音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
勝地涼が明かす森山未來との絆。ボクシングシーンでは小声で「痛い…」

勝地涼が明かす森山未來との絆。ボクシングシーンでは小声で「痛い…」

現在開催中の第33回東京国際映画祭で2日、映画『アンダードッグ』が上映され、主演の森山未來と共演の勝地涼、そして武正晴監督が舞台挨拶を行った。

第88回アカデミー賞外国語映画賞の日本代表に選出されるなど、多数の映画賞を席巻した映画『百円の恋』から6年。監督・武正晴、脚本・足立紳のタッグが再びボクシングを題材に映画化。負け犬ボクサー・森山未來、新進気鋭の若手ボクサー・北村匠海、お笑い芸人ボクサー・勝地涼がプライドという名の拳を交える。

11.27公開『アンダードッグ』予告編

ボクシングの試合場面について森山は「リング上でお客さんとお客さんの声援に囲まれて、アドレナリンを感じながら宮木(勝地)をボコる。勝地とは長い付き合いなので、段取りを確認しつつテンションを上げながら、でもある種のクールさを持ってやらなければいけなかった」と激闘を回想。

その宮木役の勝地は「どう殴られるのか意識してガードをしているうちに、段取りがわからなくなる。それを未來君のところに行って正直に打ち明けて、引っ張ってもらった。未來君は信頼を持ってガッツリ殴ってきたので、僕は小さな声で『痛い…』と伝えました」と笑わせつつも絆を感じさせた。

撮影前のトレーニングについて森山は「動きを覚えることができても、実際に人を殴ったり殴られたりする経験はなかったので、スパーリングをさせてもらいました」と明かし「その経験の中で、なぜ人はボクシングに取りつかれるのかを肌で感じました。殴るという原始的な行為かもしれないけれど、そこには本能的エネルギーが込められている」とボクシングの魅力を熱弁した。

201104_underdog002.jpg

森山未來

勝地は「僕は芸人ボクサーですから、パンチを大振りしながら当てずに外すことが多い役柄。でも大振りを外すって結構疲れるので、ボクシング練習よりも体力づくりがメインでした。ただ武監督がときどき険しい顔してトレーニングを見てくるので、ヒイヒイ言えなかった。余裕の顔で練習していました」と変わった苦労を振り返っていた。

201104_underdog003.jpg

勝地涼

イベント後半では、不在の北村匠海からサプライズで質問が寄せられた。武監督への「映画監督を目指した理由は?」、森山への「表現者としての喜びは?」という真面目路線に対して、勝地には「ボクシングシーンの撮影後に食べたご褒美飯は?」と落差のありすぎる質問が。それに勝地は「おい! 俺だけ質問が浅くないか!? おい、匠海!」とズッコケながら不在の北村に向けて叫んでいた。

201104_underdog004.jpg

(左から)森山未來、勝地涼。ちなみにご褒美飯はつけ麺だったとのこと

映画『アンダードッグ』は、11月27日(金)公開。公式サイトはこちら

(文・写真=石井隼人)

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン