音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
Sadeは美意識がブレない。「スタイリッシュな音楽」の代名詞として君臨する魅力に迫る

Sadeは美意識がブレない。「スタイリッシュな音楽」の代名詞として君臨する魅力に迫る

【J-WAVE『SONAR MUSIC』から最新音楽情報をお届け】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。10月より「音楽を愛する全ての人と作り上げる「(超)進化型音楽番組」として大幅リニューアルを遂げた。

番組では、毎回ゲストを迎え、様々なテーマを掘り下げていく。10月8日(木)のオンエアでは、音楽ジャーナリストの高橋芳朗とシンガーのNao Kawamuraをゲストに迎え、生ける伝説「Sade」について語りつくした。

デビューシングルがいきなり大ヒット

イギリス・ロンドン出身のソウルバンド、Sade。メンバーは、シャーデー・アデュ(Vo.)、スチュアート・マシューマン(Gt.)、ポール・スペンサー・デンマン(Ba.)、アンドリュー・ヘイル(Key.)の4人。1984年にデビューし、翌年の第28回グラミー賞で最優秀新人賞を受賞。以降、現在に至るまで6枚のオリジナルアルバムを発表。その世界累計セールスは7500万枚以上にも及ぶ。

10月9日(金)には、全スタジオ・アルバムのリマスター盤を収録した究極のアナログ盤BOX『This Far』を発売。限定生産で即完した人気ぶりだ。Sadeとは、どんなバンドなのか。音楽ジャーナリスト・高橋芳朗に訊いた。

高橋:1980年代初頭、シャーデー・アデュ以外の3人がラテンファンクバンドを組んでいました。そこにバッキングボーカルとしてシャーデーが参加し、そのとき彼女の自作である『Smooth Operator』を演奏していたところ、レコード会社の目にとまってSadeの結成に至ります。
あっこゴリラ:シャーデー・アデュは、どこのアーティストなんですか?
高橋:1959年1月16日、西アフリカに位置するナイジェリアで生まれました。ナイジェリア出身の父親がロンドン留学中に、イギリス人の母と出会い結婚します。ナイジェリアに移住して長男と長女であるアデュが生まれました。しかし、シャーデーが4歳のときに両親が離婚し、母に連れられてイギリスに帰国しました。

Sade - Your Love Is King

あっこゴリラ:Sadeがヒットのきっかけを掴んだのは?
高橋:当時は第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンの影響で、イギリスのアーティストがアメリカで受け入れられやすい環境にありました。それもあって、1984年2月リリースのデビューシングル『Your Love Is King』がいきなりヒットしています。でも、世界的ブレイクのきっかけになったのは、第3弾シングルとしてカットされた『Smooth Operator』ですね。セックス・ピストルズ、ローリング・ストーンズなどのミュージックビデオを手掛けていた、当時売れっ子のジュリアン・テンプルのMVも評判になって、全米チャートで5位まで上昇しました。

Sade - Smooth Operator

高橋:1970年代後半から50〜60年代のジャズを再評価する気運が高まっていたこともあり、1980年代半ばのイギリスでは、Sadeをはじめ、スタイル・カウンシル、エヴリシング・バット・ザ・ガール、マット・ビアンコ、ブロウ・モンキーズなど、ジャズやラテン/ボサノバ、ソウルの要素を取り入れたスタイリッシュなサウンドを打ち出したアーティストが人気を集めました。

Sade - No Ordinary Love

「スタイリッシュな音楽」の代名詞的存在

世界的に人気を集めたSade。常に音楽業界の第一線で活躍しつづける理由は何なのだろう。

高橋:まずスムースジャズやクワイエットストームをベースにした洗練されたサウンドで、スタイリッシュな音楽の代名詞的存在になったと思うんです。さらに、単なるおしゃれアイテムとして消費されない美意識、芯の強さがある音楽だと思います。その原動力になったのが、ボーカルのシャーデー・アデュで、彼女のエキゾチックな風貌とスモーキーで優雅な歌声に象徴されるミステリアスで超然とした存在感が、人々を魅力していったんだと思います。
Nao:本当にすごいバランス感ですよね。
高橋:それが40年間、微動だにせず、変わっていないというのがすごいですよね。
あっこゴリラ:先日のsacaiのショーのフィナーレにも使われたり、SupremeがTシャツにするなど、音楽業界だけでなく、ファッション業界からもリスペクトされてますよね。
高橋:はい。きっと美学を貫いてるってことなんだと思います。

Sadeは現在活躍する多くのアーティストにも影響を与えている。ビヨンセ、ドレイク、カニエ・ウェスト、ミッシー・エリオット、クリスティーヌ・アンド・ザ・クイーンズ、デュア・リパ、FKAツイッグス、メイベル、テイラー・スウィフトなど、数多くのアーティストがSadeから影響を受けたと明かしている。国内でも、SIRUPが「母親のお腹の中にいる頃から聴いていた」のだとか。

あっこゴリラ:さらに、デフトーンズ、ドナ・サマー、フランク・オーシャン、ハービー・ハンコック、ジェイソン・ムラーズ、ローリン・ヒル、リアン・ライムス、プリンス、The 1975、トーリ・エイモスなどがSadeをカバーしています。
高橋:フランク・オーシャン、ローリン・ヒルがカバーするのはわかるんですけど、デフトーンズはメタルバンドじゃないですか。メタルバンドがカバーしても、Sadeになるっていうのが、すごいですよね。本当にビクともしない美意識をちゃんと曲に注入できてるってことだと思います。
あっこゴリラ:日本でもNujabes、最近ではFriday Night Plansが『Kiss of Life』をカバーしています。
高橋:あらゆるアーティストからリスペクトされるってことですよね。

Def Tones - No Ordinary Love

Friday Night Plans - ’Kiss of Life’ Cover Version (Original Song by SADE)

これからSadeを聴く人におすすめのアルバム

最後に高橋が、これからSadeを聴くという人におすすめのアルバムを紹介した。

高橋:シャーデー・アデュの妊娠/出産によりバンドが活動休止になった1996年、残りのメンバーによって結成されたプロジェクト、スウィートバックのアルバム『Sweetback』です。シャーデー・アデュはいないんですけど、実質Sadeです! 25年前の音楽とは思えないです。
あっこゴリラ:本当にそう!
高橋:かっこいいな~。90年代半ばっていう時代性もあるのかもしれないけど、ちょっとHIP HOPっぽい感じがベースに効いてますよね。
Nao:やっぱり私もこれに行き着いて、“これは、ヤバい”ってなりました。
あっこゴリラ:まさか「おすすめ」って言って、シャーデー・アデュがいない1枚が出てくるとは思わなかった。あはははは。
高橋:あはははは。それで、いきなりこういうの作っちゃいますからね。でも、もし今聴くんだったら、80年代半ばのより、こっちの方がフィットするのかなって思って。
あっこゴリラ:確かに。こういうサウンド感は、今の若者に刺さりそうな感じがしますね。本当にかっこいい!

『SONAR MUSIC』は月曜~木曜の21時から24時までオンエア。

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
radikoで聴く
2020年8月15日28時59分まで

PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組情報
SONAR MUSIC
月・火・水・木曜
21:00-24:00
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン