音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
大河ドラマ『麒麟がくる』音楽プロデューサーのイチオシ! 2020年に大ヒットが期待されるバンド

(画像素材:PIXTA)

大河ドラマ『麒麟がくる』音楽プロデューサーのイチオシ! 2020年に大ヒットが期待されるバンド

【J-WAVE『SONAR MUSIC』から最新音楽情報をお届け】

J-WAVEで放送中の音楽プログラム『SONAR MUSIC』。4月8日(水)のオンエアでは、ロサンゼルスの音楽事情に迫った。ナビゲーター・あっこゴリラが、ロサンゼルス在住の音楽プロデューサー・備耕庸(そなえ・こうよう)と電話をつないだ。

備はジャンルを問わずアメリカ音楽を好み、本格的に勉強するために、出身地の鹿児島から渡米。暮らし始めて16年ほどになるという。現在は、NHK 大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽プロデューサーとして、「ハリウッド作曲家のジョン・グラムと一緒にLAから音楽を作っています」とのこと。同時に、ドラマで歌っている堀澤麻衣子のアルバムを制作中だ。


■ロサンゼルスの音楽シーンは「楽しい」が基準に

ロサンゼルスの音楽シーンのおもしろさは、「自由な発想と表現」をする文化にあると、備は感じている。

:Doja Catや、Flying Lotusが主催するレーベル「Brainfeeder」、そこに所属するThundercatなど、「楽しい」という発想から生まれた音楽が多くって。InstagramやTwitterでマイクロコンテンツを発信し、リスナーも「ねーねー、あれ観た?」「あいつ、やっぱ今回も面白いな」というふうに、純粋にハッピーに楽しんでいる印象です。それを作っていこうというのを、アーティストスピリッツに感じますね。
あっこゴリラ:たしかに、その印象はあります! ヒップホップでも、NYはシリアスな、LAはピースが楽曲が生まれる印象がありますね。
:そうですね。LAだと、Tyler, The Creatorとか、おもしろいアーティストが多いですよね。

その上で、もうひとつ特徴がある。楽器の幅が広いことだ。

:映画の街だからということもあるかもしれないですが、トロンボーンやチェロのようなクラシカルな楽器も、一般的には知られていないマイナーな楽器も、おもしろければOKという風潮がありますね。楽器の差別もなくて、いろんな新しいことにチャレンジするところが僕は好きですね。


■2020年の注目株! half•alive

備が紹介したロサンゼルスのアーティストは、half•alive。2018年に発表した、MVもクールな楽曲『still feel』で大注目され、RCAと契約。 昨年、アルバム『Now, Not Yet』をリリースし、2020年に大ヒットすると言われているアーティストのひとりだ。

:LAサウンドが詰まった踊れるオルタネティブ・ロックとモダン・レトロ・ポップが融合しているです。
あっこゴリラ:今、どよんとなりがちな毎日だから、LAの明るいバイブスの楽曲を聴きたいです!



曲を聴いたあっこゴリラは「最高です!」と一言。一発目のサビから「はい、きた!」とテンションがあがったそうだ。

あっこゴリラ:仰っていたとおり、超ミクスチャーだし、でもファンキーだし。おもしろいなあ、ほんとうに! 「LAってこういう感じ?」と勝手に思ってしまっていたイメージが、いい意味で覆りました。
:気に入っていただけてよかったです!

『SONAR MUSIC』では今後も国内・海外を問わず、音楽事情をお届けしていく。オンエアは21時-23時55分。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ『radiko.jpプレミアム』(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は『radiko.jpタイムフリー』機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-23時55分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 誹謗中傷や名誉毀損、他人に不快感を与える投稿をしないように十分に注意してください。
  • コメントの削除を希望する場合は右上の「通報」ボタンから要望をお伝えください。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。