音楽、映画、エンタメ「ここだけの話」
蔦谷好位置、今でも亀田誠治に平謝りすることとは?

蔦谷好位置、今でも亀田誠治に平謝りすることとは?

J-WAVEで放送中の番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。3月7日(土)のオンエアでは、音楽プロデューサー・作曲家の蔦谷好位置がゲストに登場。YUKI、米津玄師、back number、Official髭男dismなどさまざまなアーティストの楽曲を手がける蔦谷の音楽遍歴を紐解きながら、自身のバンド・CANNABIS時代に起こした衝撃の出来事や、新プロジェクト「KERENMI」の活動について訊いた。


■幼い頃からプロデューサー気質だった

クリスとゲストがビールを飲みながらお届けする同番組。ゲストはおつまみを持参するのが恒例だ。この日、蔦谷が持ってきたのは明太子の皮を乾燥させた「博多なかなか」。また、レンジであたためたチータラも好きだという。カリカリな食感となり、「すべてのあての中で、いちばんうまいと思うんですよ」と力説した。

蔦谷がピアノを習い始めたのは、3歳くらいのころ。小さい頃から音楽と共に育ち、当時から“プロデューサー気質”だったそうだ。

蔦谷:今でもそうですけど、職業病なのか、映画でもなんでも人の作品を見ると「ここ、もうちょっとこうしたほうがいいのにな」って思ってしまうところがあるんです。小さいときから、トシちゃん(田原俊彦)の『ハッとして! Good』も「もっとこうしたら、より“ハッとして! Good”になるんだけどな」と思っていたところが、きっとどこかにありました。
クリス:そこからプロデューサー気質だったんですね。
蔦谷:人に文句を言うというか(笑)。僕のおやじが、野球とか見ながら「おい、そこはインコースだろ」とか言う昭和のおやじで。それを見て「こうしたらいい」って口に出していいんだ、と思ってたんじゃないですかね。

小学3年生のころ、パソコンの「MSX」を買ってもらい、打ち込みで音楽を作り始めた。坂本龍一や小室哲哉の音楽に影響を受けたという。小学6年生のころにはクラシックに目覚め、指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンやレナード・バーンスタインに憧れを抱き、その後は指揮者を目指した。

蔦谷:中学2年のときにテレビでジャズピアニストのハービー・ハンコックと出会い、めちゃめちゃカッコいいなと思って。それまで、クラシックしかやってなかったから、こんな自由でいいんだと感じで、ハービー・ハンコックの『Cantaloupe Island』を完コピに近いくらいに一生懸命に練習していました。

ジャズに目覚めた蔦谷は、中学3年でハービー・ハンコックの曲をサンプリングした曲たちと出会い「人の曲でこんな風に変わるんだ」と衝撃を受け、そこからヒップホップなどにも持つようになったそうだ。

クリス:小さいころから音楽家になるって気持ちは芽生えていたんですか?
蔦谷:子どものころはプロにはなれないと思っていました。クラシックとかジャズの偉大な人たちが好きだったので。20歳のときに、ハービー・ハンコックのライブに行ったら、「一生、いや二生、三生かかっても、この人には絶対になれないな」ってくらい現役バリバリのころで、僕は当時、ジャズ研に入っていたんですけど、ジャズピアニストを諦めちゃったんです。でも、「自分はハービー・ハンコックみたいにうまくはピアノを弾けないけど、ポップスの曲とかは作れるんじゃないか」と自分で舵を取ったような気がします。


■バンド時代、亀田誠治がプロデュースした曲を…

蔦谷はCANNABISのキーボーディストとして2000年にメジャーデビューを果たしたが、活動はうまくいかず、2003年に解散した。

蔦谷:チャンスはたくさんあったけど、掴みきれなかった自分たちのせいですね。当時、我が強すぎて「俺はこんなこともできる、あんなこともできる」みたいな性格でした。ボーカルでもないのに、そういう意識が強すぎて、あまりうまく行かなかったこともあるので、バンドが解散したのはそのせいでもありますね。

メンバーそれぞれの主張が強いためバンドとしてのまとまりがなく、「結局、誰に何を見せたいのかがはっきりしていなかった。どこかで売れたいという気持ちはあるはずなのに、今思うと『誰にカッコつけてるの?』って感じでした」と苦い経験を振り返った。

CANNABISのセカンドシングル『妄想R』は、亀田誠治のプロデュースだった。その制作時に蔦谷は、こんな事件を起こす。

蔦谷:レコーディングもしていたのに、当時の僕はどうしても、亀田さんと一緒に作った曲が自分の理想の音ではなくて、亀田さんが帰ったあとに勝手に曲を録り直したんです。
クリス:げっ! 亀田さんはそれを知ってるんですか?
蔦谷:知ってます。それで録り直した曲でリリースしたんです。それで結果、全然売れませんでした。
クリス:そのとき、亀田さんって何と言っていたの?
蔦谷:その後はしばらく亀田さんと会っていなかったけど、相当ショックだったみたいで、いまだに亀田さんと会うと平謝りしています。でも、亀田さんは器が大きい人なので「そういう気概がある男だからおまえはここにいるんだよ」って言ってくれるんですけど、俺が同じことをされたら「はっ?」ってなると思うんですよね。僕はそういう生意気なやつでした。

亀田との経験が今の活動につながっていると蔦谷は続ける。

蔦谷:そういう経験があるので、アーティストと一緒にやるときは、やりたいことをとにかく訊くようにしています。その上で、「こんなやり方もあるよ」って提案をするようにして、「自分だったらどうプロデュースされたいかな」とかは常に考えるようにしていますね。亀田さんに失礼なことをした自分の素行が残っていて、それって自分も嫌な気持ちになるから、それは絶対にしないようにしています。今あらためて亀田さんがアレンジしたCANNABIS『妄想R』を聴き直すとめちゃくちゃいいんですよね。


■あらゆるものがひとつになるための正解を追い続けている

蔦谷は、トラックメイカーとしての側面を打ち出すプロジェクト「KERENMI」でも活動している。配信ファーストアルバム『1』がリリースとなった。

クリス:KERENMIは、今までためていたものを表に出したいって気持ちから?
蔦谷:それもありますね。人をプロデュースすることはすごく楽しいし、曲を磨き上げていって結果も出たら最高なんですけど、それは自分のことではなくて、ずっと人のことを20年近くやってきました。一方で、J-WAVEでも番組を2年半くらいやらせてもらった時期もあって、毎週世界中のいろんな音楽を紹介したり、グラミー賞を観に行ったりして、世界の動きを知ると日本とは全然違うなと感じて当時、勝手に危機感を覚えたんです。そこで「自分がやるんだったら、どういうことができるんだろう」と自分発信の音を出して、アーティストが気づいていない魅力や「こういう歌い方もできるじゃん」とか「俺がこの曲を歌っても合うんだ」とか、聴く側も「このアーティストの側面知らなかった」とか、そういうことを伝えられたら面白いなと思っています。

アルバム『1』には、藤原聡(Official髭男dism)や、ラッパーのSALU、Michael Kaneko、大森元貴(Mrs. GREEN APPLE)、Chara、奇妙礼太郎などが参加している。

クリス:ボーカリストはどうキャスティングしたの?
蔦谷:まず、自分の好きな声を持っている人。楽器としての声がすごく好きで、あとはボーカリストをイメージして曲を作るというよりは、トラックを常に作り続けていて、歌詞も自分で書いた曲もあるんだけど、「曲がこうなってくると、この続きはMrs. GREEN APPLEの大森(元貴)くんに書いてもらいたい」と途中で思ったりとか。そんな感じで作っていますね。

最後に、ビートルズのポール・マッカートニーとジョン・レノンを例に、このアルバムに込めた思いを語った。

蔦谷:ポールとジョンって絶対に仲良しだったと思うんです。でも、ポールがどこかで「僕は二度とケンカしないんだ。仲直りできなくなるから」みたいなことを言っていて、それはジョンとのことを言っていると思うんですよね。そういう家族でも恋人でも友だちでも、好きだった人なのにケンカしちゃったりしてもう会えなくなることってあると思うんです。その延長線上に国家間や企業間の問題になったり、極端なことを言うと戦争になったりしてしまう。でも、僕は「なぜ相容れないのかな」ってずっと思っているんです。ひとつになるにはどうしたらいいかなと思うから、このアルバムは『1』なんですよね。

続けて蔦谷は「別に政治的なことを言いたいわけではない」と前置きしつつ、「どんな人にも多面性があって、極端なことを言うとふたつに分かれる自分もあって、その中で正解をひとつ出したいけど、ひとつでもないし……、そんないろんなことを常々考えているなかの正解の1つがこのアルバムになればいいなと思う」と語った。

番組ではその他、蔦谷が一目を置く音楽家の坂東祐大を紹介したり、EMINEMのラップのすごさに盛り上がったり、音楽愛に満ちたトークとなった。radikoで2020年3月14日28時59分まで聴くことができる。

『SAPPORO BEER OTOAJITO』では、毎週さまざまなゲストを迎えてお酒を飲みながら音楽トークを繰り広げる。放送は毎週土曜18時から。お聴き逃しなく。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2020年3月14日28時59分まで)
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAPPORO BEER OTOAJITO』
放送日時:毎週土曜 18時-18時54分
オフィシャルサイト: https://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/

この記事の続きを読むには、
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン
  • 当コメント欄はJ-WAVE NEWSスタッフが確認後公開いたします。
  • コメント投稿いただくにはログイン/会員登録(無料)が必要です。
  • J-me会員の方は登録不要です。
  • 必ずニックネーム(3文字以上)を指定してください。

コメント投稿いただくには
以下から登録/ログインをしてください。

  • 新規登録簡単30
  • J-meアカウントでログイン
  • メールアドレスでログイン