨拶に寺門ジモン監督と出席した。

もし焼肉が最高の演技をしたら!? 焼き肉や食を通じて親子の愛と人生を描くエンターテインメント作。ダチョウ倶楽部のメンバーで、芸能界随一の食通として知られる寺門ジモンが長編映画監督デビューを果たした。

【ストーリー】
良人の母・安江がひとりで店を切り盛りしている焼肉店「根岸苑」は、他界した夫が遺してくれた唯一の形見だった。
女手ひとつで店を切り盛りし、息子を育てながら、愛情込めた手料理をふる舞うことが安江にとって幸福な時間であり、良人にとっても美味しい手料理を食べることが何よりも至福の時だった。

人々に愛されてきた「根岸苑」だったが、人気グルメ評論家・古山が書いた事実無根の記事により客足は激減してしまう。
少しずつ活気が戻り始めた頃、忙しく働き続ける安江に構ってほしい一心で起こした良人の行動で、 間もなくして安江は店を閉じることを決めたのだった・・・。

それから18年後、家を飛び出し、うだつがあがらないフリーライターとして働く良人は、ある時、編集者の竹中静香とともに“本物“だけを集めた新しいグルメ情報サイトの立ち上げを任されることに。

第一弾のテーマは因縁の「焼肉」!?
引き受けることを決めたものの、仕事に苦悩していた良人に疎遠になっていた安江が倒れたとの報せが届く。

病床の安江に会う覚悟が出来ないまま、取材で訪れた名店の先々で懐かしい「根岸苑」の味と出逢い、“食”を堪能し、“人”との繋がりの中で母の想いを知り、良人の中で変化が起きていく…。

“食運”に導かれた良人が最後に起こした奇跡とは―。
(『フード・ラック!食運』公式サイトより)


映画『フード・ラック!食運』予告編 11月20日(金)ロードショー

NAOTOの印象を聞かれた土屋は「生き方などは演じた良人さんとは違うけれど、NAOTOさんは狩人のような目をしている」とNAOTOの鋭い目にクギづけ。「それが良人の覚醒後にパワーを与えています。素晴らしいと思いました、目が」とNAOTOの目力を絶賛していた。

DSC_3588.jpg

土屋太鳳

役作りについてNAOTOは「食のことになった瞬間にスイッチが入る良人をどうやって表現しようかと悩んだけれど、寺門監督から『サムライがスッと刀をかまえるように、トングをかまえるのはどうか?』と言われてしっくりきた。トングを引き抜くとき、それが肉の武士道」と焼き肉悟りの境地。

土屋も「寺門監督の演出は情熱的で、その情熱でお肉が焼けるのではないか?と思った。撮影もテイクも重ねるけれど、それはこだわりというか使命感だと思いました」と寺門監督の思いを代弁していた。

劇中には焼き肉のシーンが描かれるが、NAOTOは「寺門監督からの演技指導はそこまでなかったけれど、肉の焼き方は厳しかった。お肉にはしっかりと演技指導を付けられたので、お肉がいい演技をしています」とアピール。

DSC_3675.jpg

EXILE NAOTO

また撮影時に肉を「相当食べた! 2時間の撮影で10枚くらいは食べた」とNAOTOが回想すると、土屋も「私は13、4枚くらい。いいお肉は体にも優しい!」と役得に満面の笑みを浮かべていた。それに寺門監督は「二人とも撮影の合間にもお肉を食べていた。いくら美味しいお肉でも食べ過ぎです! だって払うのはこっちなんだからね!」と食欲旺盛な二人にツッコミをいれていた。

DSC_3652.jpg

(左から)EXILE NAOTO、土屋太鳳、寺門ジモン

映画『フード・ラック!食運』は11月20日(金)全国ロードショー。公式サイトはこちら

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン