音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
Attractions、新曲『Chain Reaction』リリース! 現代社会における内なる“葛藤”を音楽で表現

Attractions、新曲『Chain Reaction』リリース! 現代社会における内なる“葛藤”を音楽で表現

【J-WAVE『SONAR MUSIC』から最新音楽情報をお届け】

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)のワンコーナー「SONAR TRAX」。J-WAVE がプッシュしている楽曲の中から毎日1曲をピックアップして掘り下げ、今聴くべきアーティスト、ネクストブレイクアーティストを紹介。4月21日(火)のオンエアでは、Attractionsの『Chain Reaction』をピックアップ!


■自宅から遠隔セッションする動画をUPして話題に

福岡を拠点とするバンド・Attractions。先日リリースされたばかりの新曲『Chain Reaction』が、J-WAVE SONAR TRAXにニューエントリー。最近、Attractionsは、メンバーが自宅から遠隔セッションする動画をUPして話題となっている。まずは、この試みについて教えてもらった。

TARO:コロナの影響でライブがどんどんなくなって、みんなSTAYHOMEする中、僕らに何かできることはないかと模索した結果、お家セッションをすることにしました。たくさんの「ありがとう」の声をもらい、嬉しく思っています。みんなありがとう! また近々やりたいと思っています。


■目指したのは、誰にもまねできない最新型のロックミュージック

J-WAVE SONAR TRAXにエントリーとなった新曲『Chain Reaction』について教えてもらった。

TARO:この曲は、ギターのTAKEが作曲、僕が作詞をしました。誰にもまねできない最新型のロックミュージックを目指して作り上げました。SNSスリム社会になった今では、たくさんのジャンルを吸収することは当たり前ですが、その中で独自のサウンドを作り出すことが一番難しいなと思っています。たくさん悩んだ結果、たどり着いたのがこの『Chain Reaction』でした。歌詞で表現したかったのは、情報に溢れてる中で、自分がどう表現するのか、どうなりたいのか、新たな自分を見つけ、自分にしかない個性を手に入れて、「連鎖反応=Chain Reaction」できればいいなと思っています。

リリースと同時に公開されたMVは、映像ディレクターの濱田明日也が担当。歌詞を元に、いかに自由な表現を出来るのか、いかに自分らしさを取り戻せるのか、という内なる“葛藤”を美しくエモーショナルに描いている。

【Attractions『Chain Reaction』をradikoで聴く】

今後のAttractionsについてTAROは「残念ながらライブができない状況が続いています。そんなみなさんのために、またお家セッションをやりたいと思っているので、お楽しみに! 」とコメント。詳細は、Attractionsの公式SNSをチェック!


【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-23時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン