音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
水川あさみ「人のことを救うのは人なんだ」 歌集が原作、現代社会でもがく人を描く映画『滑走路』

水川あさみ「人のことを救うのは人なんだ」 歌集が原作、現代社会でもがく人を描く映画『滑走路』

32歳の若さで命を断った歌人、萩原慎一郎によるベストセラー歌集を映画化した『滑走路』(11月20日公開)。11月3日に現在開催中の第33回東京国際映画祭で上映され、水川あさみ、浅香航大、寄川歌太、大庭功睦監督が舞台挨拶を行った。

あふれる才能を遺し、32歳で突然この世を去った歌人・萩原慎一郎。遺作となったベストセラー歌集を完全映画化。非正規雇用、いじめなどの逆境のなか、それでも希望を託した魂の叫び。現代社会をもがき生きる人々の姿を鮮烈に描く。

映画『滑走路』(11月20日公開)主題歌予告編。主題歌はSano ibukiが担当

原作の『歌集 滑走路』の中からお気に入りの一首を発表するコーナーで水川は「自転車のペダル漕ぎつつ選択の連続である人生をゆけ」をチョイス。その理由については「歌集の中ではシンプルでわかりやすい歌ですが、人生は一日の中でも何万通りもの選択をして生きていくと思う。毎日がその連続で、その選択が間違っても正解でも何でもいいから受け入れていく、という強さを感じました」と説明した。



昨年の同映画祭で出演作『喜劇 愛妻物語』が上映され、高評価を受けた水川は「今年もこの場所に立てたことが嬉しい」とニッコリ。昨年とは打って変わって世界はコロナ禍にあるが「もしこのままこの世の中が今の距離感を保ったまますべての物事が続いていくと思うと、心が折れそうになる瞬間もあります」と赤裸々に心境を吐露。

kassou-2011036.jpg

そんな感情の中で『滑走路』に出会ったそうで「転がるように私のもとに来てくれた。これは『今やれ!』ってことなのかな?と思って引き受けて、そして今ここに立っています」としみじみと語った。

kassou-2011038.jpg

舞台挨拶にて

歌集が原作という珍しい形に水川は「歌集自体は人の心の奥底の不安や葛藤が浮き彫りなるけれど、それが映画のストーリーになると3人の主人公が交差する群像劇になる。それぞれの葛藤を描く奥行きのある物語」とアピール。公開に向けて「人のことを救うのは人なんだと、この映画を観ると救われるような気持ちになる。ポンと背中を押すというよりも、ちょっと寄り添って肩を組んでくれるような映画です」と呼びかけた。

kassou-2011034.jpg

水川あさみ

kassou-2011033.jpg

浅香航大

kassou-2011035.jpg

寄川歌太

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン