音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
蔦谷好位置が「全身が音楽」のようだと絶賛する君島大空、そのルーツは?

蔦谷好位置が「全身が音楽」のようだと絶賛する君島大空、そのルーツは?

J-WAVE(81.3FM)×「MUSIC FUN !」連動企画である、深夜の音楽座談プログラム『WOW MUSIC』。“すごい”音楽をつくるクリエイターが“WOW”と思ういい音楽とは? 毎月1人のクリエイターがマンスリープレゼンターとして登場し、ゲストとトークを繰り広げる。

4月のマンスリープレゼンターは、音楽プロデューサーの蔦谷好位置。4月17日(金)のオンエアでは、君島大空をゲストに招き、音楽談議に花を咲かせた。


■蔦谷が衝撃を受けた楽曲『遠視のコントラルト』はデモ版もいい!

君島は1995年生まれ。2014年から活動を始め、同年からサウンドクラウドに自身で作詞、作曲、編曲、演奏、歌唱をし、多重録音で制作した音源の公開を開始する。2019年3月13日に自主制作ファーストEP『午後の反射光』を発表。同年4月には初の合奏形態でのライブを敢行。

7月5日には自主制作ファーストシングル『散瞳 / 花曇』を発表し、7月22日には「FUJI ROCK FESTIVAL」の「ROOKIE A GO-GO」に出演した。11月には合奏形態で初のツアーを、2020年1月には『no art,no life』(EテレNHKドキュメンタリー)の主題歌に起用される。

ギタリストとしては、高井息吹、坂口喜咲、婦人倶楽部、吉澤嘉代子などのライブや録音に参加する。そのほか、劇伴、楽曲提供など、さまざまな分野で活動中だ。

蔦谷が君島の音楽を聴いたのは、J-WAVEだったという。

蔦谷:僕は車を運転しているときにいつもJ-WAVEを聴いていて、『遠視のコントラルト』がかかって「なんだ、この曲は!?」と思ったんです。僕の世代は、ちょっとした懐かしさみたいなのも感じます。たとえば僕が学生時代の1997、8年ぐらいとかのBECKとかCorneliusとか、そういうサウンドも感じつつだったんです。SoundCloudで、デモ版が上がってましたよね? それも聴いたんです。



君島:恥ずかしい(笑)。
蔦谷:デモ版はすごくひずんでいて、衝動が詰まっている感じがして、それもすごく好きだったんです。
君島:僕もデモのほうが好きなんです(笑)。
蔦谷:レコーディングバージョンもすごく洗練されていて、歌もしっかり聴こえるしいいんですけど、デモ版は無骨で格好いいというか。
君島:うれしいです。
蔦谷:めちゃくちゃ好きでした、「ひずんでるな、これ」と思って。ひずんでいるなかにも、和声だったりギターのプレイも歌も含めて、全て繊細な美しさを感じるんです。




■君島大空の音楽のルーツは

君島は、父がフォークソング好きでギターを弾いていたということもあり、5歳のころからギターを教わっていた。家では、はっぴいえんど、大瀧詠一、加川 良などの音楽が流れていたのだとか。蔦谷はYouTubeで観たライブ動画をもとに、君島の音楽のルーツを尋ねた。

蔦谷:YouTubeで斎藤アリーナさんと一緒にやってらっしゃいましたね。あれは初対面なんですよね?




君島:そうですね。初対面のやつとライブっぽいやつ、ふたつ上がっています。
蔦谷:初対面でセッションをして、それを経て同じ場所でライブをやるんですよね。そのライブで細野(晴臣)さんのカバーをやってませんでした?
君島:やってます。『終わりの季節』。
蔦谷:これは君島さんがひとりで歌われてたと思うんですが、あんなギタープレイをしながらこんなアレンジにして歌うんだ。しかもそれが僕にはものすごく楽しそうに見えて、すばらしいなと思って。



蔦谷:お父さんの影響はけっこう強いですか?
君島:両親の影響が強いですね。
蔦谷:お母さんも好きなんですか?
君島:好きですね。母はAORがすごく好きなんです。ドナルド・フェイゲンのCDを与えられたりとかして「お母さん、こういうの聴いてるんだ」って。
蔦谷:どちらかというと緻密な音楽ですね。
君島:そうです。そこからフュージョンとかジャズとかを聴くようになったんです。
蔦谷:やっぱりジャズも通っていたんですね。『上を向いて歩こう』のカバーもYouTubeで斎藤さんとやられていました。『上を向いて歩こう』はすごくシンプルなコード進行だけど、カノン進行みたいな感じを取り入れつつも、代理コードで半音上がっていたりとか、そういうところがジャズ的なアプローチを感じました。
君島:裸を見られているようです(笑)。
蔦谷:いや、本当にすばらしいギタリストですね。ミュージシャンとしてはもちろんですが、その映像を観てプレイヤーとしても本当にすばらしいと思いました。全身が音楽だなと。ギターと一体になっているように僕には見えました。


■「楽音のひとつ」として始めたボーカル

君島は、高井息吹と高校生時代に知り合った。高井の歌をそばで聴いているうちに「僕も歌が作れたらいいな」と思い、18歳のころから作曲を始めたそうだ。

蔦谷:今のボーカルのスタイルは、ちょっとファルセットというか、男性か女性かわからないような感じというか。そういう感じはわざとやっているんですか? どのようにたどりついたんですか?
君島:たぶんなんですけど、パソコンで簡単に録音ができるようになってから「自分で曲を作ろう」となったので、ライブで歌うという意識がそもそもなくて、声は録れればいい、みたいな(笑)。全然、声量だったりを意識しない歌い方になっちゃったんです。実家で夜中に小さい声で録ったりしていたので。
蔦谷:なるほど。メロディーとして、ボーカルが楽器として必要だというのがアンサンブルのなかにあって、でも別に声を張り上げて歌う必要はないということですね。
君島:そうですね。楽音のひとつみたいな感じに近いです。

『WOW MUSIC』は、トークを動画でも配信中だ。



次回、4月24日(金)も蔦谷がナビゲーターを担当。ゲストに坂東祐大を迎え、音楽談義を繰り広げる。放送は24時30分から。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年4月24日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『WOW MUSIC』
放送日時:毎週金曜24時30分-25時
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/wowmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。